この記事が気に入ったらシェアしよう!

白髪染めで茶髪にできる?茶髪でも白髪染めできる?特有のお悩みに回答します

白髪染めとオシャレ染めのカラーリングの違いは何?


白髪染めとオシャレ染めはどちらもカラーリングという総称でまとめられていますが、薬剤の配合バランスに違いがあります


美容院の白髪染め

色素の含まれていない白髪には、染毛力が求められますが、黒髪も残ってるため、そのバランスに配慮する必要がありますね。


また、オシャレ染めには本来の髪色を脱色するためのブリーチ力が必要です。つまり、市販のカラーリングでも、白髪用とオシャレ染めを区別して販売されている理由がこの違いがあるからなんですね。


白髪染めは染毛力が強い


髪を染めるときは、まず本来の髪の毛の色を脱色してから、色を入れる必要があります。オシャレ染めも白髪染めもこの工程は同じですがオシャレ染めの方は、黒髪から明るい髪色にしやすいようにブリーチする成分が多く含まれているのです。


しかし、白髪染めはブリーチをする場合もありながら、白髪には全く色がないので、染毛力の強い薬剤が多く含まれています。ブリーチもした上に、強い染毛剤を使うので、白髪染めのほうが刺激成分が強いということになります。


特に、全体を明るい茶髪で染めたい場合、もともと黒髪も残っているため、過酸化水素で脱色をしてから染毛剤で染めることになります。どうしてもダメージを強く与えますから頻繁に白髪染めで茶髪にするのを繰り返すと肌ダメージを起こしやすくなります。


オシャレ染めは脱色後、髪の色素に化学反応を起こして染毛する


オシャレ染めも白髪染めも化学反応を利用して髪を染めていますが、黒髪から茶髪に染める場合、まずは本来の髪の色を脱色する必要があります。



白髪があるけど茶髪にしたい!オシャレ染めで大丈夫?


黒髪から茶髪にするならオシャレ染めでいいけど、もともと茶髪っぽい髪色をしていて、白髪もまだらにある場合は、オシャレ染めを選ぶと白髪がオレンジや薄い茶色にしかならないので、白髪染めを選ぶべきですが、白髪を茶髪にするために黒色が入るので、もともとの髪色が全体に黒っぽく染まります。



白髪とのバランスがあるためこれが仕方ないのですが、明るい茶髪でそろえる場合は地毛の色を更に脱色して明るくしてから染料を入れる必要があり、髪や頭皮が痛みやすくなります。


オシャレ染めでは白髪は染められない


オシャレ染めはもともと黒に近い染毛剤が入っていないので、白髪をキレイに染めることは残念ながらできません。黒い色素が残ってる髪に対して好みの色に仕上げるため、黒い髪にしか反応せず、白髪はオレンジや黄色のような薄い色に染まるだけです。


黒髪から茶髪にするならオシャレ染め


黒髪で茶髪にしたいのなら、当然、オシャレ染めで染めるのが良いです。オシャレ染めは白髪染めと違い、白髪を茶色に染めるための濃い色の染毛成分が含まれていません。脱色を適度に行い豊富なカラーを楽しめます。


白髪の量が多いなら白髪染め、少ないならオシャレ染め?


白髪の量が多いなら、濃い色の染毛剤が入っている白髪染めがおすすめで、白髪もしっかりと染まるので白髪のキラキラするのが目立たなくなるため気になりません。


白髪が少なく明るい髪色に挑戦したい人で、オシャレ染めで染めるか迷っている人がいるかもしれませんがおすすめしません。白髪だけは薄いベージュやオレンジ色になってしまう可能性が高く、白髪はほとんど染まりません。


髪が痛むのを気にするなら、ブリーチをしないで白髪染めするというのも手です。



市販の白髪染めで茶髪にできる?美容院との差は?


市販の白髪染めでも、美容院の白髪染めでもメカニズムは同じですので白髪を染めることは可能です。ですが美容院では白髪の量やカラーの好みによって薬剤の配合バランスを考えてくれます。


また、2段階の工程を加えてカラーリングするダブルカラーといった技も、プロではないと使えません。



また、美容院と自宅で染める比較でダントツ違うのは、肌へのダメージや髪へのダメージへの配慮です。たっぷり栄養があるトリートメント剤を使ってヘアケアをしてくれるので、染めた後の仕上がりや髪の毛の艶がかなり違います。


美容院のほうが費用は高いですが、ダメージへの保護はしっかりしてくれます。


ハイトーンの白髪染めは染まりにくい


今は、白髪染めでもハイトーンの商品が多く市販されるようになりました。でもハイトーンなカラーは、白髪にしっかり色が入らないので、染まりにくいので注意が必要です。


ハイトーンであればあるほど、脱色も必要になるので、髪や頭皮に刺激が強い割に、色も入りにくいということであまりオススメしません。できるだけ、濃い目のカラーで、せめてダークブラウンにするのがおすすめです。


オシャレ染めで茶髪にして白髪を目立たなくする


オシャレ染めを使って髪の毛全体を明るい茶髪にすることで、白髪を目立たなくすることが出来るでしょうか。黒髪に白髪があると色の差が激しいので目立ちやすくなってしまいますよね。黒髪に比べると全体の髪色が明るい茶髪に白髪がある方が、白髪が目立ちにくいですね。


明るい茶髪にした場合、白髪は茶色にならず、オレンジや金色に近い色に染まりますが、黒髪よりは目立たないし、逆にまだらに金髪のような白髪があるのがオシャレに見えたりもします。


美容院のカラーリングは市販のより痛みにくい


市販のカラーリングは、多くの人が利用しやすいように開発されています。ですので、髪の太い人や染まりにくい人にも使用できるように作られています。美容院ではひとりひとりの髪質に応じてカラーリングをしてくれます。


また、皮膚に薬剤が残らないように配慮してくれますので、髪の毛や地肌も痛みにくいのです。



白髪染めでもオシャレ染めでも茶髪はケアが大切


白髪染めもオシャレ染めも、髪に色素を入れるために薬剤を使用しています。通常のヘアカラーでカラーリングした後は、過酸化水素を使ってキューティクルを開き、そのままの状態になりやすいので、しっかりとケアすることが必要です。



明るい茶髪にした場合は強い薬剤を使っているので、保湿用にトリートメントやヘアオイルなど使って十分なヘアケアをしてください。


どちらも髪にダメージを与えるのでアフターケアが重要


キレイに染まっても、髪がパサパサでは悲しい気持ちになりますね。特に白髪を隠すためにカラーリングをする場合は、継続的に薬剤を使用するということになります。市販のカラーリングにもアフターケアのトリートメントがついていたりしますよね。


美容院では、トリートメントも受けられますので、ケアをしっかりして髪をダメージから守りましょう。


白髪染めトリートメントは成分が優しく染められる


一般的に売られている白髪染めやオシャレ染めなどのヘアカラーは、化学反応を利用して髪を脱色し発色させています。それらを永久染毛剤といいますが、ヘアカラーとは違い髪の表面に色を付けて、徐々に髪を染める白髪染めトリートメントという商品もあります。


ヘアカラートリートメントは髪の表面に色素をくっつけるタイプの染め方なので、ヘアカラーのように染め持ちは長くないですが、髪や頭皮へのダメージが少ないので、気になる人は白髪染めトリートメントを使うと良いでしょう。


もともと、ヘアカラーでジアミンアレルギーを起こした人でも使えるほど、やさしい成分がメインで使われています。染毛剤ではなく染毛料というものを使っていて、メインは昆布など植物から抽出した色素を使っています。


ただ、染めもちが短いので毎週染めなくてはいけないという負担があるのがデメリットです。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする