この記事が気に入ったらシェアしよう!

白髪がかゆいのはなんで?原因と生えた時の対処法

白髪でかゆみが起こる原因


頭がかゆい!とかきむしることはありませんか?実はそのかゆみの原因は白髪の可能性があります。



白髪が生える時に毛穴が炎症を起こしてしまい、かゆみとなって現れることがあります。白髪は黒髪と比べて太くて固い場合がほとんどです。そのため毛穴を刺激してしまい、炎症を起こしてしまうためかゆみが起こると考えられています。


そのため頭にかゆみが起こると白髪が生える兆候ともいわれています。頭皮のかゆみが全て白髪とは限りませんが、頭皮にかゆみを覚える場合は毛穴が炎症状態であると覚えておきましょう。


白髪でかゆみが…生えた時の対策は?


白髪が増えたから、かゆいからと白髪を抜いてはいませんか?実は白髪を抜く行為は間違いだといわれています。



白髪を抜いてしまうとさらに毛穴を刺激してしまい、かゆみを助長させたり周りの毛穴まで刺激し白髪を増やしてしまいます。白髪が生えて頭皮がかゆいときは無理に抜かないようにし、正しい対策をして白髪や頭皮のかゆみを予防しましょう。


白髪は抜かずに切る


白髪は抜かずにハサミで切るようにしましょう。面倒に感じるかもしれませんが、白髪は黒髪に比べて太く、形もギザギザとしています。そのため抜いてしまうと毛穴を刺激しやすく炎症を起こしやすくしてしまいます。


炎症は新しい白髪を生やす原因に繋がりますし、かゆみの元です。よく白髪を抜くと増えるといいますが、これは白髪を抜いた衝撃が他の毛穴までに及ぶからと考えれています。


頭皮のかゆみだけでなく白髪を増やしてしまう恐れもあるので、無理に抜かずに切るようにしましょう。


白髪染めはかゆみが治まってから


頭皮がかゆい状態で白髪染めをしてしまうと炎症をさらに悪化させる恐れがあります。かゆみ=炎症があると考え、白髪染めは控えるようにしましょう。炎症期間中は頭皮に余計なダメージを与えないように注意して過ごす方が早く炎症も治まります。


炎症を引き起こしている間に白髪染めを行ってしまうと炎症の悪化とともに頭皮にダメージを与えてしまうため、毛穴詰まりから抜け毛が増えたり新しい毛が生えてこないなどのトラブルを引き起こします。


白髪を早く隠したい気持ちは分かりますが、健康な毛髪や頭皮のためにも炎症期間中は白髪染めは控えましょう。


低刺激を選ぶならヘアカラートリートメント


炎症が治まっても、刺激の強いカラーリング剤やトリートメント剤を使っているとまた炎症を引き起こしてしまいます。再発を防止するためにも、皮膚が弱い人は低刺激のヘアカラートリートメントを選ぶようにしましょう。


ウエラトーン ツープラスワンは口コミ評価も高く色も24種類と幅広く、きれいに染まると人気です。商品詳細⇒https://www.wella.com/retail/jp-JP/haircolor/products.html



かゆみを起こさせないために…白髪予防対策


白髪が原因となるかゆみには、白髪の予防対策がおすすめです。白髪が生えてこなければ毛穴も炎症を起こしにくいのでかゆみに悩まされることもありません。白髪が生えないためにも出来る対策は行うようにしましょう。



頭皮のかゆみがひどいとなかなか寝れずに寝不足になったり、かきむしることから炎症を助長させてしまうためかゆみが続いてしまいます。早めに対処し、新しい白髪が生えてこないようにしましょう。


頭皮マッサージ


白髪の予防には頭皮マッサージがおすすめです。特殊な道具も必要ないので誰でも行えます。頭皮をマッサージすることで血行が良くなり髪に色付けをしている組織(メラノサイト)も活発化されるので白髪の予防に繋がります。


マッサージ方法①

  1. 髪の生え際から頭頂部まで指の腹で軽く押し上げるように撫でる
  2. 耳の上から頭頂部まで指の腹で軽く押し上げるように撫でる
  3. 耳の裏から頭頂部まで指の腹で軽く押し上げるように撫でる

マッサージ方法②

  1. 首のリンパを流すために指4本の腹を使って耳の下から鎖骨まで優しく撫でる
  2. 3回以上繰り返す

とても簡単にできるので、お風呂に入っているときやリラックスしているときに行うようにしましょう。




育毛剤・育毛シャンプー


髪を生やすイメージの強い育毛剤や育毛シャンプーも頭皮の血行を良くしてくれます。また毛根に栄養を与えてくれる効果も期待できるため、白髪の予防におすすめです。育毛剤によっては男性用、女性用と区別されているものもあるので使用には注意しましょう。


サプリメント


白髪予防に効く成分をサプリメントで補うことも効果的です。


白髪予防に効果的といわれている成分

  • ヨード(ヨウ素)

  • 海のミネラルとも呼ばれている成分です。ミネラルの一種でタンパク質や炭水化物の働きを助ける作用があります。メラノサイトの活性化にも役立つ成分なので髪の色付けを手助けしてくれます。


  • メラノサイトがメラニン色素を作り出すときに必要となるチロシナーゼを作り出すのに使われるのが銅です。銅が不足しているとメラニン色素もうまく生成されなくなるため白髪が増えてしまいます。他にも成長を助ける作用もあるため白髪予防に役立つ成分です。


  • ビタミンC
  • 老化防止に役立つだけでなく、体内でタンパク質からコラーゲンを生成するときに必要となるのがビタミンCです。食事からも摂取可能ですが、摂取できる量も限りがあるためサプリメントで補うようにしましょう。美容にも役立つのでおすすめです。


  • チロシン
  • メラニン色素を形作る原料の一つにチロシンがあります。チロシンが不足しているとメラノサイトが活発化されようと髪が黒くなりません。ドーパミンやアドレナリンの原料にもなるので摂取することでストレス軽減などの効果も期待できます。


食生活


白髪予防には食生活も気をつけたい事柄です。必要となる栄養素はサプリメントと同じですが、食材で表すと以下の通りです。


  • ヨード(ヨウ素)
  • 昆布やワカメなどの海藻類、イワシやサバやカツオなどの魚類など


  • 納豆やナッツなどの豆類、ナッツ類、ゴボウやニンニク、イカやエビ、そばなど


  • ビタミンC
  • ブロッコリーや赤ピーマン、レモンやイチゴなど


  • チロシン
  • チーズ類やバナナ、アボカド、納豆、ナッツ類など


他にもビタミン各種、ミネラル各種、良質な脂なども白髪予防に効果的です。食事はバランス良く偏らないように食べるようにしましょう。


ストレスをためない


ストレスは自律神経を乱す原因となり、メラノサイトの機能低下につながるため白髪を増やしてしまいます。他にも体内で活性酸素を増やしてしまうので、ストレスを溜めないように適度に発散するようにしましょう。


睡眠不足などもストレスに繋がるのでストレスの元は早めに断つようにしましょう。



白髪のかゆみが治らない時は…


白髪のかゆみが治まらない場合には炎症がひどくなっている可能性があります。対策や対処をしてもかゆみが治まらない場合には皮膚科で異常がないか診てもらいましょう。



頭皮の炎症は放っておくと抜け毛がひどくなり薄毛にも繋がります。大切な頭皮や毛髪を守るためにも異常を感じたらすぐに病院へいきましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする