この記事が気に入ったらシェアしよう!

【禁煙による便秘が辛い】原因と解消法を知って禁煙を成功する方法

禁煙すると便秘になる!?その原因とは?



禁煙は三大疾病の1つである肺がんになるリスクが高いといわれています。また、女性にとっては大切なビタミンCを破壊されるため、肌の衰えも加速する恐れがあるので、心配ですよね。


できるだけ早くタバコなんて止めてしまいたいところですが、禁煙をすると、自律神経の作用や血管の収縮作用の変化があり、その影響で便秘をおこしてしまう人もいるので、ちょっと困りますね。特に体型を気にしている女性にとっては便秘になるのは、辛いことです。 


便秘が続くとそのせいでストレスもたまりやすくなります。また、もしかしたらこのままだと太ってしまうのではないか、便秘症がずっと続き体への負担がどんどん増えてしまうのでは?と不安を募らせ、結局は再び喫煙してしまうことにもなりかねません。


禁煙して便秘になるのも一時的なので、それほど心配はいりません!好転反応のひとつと捉えていれば、必ず乗り越えられるので、どのくらいの期間なのか、乗り切るコツなども紹介しますので参考にしてください。


ニコチンによる便意の促進


【ニコチンによる血管収縮作用】

タバコに含まれるニコチンが胃、腸の血流を悪くさせお腹がいたくなります。すると便意を感じトイレに行きたくなるのです。ですが、禁煙しニコチン摂取量が減ることでその作用も感じにくくなり便秘が起こるのです。 


禁煙のイライラ


【ニコチン蓄積量の減少】

脳はニコチンによってセロトニンを分泌していました。セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ気分を良くする効果があったのです。禁煙することでニコチンが減少し脳が要求してイライラが生じていたのですね。 


自律神経の乱れ


【さまざまな症状の出現】

禁煙によるストレスが解消出来ずにいることで、体内の自律神経がバランスを崩します。自律神経とつながっていた内臓系、免疫系の機能が低下します。夜眠れなくなり、頭痛や肩こり体のむくみ、便秘にもなりやすいのです。 



いつまで頑張れば良い?禁煙で便秘になるのは一時的なものだった!


禁煙によっておこる便秘は辛いですが、一生続くわけではありませんよ。きちんと向き合い対処すればいつまでも続くことなどありません。ニコチンは禁煙をはじめてから、まだ体内に残っています。


血行不良やニコチンを摂取できないストレスからくる自律神経の乱れは2~3日もすれば徐々におさまってきますので安心してください。また禁煙中は腸内環境が悪くなっています。善玉菌を増やすことで排便コントロールはつきやすくなるのです。 


最初の一週間が山場!


【ニコチン不足で脳がリラックスできない】

ニコチンを吸うことで肺に入りそれが脳に伝達されます。禁煙によってニコチンが減ると脳はリラックスできなくなりこれを要求するのです。2~3日がピークで、7~10日で脳は喫煙前の状態に戻るといわれていますが、ニコチン摂取量などの個人差もあります。

 

約1ヶ月でリズムが出来る


【最初の1ヶ月間におこる禁断症状】

主な症状としてイライラ、頭痛、眠気、肩こり、うつ、鼻づまり、便秘、むくみなどがあげられます。2週間もたつと血行も良くなり以前より呼吸が楽になったのが実感できるでしょう。1か月後にはタバコの臭いにさえ嫌悪感を覚えていますよ。 


【腸内環境は1ヶ月間でおちつく】

禁煙後の腸内環境はエネルギーを吸収しやすい2つの菌(プロテオバクテリアとバクテロイデス)が存在します。同じ食事をしても消化吸収に優れているため太る原因と考えられています。

腸内環境を元に戻すため乳酸菌を積極的にとることで善玉菌が増え腸内環境がおちつくのです。

 


禁煙による便秘は女性に起こりやすい!解消するには水分が重要!


禁煙をはじめた女性50%は離脱症状の便秘に悩まされています。女性には生理周期があり、黄体ホルモンや卵胞ホルモンの影響を受けやすく、またバランスも崩しやすいのです。


男性と違い代謝も低いことを考えると、禁煙をすることで自律神経のバランスも乱れ、そこからの便秘の影響を受けるため抱えるストレスは大変なものなのです。 


辛い便秘からはやく抜け出すためにも、禁煙したらは水分は忘れずに行うことが大切です。こまめな水分摂取で辛い便秘を解消できますよ。


水分でニコチンを流そう!


【1日2L以上の水分はニコチンを早く排出させる】

たくさん水分補給をおこなうことでニコチンを体内から排出させ、禁断症状を改善させますよ。おすすめの飲料水は「スポーツドリンク」「麦茶」などです。バランスが良くミネラルも補給できるので水分補給には最適ですね。


水分で腸内を潤そう!


【柔らかくして出しやすく】

水分を多く摂取をすることで単純に硬くなっていた便を柔らかくします。柔らかくなった便は、水分を多く摂ったため腸の運動も刺激して排便コントロールがつきやすくなったのです。


朝コップ1杯の水が効く!


【朝1番はコップ1杯のお水から】

朝起きたら一番に、まずコップ一杯の水を飲みましょう。この水は「朝の呼び水」となり腸を刺激してくれます。しばらくすると、腸が動き出すのがわかるはずですよ。毎日続けることが大切ですね。



禁煙で太るのも心配?便秘もダイエットもオリゴ糖で解消!


オリゴ糖は大腸で善玉菌、乳酸菌のエサになるので腸内環境の悪い方にはぜひ摂って頂きたい食材のひとつです。そうして増えた善玉菌は悪玉菌を追い出し腸内環境を整えます。実は腸内環境を整えることでダイエットにも効果があるのはご存じでしたか。


人間の大腸は一般的に1.6mあり、個人差はありますが宿便が2~3㎏あると言われています!宿便がなくなれば大腸の運動は更に活発にうごき、排便コントロールはスムーズになります。


嬉しいダイエット効果もあるのです。習慣になれば、個人差はありますが毎食後に排泄できるようになりますよ。


オリゴ糖は腸内細菌を増やす


【オリゴ糖をそのまま腸にお届けです】

オリゴ糖は胃や小腸消化されにくい特徴があります。そのため摂取した分のオリゴ糖がそのまま大腸へ届き、善玉菌、ビフィズス菌、乳酸菌のエサになるのです。毎日、定期的に摂取することで腸内環境が整います。


甘党にも納得の甘さ


オリゴ糖は砂糖ど強い甘みはないですが、やさしい甘みがあります。


1.ヨーグルトに足す
2.コーヒーや紅茶に砂糖の代わりに使用
3.ジャムを作るときにも砂糖を使わず、オリゴ糖を使用
4.甘酒ヨーグルトにオリゴ糖を加えてみる


ジャムを作るときにも砂糖を使わず、オリゴ糖使用をすると後味のさっぱりしたやさしい甘さのジャムが作れます。いっそのこと女子力アップで美肌も目指すなら、甘酒ヨーグルトにオリゴ糖を加えてみるのもおすすめですよ。


摂りすぎには要注意


オリゴ糖は先にも述べたように、胃や腸で消化されにくいため大量に摂るとお腹が緩くなる、下痢になるなどの症状を引き起こす可能性もあり注意しましょう。自分の体質に合っているか確認するためまず休みの前日にでもチャレンジしてみると判断できますね。



この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする