この記事が気に入ったらシェアしよう!

禁煙の効果で美肌に!禁煙で期待できる肌の変化とは?

禁煙で美肌に!まずは一週間トライ!


美肌のためには、肌が荒れるようなことをしないのが一番です。肌が荒れる原因にもいろいろありますが、ざっくり言えば体にとって不健康なことすべてが、美肌の邪魔になります。肌をきれいにしたいなら、健康的な生活を送らなければならないんです。



たばこを吸うと、血はドロドロになるし血管も細くなってしまいます。血のめぐりが悪くなれば、健康な体を保つことはできませんし、肌に必要な栄養も行きわたらなくなり、肌は荒れてしまいます。


でも、たばこが原因の肌荒れは、禁煙するだけで劇的に改善できるんです。禁煙したとたんに肌がきれいになるのは、”たばこを吸う”という不健康な習慣を止めたからなんですね。


完全分煙やタバコ増税など、嫌煙ムードが進むにつれ喫煙者の肩身もどんどん狭くなってきました。体やお肌にも悪いし、人に与える印象も悪いと分かっているのに、習慣化してしまうとなかなか止められないたばこ。この機会にもう一度禁煙にトライしてみませんか。


個人差はありますが早い人は、たばこをやめて3日~一週間程度でも肌にキメが出てくるなど、目に見えるうれしい変化が出てきます。



女性の禁煙は美肌への近道!肌荒れが改善


肌の「酸化」とは、肌の細胞がさび付いて働きがにぶり、老化するということです。肌荒れなどのトラブルのほとんどは、この ”肌のさび付き” が原因です。



そして ”肌のさび付き” の原因になるのが「活性酸素」の増えすぎです。普通に生活しているだけでも体内で作られている「活性酸素」は、紫外線やたばこによって適量よりも増えすぎてしまいます。


増えすぎた「活性酸素」の強い酸化力が肌を「酸化」させ、さまざまな肌荒れの原因になるんです。たばこには分かっているだけで250種類もの有害物質が入っています。


またたばこで発生する「活性酸素(スーパーオキシド)」は、紫外線が原因の「活性酸素(一重項酸素)」よりも肌を老化させる酸化力が強いという特徴があります。


たばこを吸って肺にたくさんの有害物質が入り、肺の細胞が攻撃されると、細胞を守るために血液中の「マクロファージ」という成分が活性化します。


「マクロファージ」は体に入りこんだ有害物質などと最前線で戦い、有害物質を食べて消化してくれる清掃屋さんのようなものです。でもこの「マクロファージ」は、たばこの有害物質と戦うための武器として「活性酸素」を大量に作りだしてしまいます。


たばこを吸うとそれだけ多くの有害物質と戦うことになりますよね。だから結果として、武器となる「活性酸素」も増えすぎてしまうんです。


増えすぎた「活性酸素」は体内で他の物質と科学反応を起こし、さらに強い酸化力を持つ「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」になってしまうこともあります。そうなればさらに酸化力は強まって、肌荒れだけでなく病気の危険も高まります。


肌のために「活性酸素」の増えすぎを防ぐには、禁煙するにこしたことはないんです。


肌にビタミンCが戻る!


肌のハリを保つコラーゲン作りを助けるなど、ビタミンCには美肌を保つための大切な働きがあります。でも、たった1本のたばこを吸うだけで、体内のビタミンCは25mg以上も失われてしまうといわれています。


増えすぎた「活性酸素」をつかまえて分解し、無害化してくれるのは酵素の力ですが、ビタミンCなどの「抗酸化物質」も「活性酸素」から肌を守ってくれる働きを持っています。


抗酸化物質とは酸化されやすい物質のことです。酸化されやすいので、活性酸素などによって生体が酸化されるよりも優先的に抗酸化物質が酸化されます。つまり、抗酸化物質それ自身が酸化されることで、生体を酸化から防御してくれるのです。

参照元:http://kusuri-jouhou.com/supplement/kousanka.html


強い抗酸化作用を持つビタミンCは、たばこで体内に増えすぎた「活性酸素」が攻撃する細胞の身代わりになり、ダメージを吸収して肌が酸化するのを防いでくれます。でもそのためにビタミンCが大量に使われると、美肌を作るために働くためのビタミンCは不足してしまいます。


1日に必要なビタミンCは100mgが目安となっていますが、たばこを吸うたびに壊されて不足してしまえば、せっかくの美肌効果も発揮できませんね。


たばこを吸っている人は、食品やサプリなどでビタミンCを人より多めに摂ればどうにかなると思いがちですが、体が一度に吸収できるビタミンCの量は限られています。


しかも「活性酸素」は生きている限り、たばこ以外でも発生し続けているわけですから、失われるよりも多くの量のビタミンCを食品やサプリで補給するというのは、なかなか難しいことです。


禁煙すれば「活性酸素」の無害化のために必要以上のビタミンCが使われることもなくなります。美肌を作るためのビタミンC本来の働きが戻ってくるんです。


肌の抵抗力がアップ!


たばこの害はビタミンCを壊すだけではありません。たばこを吸うと、血管が細くなって血行も悪くなります。そのため新陳代謝が悪くなり、細胞が必要な酸素や栄養をすみずみまで運ぶことや、老廃物の回収がうまくできなくなります。


新陳代謝の働きが悪くなると、内臓の機能が弱まったり、腸内環境も乱れて免疫力が下がってしまいます。また、たばこに含まれるニコチン・タール・一酸化炭素などのたくさんの有害物質は、体の免疫機能にさまざまなダメージを与えます。


健康な肌にはもともと、外部刺激などから体を守り、その一方で体内から水分が蒸発するのを防ぐバリア機能があります。たばこによって免疫力が下がってしまうと、そういった肌の抵抗力も弱くなり、カサカサの乾燥肌になって肌荒れが起きるようになるんです。


私たちが避けることができない老化を始め、日々の生活に付きまとうストレス、仕事が忙しいことから起きる生活習慣の乱れなども肌のバリア機能の低下に繋がります。さらにタバコや日焼け、乾燥といったことでも肌のバリア機能は低下してしまいます。

参照元:https://www.naris.co.jp/beauty_column/column05


美肌のためには、まずは禁煙して代謝を高め、体の免疫力や肌のバリア機能をしっかり整えることが大切といえますね。


肌の水分量が増えプルプルに


乾燥を防ぐ肌のバリア機能の下で肌のハリや水分を保っているのは、皮膚の中で格子状に絡み合ったコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった、うるおい組織といわれるものです。


バリア機能がきちんと働き、うるおい組織がしっかりと水分を蓄えている肌なら、肌の水分は保たれプルプルの美肌が作れます。でも、たばこを吸っている人は肌の水分量をうまく保つことができません。


たばこでビタミンCが不足していたり代謝が落ちている肌では、うるおい組織の構造もだんだんと崩れて、きれいな格子状に肌を支えられなくなってしまいます。


そのためたばこを吸っていると、バリア機能が壊れて肌の水分が蒸発してしまうだけでなく、皮膚の中に水分を保つのも難しくなるんです。


肌の水分量をしっかり保ち、カサカサの肌荒れを防ぐためにも、やはり禁煙して代謝を整え、ビタミンCやその他の栄養素もバランス良く十分にとっていきましょう。肌の細胞が必要な栄養と、十分な水分がきちんと行きわたるようになれば、肌に健康なハリとツヤが戻ります。



禁煙でたるみ・くすみ撃退!そして美肌に


長年たばこを吸い続けている人は、顔を見ただけで喫煙者だとわかるようになります。特に女性の喫煙者がなりやすく、“見た目年齢”に直結する老け顔の症状で、「スモーカーズフェイス」といわれます。


出産後老けた

加齢や生活習慣などによっても肌は老化し、肌荒れを引き起こしますが、たばこの害がそれ以上だということは、近年さまざまな研究チームのデータでも立証されてきています。


なかでもポーラ化粧品が20~70代の約30万人の女性の肌状態と喫煙の関係を調べた結果によれば、いくら紫外線対策やスキンケアをしっかりしていても、たばこを吸う女性は吸わない女性に比べ、5歳以上も肌が“老化”していることが分かっています。


まさに美肌の大敵のたばこですが、長年たばこを吸い続けてきた人でも諦めずに禁煙すれば、肌の変化は明らかに出るそうです。禁煙が肌に与えるメリットや禁煙を成功させるコツを知れば、きっとあなたも今度こそ、憧れの美肌へ向けて禁煙成功の第一歩を踏み出せるでしょう。


長年喫煙している肌へのリスクは?


「スモーカーズフェイス」の老け顔の症状には次のようなものがあります。


〇新陳代謝が低下し肌にハリがなくなる
たばこで血行が悪くなり新陳代謝が低下すれば、肌のハリがなくなります。同年代の人よりも荒れた肌が治りにくくなったり、シワが深くなりやすくなります。


ハリの低下や冷え性による顔のむくみは、肌のたるみもまねきます。代謝の低下で目の周りの老廃物が流れず残ってしまうため、目の下のくまが目立つようになります。


〇コラーゲンが不足
ビタミン不足で、肌を内側から支えるコラーゲンなどの組織が壊れてしまうと、肌は重力に負けて垂れ下がり、たるんでしまいます。


たるみによって目の周りに深いシワができ、目がくぼんで見えるようになります。また口の周りには深くほうれい線が刻まれ、やつれたように頬がこけてきてしまいます。


〇メラニンやタールで顔色がくすむ
たばこの有害物質や、たばこによって発生する活性酸素は、体内のメラニンを増やしてしまいます。また、煙ごしに紫外線を浴びると、煙の成分が反応して紫外線のダメージをパワーアップさせ、肌の炎症を引きおこしてメラニンを増やしてしまいます。


たばこを吸う人のメラニン量は、たばこを吸わない人の1.5倍から2倍とも言われています。代謝が悪くなっているので、発生したメラニンをうまく排出することも出来ません。体内にメラニンがどんどん増えてくると、顔色がどんより黒ずんでくすむようになります。


たばこに含まれているタール(ヤニ)も、うすく顔に張りついて顔色を暗くしたり、毛穴につまって毛穴が黒ずむ原因になり、歯茎や歯の変色、口臭、白髪、抜け毛などを引き起こします。


新陳代謝が良くなり美肌に!


女性がなかなか禁煙にふみ切れない理由のひとつが、「禁煙すると太る」という思い込みです。確かに禁煙して一時的に少し太ってしまう方もいますよね。


でもそれは新陳代謝が悪くなったわけではなく、単に代謝以上に食べすぎてしまっているだけなんです。禁煙直後はたばこが吸えない口寂しさで、つい普段より多く食べてしまうなんてこと、良くありますよね。


禁煙すると、たばこの無害化のために使われてしまっていた代謝エネルギーが必要なくなります。余った代謝エネルギーの多くを、古い細胞と新しい細胞を入れかえるために使えるようになるので、肌がスムーズに生まれ変われるようになります。


そのため、食べすぎに注意して前と同じ量の食事を心がけていれば、太るようなこともなく、新陳代謝の働きによって肌の状態もどんどん良くなっていきます。


くまやほうれい線が薄くなる


栄養・酸素・水分が十分で、老廃物の排出もスムーズに行われている状態の肌では、血行不良が原因の目の下のくまや、コラーゲン不足のたるみからくる深いシワ、ほうれい線もだんだんと薄くなります。


たばこを吸う人の不眠症は吸わない人に比べて4~5倍といわれますが、禁煙すると眠りの質も良くなって深い眠りにつけるようになります。良い睡眠で1日の疲れが取れやすくなり、肌の生まれ変わりに必要なホルモンの分泌が正常に戻るため、肌の調子も整います。


肌のくすみが劇的改善


禁煙してビタミンCが壊れなくなれば、ビタミンCの抗酸化作用によって肌が白くなります。またコラーゲンなどのうるおい組織にも十分な水分を保てるようになり、みるみるうちに肌にハリが戻り、綺麗になっていきます。


また肌の生まれ変わりのサイクルが改善され、べったりと張り付いていたタールがはがれ落ちていくにつれて、くすみもなくなり、輝くような美肌になっていきます。



禁煙ブログで毛穴レスの美肌美人に!


ネットエイジアリサーチでの「タバコをやめたいと思うか」というアンケートでは、参加した女性スモーカーの60%以上が「思う」と答えています。一方で別の統計では、禁煙を始めたものの、4人に1人は初日で挫折すると言われています。



多くの女性ができることなら禁煙したいと思っているのに、何度も禁煙にチャレンジしては毎回挫折してしまうのは、禁煙を始めた直後の最初の壁となる、ニコチンの禁断症状に負けてしまうからです。


ニコチンの禁断症状には、たばこを吸いたい気持ちやイライラ、異常な眠気、集中力の低下などがあります。


ただニコチンの禁断症状は意外と短くて、体内のニコチンは数時間もたてば抜けていき、だいたい2~3日でまるっきり排出されてしまうため、この2~3日を乗り切れば良いという事になります。


でも禁断症状が出ている間は、忙しくしたり体を動かしたりして何とか気持ちを切り替え、仕事中でも車の運転中でも関係なくおそってくる、自分では抑えられないくらいの眠気に耐えていかなければなりません。


これでは生活にならないと、結局たばこに頼ってしまっては禁煙失敗です。これらの症状はニコチンがきちんと体から抜けていっている証拠です。


禁煙の禁断症状がでたら「やること」リストを作ったり、ほかの人が書いている禁煙ブログや体験談を参考にして、何とか最初の2~3日を乗り切りましょう。


また仕事のお休み前など、禁断症状が出ても大丈夫な日を禁煙を始めるタイミングに調整して、計画的に禁煙に望むことも、禁煙を成功させるコツです。


綺麗になった肌を想像して乗り越える


禁煙を成功させるには、自分がたばこをやめたい理由をはっきりさせることが一番です。禁煙して健康な肌が欲しい、美肌になってファッションを楽しみたい、たばこ臭から抜け出して内側からいい香りのする女性になりたい、など身近で具体的な目標を持ちましょう。


どうしてもたばこが吸いたくて仕方がなくなったら、目標を達成し、女性としての魅力が増した数ヵ月後の自分を想像すれば、頑張ろうというモチベーションにもつながります。


自分も禁煙ブログを始めてみる


ニコチンの禁断症状は2~3日でだいたいおさまりますが、吸いたいという気持ちはなかなか無くなるものではなく、一週間以上や数ヶ月に長引くこともあります。


何ヵ月も禁煙していたのに、参加した飲み会をきっかけにまた吸い始めてしまうようなこともありますね。禁煙の経過をブログなどに書きとめておけば、くじけそうになった時に努力を読み返して、ここまで頑張ったんだからもう少し頑張ろうと思うことができます。


またブログを公開し、読者になってくれる人がいれば、コメントで励ましてもらえたり、読者の手前、禁煙がやめづらくなってくるのも良いところです。



禁煙3日目で美肌になるの?


禁煙するとその効果はまずお肌に、しかも早い時期から表れます。一番つらい1日目を乗り越えられたらしめたものです。次の日、そのまた次の日と、「昨日は禁煙できた」という自信を持って、まずは3日間の禁煙を目指しましょう。



個人差はありますが多くの女性が、禁煙を始めて3日で、肌がきれいになるというよりも、体にたまっていた悪いものが抜け、肌が明るく若返るような変化を実感しています。


また禁煙3日目になれば肌の変化だけでなく、良く眠れるようになったり、軽い運動をしても息があがらなくなり、食事がおいしく感じられるようになるなどの健康面の変化も出てきます。



禁煙4日目の美肌の効果は?


禁煙4日目を過ぎると、3日目までの禁断症状もだいぶ落ち着いてくる方が多いです。計算上はだいたいのニコチンが体から抜けた状態になり、普段お化粧をする女性であれば、お化粧ノリの違いに禁煙効果をより強く実感できるでしょう。



お肌をさわってみると、もっちりとしたハリとツヤを取り戻し、目の下の小さなちりめんじわやたるみも少しずつ改善されてきていることが分かるので、吸いたいという気持ちはあっても、『我慢できそう』という気持ちも強くなるはずです。


4日目を乗り越え、一週間、一ヶ月と禁煙を続けていけば、たばこを吸いたい気持ちもほとんどなくなり、肌の変化も目に見えてはっきり分かるようになります。


憧れの美肌を手に入れ、人からも「肌がきれいになったね」と声をかけられることも増えてくれば、またたばこが吸いたいなどと思うこともなくなるでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする