この記事が気に入ったらシェアしよう!

鼻の毛穴の黒ずみは洗顔で解消できる?正しい方法とおすすめ洗顔料ランキング

間違った洗顔でできる?鼻の毛穴の黒ずみの原因は皮脂!


ツヤツヤした表面につぶつぶとしたゴマ・・・「鼻の毛穴の黒ずみ」、毎日一生懸命ファンデーションを塗りこんで隠していませんか?



肌タイプによって様々な原因がある毛穴の黒ずみを一度見直してみましょう。


黒ずみは皮脂が酸化したもの


鼻の黒ずみ、通称イチゴ鼻は毛穴から分泌された皮脂が老廃物や外部の汚れと混じって詰まり排出されないまま酸化してしまった状態の事を指します。


過剰なスキンケアが乾燥を招く


洗っても洗っても取れないガンコな毛穴詰まり(角栓)を取るためのグッズや洗顔料が巷に沢山あふれていますが、ケアのしすぎは逆効果です。毛穴の皮脂を取りすぎると、お肌を乾燥から守ろうとさらに皮脂が分泌されてしまいまうのです。


また、洗顔料をよく泡立てずにお肌を指でこすりながら洗っている方も要注意!古い角質だけでなく、お肌の表皮まで流れてしまい、肌質がごわごわになる恐れが。硬い肌質は毛穴が柔軟に閉じないため、毛穴が開いたままとなってしまうのです。


単なるスキンケア不足


逆に「洗いすぎはお肌に良くないことは常識」「潤いを守るために水のみで洗顔」というあなた。小鼻の横の毛穴から角栓がニョキニョキ飛び出ていませんか?洗顔しないのも、もちろんイチゴ鼻の原因になります。


理想は高い洗浄力の洗顔料をしっかり泡立てて、指が肌に触れない程度の力で洗ってあげること。泡だけで洗う事で、お肌の潤いを保ったまま余分な皮脂汚れが落ちてくれますよ。


角栓を取れば毛穴の黒ずみはキレイになる!酵素洗顔の効果とは?


ぬるま湯で泡立てた酵素洗顔料で洗顔し、つるつる肌を目指す「酵素洗顔」をご存知ですか?



一度の洗顔でガンコな角栓や古い角質を取り除いてくれると最近話題の洗顔方法です。もちろん、毛穴の黒ずみにも効果抜群ですよ!


酵素で皮脂を分解


酵素タンパク質や脂肪分を分解する働きがあるとされています。毛穴の黒ずみの原因は皮脂(脂肪分)やお肌の老廃物(タンパク質)なので、普段の洗顔よりも毛穴汚れに効果が高いのです。


毛穴汚れだけでなく古い角質を取り除く力も強いので、顔全体のくすみが取れ、お肌の色がワントーン明るくなりますよ。


酵素は洗浄力が強い


かなり洗浄効果が高い酵素洗顔ですが、使いすぎると皮膚の角質を取りすぎてお肌が荒れてしまったり、毛穴の皮脂を取りすぎて乾燥やインナードライ(お肌は乾燥しているのに過剰皮脂でテカる状態)を招いたりしてしまいます。


最初は週に1回を目安に始めてみて、慣れてきたとしても週に2回までに控えるようにしましょう。


夜に使って汚れを落とそう


酵素洗顔をするのにおすすめの時間帯はだんぜん。日中の皮脂に加え、外気の汚れが皮膚に付着しているためしっかり汚れを落とすことが大切だからです。


また、洗顔後のスキンケアに時間がかけられるのもポイント。酵素洗顔の後は特に化粧水や美容液が浸透しやすい状態なので、たっぷり保湿をしてあげましょう。


ブライトニングソープ(メコゾーム)がおすすめ!


酵素洗顔は週1~2回行うのが目安の中、メコゾームのブライトニングソープ(1,420円/60g)は日常使いが出来る固形酵素石鹸です。


一般的な酵素洗顔はパパイヤ等果物の酵素を使用しているのですが、ブライトニングソープは海洋複合酵素という酵素を使用しており、古くなった角質や皮脂汚れをピンポイントで分解することができるので優しい洗い上がりになるのです。



洗顔で毛穴の黒ずみを取りたいなら牛乳石鹸青箱がおすすめ!


「敏感肌だから、あまり刺激のない洗顔料で洗いたい」「シンプルな成分の洗顔料が良い」というあなたには牛乳石鹸(青箱)がおすすめ。



3個パックで250円ほどのロングセラー商品なのですが、実はこの商品もイチゴ鼻には効果大なのです。


毛穴の汚れは青箱で落とす


低価格だけあって、牛乳石鹸の成分はいたってシンプル!主成分はミルク成分(牛乳油脂)で、香料と水を除きたった5つの成分のみで構成されています。保湿成分スクワランオイルが配合されている赤箱に対し、青箱はさっぱりとした洗いあがりが特徴です。


余計な成分が配合されていないので、しっかり汚れを落としつつも肌トラブルが起こりにくく、新たな毛穴詰まりも起こりにくいと言われています。


洗顔後の保湿で毛穴を引き締め


スクワランオイル配合の「赤箱」に比べ、牛乳石鹸青箱はどうしても洗い上がりのお肌から水分が蒸発しやすくなります。洗顔後は顔を拭いたあと、すぐに化粧水や美容液を塗るように心がけましょう。



毛穴の黒ずみは洗顔後の化粧水も重要!肌質に合ったものを選ぼう!


せっかく毛穴の汚れを落とせていても、洗顔後の保湿が不十分だと毛穴が開いたままになってしまいます。



開いた毛穴からは更に皮脂が分泌され、汚れも溜まりやすくなり、イチゴ鼻を逆に悪化させてしまう可能性があるのです。


引き締め効果のある化粧水


オイリー肌だから、と洗顔後の保湿をしないあなたは要注意!皮脂の分泌を抑えるためには洗顔後、毛穴に水分を入れてあげることが重要となります。どうしてもべたつきが気になる時は「収れん(引き締め)効果」のある化粧水を選んでみてください。


ハリを戻す化粧水


毛穴の開きが「しずく型」になっている方は、年齢肌用の化粧水を使うと良いでしょう。お肌の真皮層にある「コラーゲン」が加齢により減少していることによって、お肌の弾力が弱まっている状態なので、コラーゲン配合の化粧水がオススメです。


ビタミンC配合の化粧水


毛穴の黒ずみはあるけど、皮脂が詰まっている感じがなかったり、ざらざらしていなかったりする方は、毛穴の周りが色素沈着で変色している可能性があります。紫外線やお肌の摩擦でできてしまうこの黒ずみには、ビタミンC配合の化粧水を選ぶと良いでしょう。


ビタミンCは色素(メラニン)を作り出す細胞を沈静化するほか、皮脂の抑制アンチエイジング効果もあるまさに美肌ビタミン。年齢と共に毛穴が気になってきた方に最適の成分です。



毛穴の黒ずみをキレイにする石鹸ランキング!


それでは、私たち40代女性に人気の「黒ずみ対策」用石鹸をランキング形式でご紹介していきます。



石鹸選びの参考にしてみてくださいね。


1位 ピュアマイルドEXソープ(サッフォ化粧品株式会社)


@コスメで常にトップ10をキープしている「ピュアマイルドEXソープ」。固形石鹸ならではの洗浄力はそのままに、原料の油脂を脂肪酸の段階まで分解し、お肌に優しい脂肪酸のみを原料として作られています。価格は40g3個入りで1,200円、プチプラに分類されます。


香料も使われていないため、敏感肌の方でも安心して使うことが出来ます。口コミでは「嫌な匂いもなく本当に低刺激」「乾燥で荒れた肌にも刺激なく使えました」と低刺激を絶賛する声が多数寄せられています。


2位 ヴァーナル素肌つるつるセット


こちらは石鹸だけでなく、保湿ケア用品もセットで販売されています。汚れを落とす石鹸、お肌を整える石鹸、化粧水、保湿クリームで、初回のみ1セット(1か月分)4,800円です。以降は定期購入で7,200円となります。


「汚れを落とすこと」にこだわったこのラインでは2種類の石鹸を使い分けることによって、正しいターンオーバーを取り戻すことができます。ライン全体で26種類の天然保湿成分が配合されているので、洗顔+保湿の相乗効果を狙うことができます。


3位 VCOマイルドソープ(さくらフォレスト)


母乳と同じ脂肪酸をもつ「ヴァージンココナッツオイル(VCO)」を主成分としたVCOマイルドソープの特徴は泡のきめ細かさ。しっかり立てた泡は3時間立ってもへたらないほど。この泡が毛穴にしっかり入り込み、汚れを取り除いてくれるのです。


また、ヴァージンココナッツオイルは皮脂とよく似た成分。洗い上がりのツッパリ感がなく、ふっくらした肌質に洗いあがるため、洗顔後の化粧水もグングン入ると評判です。


価格は1個85gで2,847円。少量でたくさんの泡ができるので、意外とコスパが良い!と思う方が多いようです。



毛穴の黒ずみ対策の石鹸と保湿をセットで考えよう


毛穴の黒ずみには「しっかり汚れを落とす」事が大切ですが、洗い過ぎないようにしたり、洗顔後の保湿を必ず行うようにしないと、逆に悪化させてしまいます。



「たかが洗顔」と侮らず、自分に合った洗顔料を探していきましょう。数年後にはきっと健やかな素肌が待っているはずです!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする