この記事が気に入ったらシェアしよう!

43歳でも妊娠の可能性あり?気になる出産の確率やリスクを解説

43歳でも妊娠したい!妊娠率について



40代で妊娠、出産することは難しいと言われていますが、実際に元気な子供を生み育てている人は増えています。最近は40代には見えない若々しい人が増えていて、40代で妊娠する事もごく自然に感じてしまいますよね。


43歳で妊娠、出産した人はどんな生活を送っていたのでしょうか。43歳での妊娠の確率、リスク等を紹介します。


43歳からの妊娠率は5%台に


排卵日近くに性交して自然に妊娠する「自然妊娠確率」は1周期あたり20代でも25%~30%です。確率は30代後半を境にガクンと下がり、40代前半は5%となってしまいます。


流産の確率は40歳で40%、45歳で50%


加齢に伴い卵子の生命力が低下する事で、流産の確率も上がります。~30代前半では10%台だった流産率は、40歳で40%、45歳になると50%となってしまいます。


女性だけの問題ではなく、男性の精子にも要因があります。パートナーの年齢が同じく40代以上の場合、自然流産の確率が上昇するとの報告があります。


43歳での妊娠、出産のリスク



43歳で自然に妊娠することはとても難しく、不妊治療や身体の状態を若く保っておくことで妊娠される人が多いです。妊娠できたとしても赤ちゃんとママには新たなリスクが発生しているのです。


閉経していて妊娠できない


早い人では40歳前に閉経してしまう事もあります。せっかく受精卵を体内に取り込んだとしても、妊娠するための女性ホルモンが分泌されていなければ着床できず胎児になりません。


生理不順だと思っていたら実は閉経していたという事もあるので、妊娠を希望するなら医師の診断をこまめに仰ぐようにしましょう。


流産、ダウン症のリスクの上昇


43歳での妊娠は流産のリスクが20代に比べて4倍以上高まります。卵子の生命力が低下しているだけでなく、卵子の染色体異常が起きていることも一因となります。


無事胎児となりお腹の中ですくすく育っていたとしても、赤ちゃんがダウン症などの染色体異常をもって生まれてくる確率が高くなってしまうのです。


高血圧症候群が発症しやすい


43歳で妊娠する事は、赤ちゃんだけでなく母体にもリスクが発生します。妊娠中の合併症で一番多く見られる「高血圧症候群」は高齢出産の妊婦の割合が高いと統計が出ています。


高血圧症候群自体の原因がはっきりと解明されていないため、高齢出産の場合は特に、高血圧むくみの症状が少しでも見られたら医師の診察を受けることが大切になってきます。


妊娠中毒症になりやすい


高血圧症候群は「妊娠中毒症」して扱われてきましたが、高血圧が母子共に重篤な症状を引き起こす可能性が高いため、2005年に「妊娠高血圧症候群」という病名が新たに付けられました。


「妊娠中毒症」は主にむくみ尿タンパクの増加が見られる場合に診断されます。高血圧症候群と同じく原因ははっきり分かっていませんが、高齢出産の妊婦さんに多いというデータが出ています。


43歳での妊娠、ダウン症や流産のリスクを下げる方法



母子共にリスクはあるけれども妊娠出産を諦めたくない人のために、40代でも母子共に健康で出産を乗り越えられる、リスクをなるべく下げる方法を紹介します。


ストレスをなるべく溜めない


妊娠すると体型やホルモンバランスの変化でストレスを感じやすくなります。ストレスを感じると血管が収縮し高血圧となり、流産やダウン症のリスクが高まります。ストレスを感じやすいという事を理解し受け入れ、なるべくその日のうちに発散する事を心がけましょう。


安定期に入るまではあまり身体も動かせないので、不安を誰かに聞いてもらったり趣味で気分転換を図ったりする事が大切です。


身体をなるべく冷やさない


ストレスやクーラー、薄着による「冷え」は血流を悪くしてしまい、胎児への酸素や栄養分の供給を滞らせてしまいます。母体にも悪影響で、便秘やお腹の張りや出産時に陣痛がなかなか来ないといったトラブルに繋がる可能性があります。


安全にお産を進めるためにもお腹はもちろんの事、身体全体の血の巡りが良い状態をキープしたいですね。重ね着で保温するだけでなく、身体を温める食事を意識して摂ることも効果的です。


お酒、タバコ、カフェインの摂取を控える


お酒(アルコール)、煙草(ニコチン、タール)は胎児の発育に悪影響を及ぼしたり、可能性が高い事が知られています。止めることで極端にストレスが溜まるようでなければ、なるべく控えましょう。


見落としがちなのがコーヒーや紅茶、日本茶やチョコレートに含まれる「カフェイン」です。はっきりした影響は確認されていませんが、低体重や発達障害の原因になるという研究結果も報告されています。


胎児に良い葉酸を摂取する


積極的に摂った方が良い成分もあります。妊活中および妊娠1ヶ月前~妊娠初期にかけて摂るべき栄養素は「葉酸」です。葉酸が不足すると、胎児の細胞分裂に悪影響を及ぼします。妊娠前、妊娠初期は母体による胎児の身体への影響が大きいのです。

自然妊活のための体づくりには葉酸がおすすめですが、食事から摂取することが難しい場合も多いでしょう。
サプリを用いれば、効率的に葉酸がとれるためおすすめです。
400μg超/1日の葉酸をとることが厚労省によりすすめられています。

以下は、推奨されている量の葉酸が取れるサプリです。検討してみてはいかがでしょうか。

厚生労働省推奨のベルタ葉酸サプリ!

厚生労働省推奨のベルタ葉酸サプリ
厚生労働省がすすめる400μgの葉酸成分が含まれる無添加の葉酸サプリです。
葉酸サプリの中には飲みづらいものもある中、サラッとした飲み心地で雑味がない葉酸サプリです。

→ 厚生労働省推奨のベルタ葉酸サプリはこちらから



国産野菜の葉酸サプリ!ララリパブリック
国産野菜の葉酸サプリ!ララリパブリック
葉酸サプリには動物性の原材料を使用しているものも少なくありません。
そんな中、ララリパブリックは動物系素材を一切使用していないため、日本人の身体に合う葉酸サプリです。

ニオイも気にならないように精製されているため、妊活中、妊娠中でも飲みやすい葉酸サプリです。

→ 国産野菜の葉酸サプリ!ララリパブリックはこちらから





43歳での妊娠しやすい身体づくり



43歳という年齢は妊娠する確率が決して高くありません。でも、ゼロではないので諦めるのはまだ早いですよ。妊娠しやすい身体作りをして、妊娠に備えましょう。


身体を温めることを心がける


身体、特に卵巣や子宮の冷えは妊娠の確率を下げてしまいます。卵巣の冷えは健康な卵子が育ちにくくなってしまい、子宮の冷えは着床時の子宮内膜が十分に厚くならない原因となります。


こまめに身体を動かして血のめぐりを良くしたり、下腹部や3つの首(首、手首、足首)を重点的に保温すると、常に身体が温かい状態を保てますよ。


良い卵子を作るために良い食事を


卵巣機能や卵子の状態を少しでも良い状態にしておくために、抗酸化作用のある「ポリフェノール」や「カロテン」「ビタミンC,E」を積極的に摂りましょう。
緑黄色野菜やナッツ類に多く含まれていますので、バランスよく摂取しましょう。


卵子や胎児の成長に欠かせない「タンパク質」、身体を温める「根菜類」「薬味(生姜やねぎ)」も大切な栄養素となります。


睡眠時間、睡眠の質を見直す


充分な睡眠を確保できると「自律神経」「ホルモンバランス」が整えられ、ストレスの緩和に繋がります。ゴールデンタイムに分泌される「成長ホルモン」は、傷ついた卵細胞を修復してくれる役割があります。


運動でストレス解消、健康な身体に


適度な運動はストレス解消と冷え解消に非常に効果的です。妊娠中の身体に気を使いつつ、上手に運動を取り入れましょう。軽い負荷のウォーキング、温水プールでのスイミングヨガスクワットが気軽で運動効果も高いのでおすすめです。



サプリで妊娠しやすい身体作り


先述の通り、妊活中の女性には葉酸摂取が勧められています。葉酸が不足すると、胎児の細胞分裂に悪影響を及ぼすと言われています。

以下は、推奨されている量の葉酸が取れるサプリです。検討してみてはいかがでしょうか。

厚生労働省推奨のベルタ葉酸サプリ!

厚生労働省推奨のベルタ葉酸サプリ
厚生労働省がすすめる400μgの葉酸成分が含まれる無添加の葉酸サプリです。
葉酸サプリの中には飲みづらいものもある中、サラッとした飲み心地で雑味がない葉酸サプリです。

→ 厚生労働省推奨のベルタ葉酸サプリはこちらから



国産野菜の葉酸サプリ!ララリパブリック
国産野菜の葉酸サプリ!ララリパブリック
葉酸サプリには動物性の原材料を使用しているものも少なくありません。
そんな中、ララリパブリックは動物系素材を一切使用していないため、日本人の身体に合う葉酸サプリです。

ニオイも気にならないように精製されているため、妊活中、妊娠中でも飲みやすい葉酸サプリです。

→ 国産野菜の葉酸サプリ!ララリパブリックはこちらから





43歳で妊娠、出産をした芸能人



43歳での妊娠、出産を経験した有名人の事例を紹介します。多忙なスケジュールの中母子共に健康なお産だったそうで、参考にしたいですね。


女優 江角マキコ


第2子を43歳で出産されました。第1子の女の子も38歳で出産されています。出産予定の2ヶ月前から仕事をセーブされたとの事で、直前までばりばり仕事をこなされていたのですね。


元々バレーボール選手だったという江角さんは、妊娠中もストレス発散の為にジムに通っていたそうです。女優というストレスの溜まる仕事をこなしながらの妊娠生活だったと思いますが、きちんと体調管理されていたのですね


女優 田中美佐子


結婚してから7年後に女の子を出産された田中美佐子さんも、43歳での高齢出産でした。治療の詳細は明かされていませんが、長年の不妊治療の末にお子さんを授かったとの事です。


旦那様はTake2の深沢邦之さんで、7歳年下だそうです。とっても仲の良い夫婦で、現在も育児のサポートを旦那様が積極的に行っているようですね。旦那様の協力があってこその出産だったと言えそうです。


お笑い芸人 なるみ


お笑い芸人のなるみさんは2015年に43歳で妊娠、出産を経験されています。結婚して14年目、待望の赤ちゃんだったと涙を流されていたのは記憶に新しいですね。旦那様は11歳年上という事で、夫婦共に不妊治療に励まれたそうです。


もともとなるみさんは大のお酒好きとして有名でした。不妊治療に本腰を入れてからはお酒を控えたり、食生活を見直したりしたそうです。一時激やせのうわさが流れたのは妊活の為だったんですね。

話題の妊活サポートサプリメント

※愛媛県松山市で有名「道後はり灸接骨院」の治療実績と患者の声から作られたサプリです。

妊活の悩み解消!10日間お試しサプリはこちら



  • 有胞子性乳酸菌など3種類の成分を配合し胃腸の働きを活性化
  • 13種類のマカ・葉酸・冬虫夏草・亜鉛・タンポポなどの栄養素
  • 現役鍼灸師として平成20年に旭日双光章を叙勲した池田啓二氏がプロデュース
  • 飲みやすい小粒タイプ