この記事が気に入ったらシェアしよう!

ビタミンC誘導体美容液の美白効果に驚き!ランキングと選ぶコツをお伝え!

ビタミンC誘導体とビタミンC美容液の違いとは


お肌のアンチエイジングといえば、ビタミンCを連想される方も多いでしょう。ビタミンCは水溶性のビタミンで、野菜や果物に含まれています。



美白・美肌効果として、シミやくすみ、シワやたるみを改善、ニキビやニキビ跡の改善、皮脂分泌の抑制、毛穴の引き締めなどたくさんの美容効果があります。


このビタミンCの美容効果を得るためには、体の内側(食品)からの摂取と外側(化粧品)からのケアがよいといわれています。しかしビタミンCは不安定で肌に浸透しにくい短所がありました。これを改善し、肌に吸収しやすく安定させたものがビタミンC誘導体です。


ビタミンCは壊れやすい


ビタミンCはアスコルビン酸と呼ばれ、水に溶けやすく、光・酸素・熱に弱い性質があります。また体内で合成がされないので毎日の食事で継続して摂取しなければならない栄養素です。


お肌のケアとして使う場合も、ビタミンCは水溶性なのでお肌の奥まで浸透しません。しかも酸化しやすく、そのままでは壊れやすい分子構造なのです。


ビタミンC誘導体の種類


そんな壊れやすいビタミンCを壊れにくく、お肌に浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。お肌にビタミンC誘導体が吸収されると、酵素反応によってビタミンCに変化して効果を発揮します。ビタミンC誘導体には水溶性・油溶性・新型の3種類あります。


◆水溶性ビタミンC誘導体

素早くお肌に吸収されるので、ビタミンC本来の効果を期待できます。しかし、ビタミンCの皮脂分泌の抑制作用により乾燥しやすくなったり、高濃度の場合、刺激になったりもします。
成分表示はアスコルビルリン酸ナトリウムやアスコルビルリン酸マグネシウムなどです。


◆油溶性ビタミンC誘導体

速効性はありませんが高濃度でも刺激になりにくく、安定性が高いです。浸透力が高く、お肌の真皮まで届きやすい特徴があります。乾燥からお肌を守ったり、保湿性も高い効果があります。

成分表示はステアリン酸アスコルビル・パルミチン酸アスコルビル・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)などです。


◆水溶性と油溶性の両方の特性があるビタミンC誘導体

新型ビタミンC誘導体とも呼ばれ、水溶性ビタミンC誘導体の速効性と油溶性ビタミンC誘導体の浸透力を併せ持ったビタミンC誘導体です。お肌の乾燥や刺激の心配も少ないのも特徴です。

成分表示はパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)です。



ビタミンC誘導体配合美容液の効果


ビタミンC誘導体入りの美容液などのスキンケア用品を使えば、ビタミンCの効果をお肌に効率よく活用できます。



ビタミンC誘導体とは、純粋なビタミンCに分子をくっつけて(コーティングして)成り立っている成分です。このビタミンC誘導体の分子は、純粋なビタミンCの分子よりも2~8倍くらい大きくなります。


ビタミンC誘導体と純粋なビタミンCで同量を比べると、ビタミンCそのものの含有量が純粋なビタミンCよりも減って、差が出てしまうのがビタミンC誘導体のデメリットといえます。


しかし、ビタミンC誘導体は美肌にとって有効な成分であることは確かで、純粋なビタミンCよりも浸透性が高く効果が実感できるのが一番のメリットです。


コーティングする分子により、ビタミンC誘導体がお肌でビタミンCに戻る時間が変わります。選び方として、どのような効果に重点をおくかで商品を決めるとよいでしょう。


  • シミを消したり薄くする
  • メラニン色素の生成を抑制するはたらきで、シミやそばかすを薄くして予防します。

  • 肌にハリを取り戻す
  • お肌のコラーゲンを増やすはたらきにより、お肌にハリを取り戻しシワやたるみを改善します。

  • ニキビの炎症を抑える
  • 抗炎症作用のはたらきでニキビを解消し、お肌の炎症を抑えます。

  • 毛穴を引き締める
  • セラミド合成促進効果で毛穴を目立ちにくくし、皮脂分泌抑制効果で毛穴を引き締めます。



    ビタミンC誘導体の美容液・選び方と効果的な使用法


    お肌に不足がちなビタミンCは、直接ビタミンC誘導体をお肌につけるのが効果的です。



    特にピーリング後は余分な角質がとれているので、ビタミンC誘導体の吸収がより高まるので効果が上がります。さらにビタミンC誘導体配合の美容液が一番効果を発揮するにはどのくらいの濃度が適正なのか、選び方と効果的な使用方法をご紹介します。


    最適の濃度


    美容液など美白化粧品に配合されたビタミンC誘導体の効果は濃度3%以上で効果があらわれます。また医療現場では5~6%の高濃度のものが中心に使用されています。


    しかし、これ以上ビタミンC誘導体配合の濃度を上げても効果に差はなく、かえって刺激が出てお肌に負担をかけてしまうのです。


    より浸透させるなら


    顔全体に美容液をつけてから、シミなど気になる部分にラップで10~20分間パックをします。ラップで密閉することで角質を膨潤させてビタミンCの浸透を高めます。また水溶性ビタミンC誘導体の効果をより高めるために、週に1~2回のイオン導入という方法もあります。


    これはイオン導入器によるマイナスの微弱電流と、水に溶けてマイナスの電荷を帯びたビタミンC誘導体が反発し合うことでお肌の深部にまでビタミンCを浸透させる方法です。


    イオン導入器は価格も性能もさまざまなので、メーカーなどからしっかりと情報提供をうけてから購入しましょう。



    ビタミンC誘導体美容液の値段と口コミランキング


    ビタミンC誘導体配合の美容液にはさまざまな商品があります。



    気になる効果や価格、口コミをランキングでご紹介しますので、購入するときの参考にしてみてください。


    1位 浸透性と即効性で選ぶなら「アスタリフト」


    ◆アスタリフト ホワイトエッセンス インフィルト
    30ml 7,560円(税込) 定期割引6,804円(税込)
    レフィル 30ml 7,020円(税込) 定期割引 6,318円(税込)
    http://shop-healthcare.fujifilm.jp/astalift/


    お肌につけるとすぐになじんで、しっとりした使用感があり、美白・美肌効果の満足度が高い口コミが多い商品です。


    冨士フィルム独自開発の美容成分「ナノオリザノール」を新配合し、さらに「ナノオリザノール」も加わって美容効果を強化した美白美容液です。みずみずしい使用感が人気で、甘く高貴なダマスクローズの香りです。



    2位 APPS配合の「サイクルプラス」


    ◆サイクルプラス エンリッチローション
    80ml 3,024円(税込)
    (初めての購入限定でシリーズアイテムサンプルプレゼント)
    http://cycleplus.jp/lp16/?utm_source=af&utm_medium=banner&utm_campaign=anti-aging


    水溶性ビタミンC誘導体の速効性と、油溶性ビタミンC誘導体の浸透力を併せ持った進化したビタミンC配合の化粧水です。使い始める直前に混ぜる2剤式にすることでお肌に一番いい状態でビタミンC誘導体が浸透し、さらにビタミンE誘導体配合でより一層浸透を高めます。


    ハリを持たせ、キメを整えて透明感のある肌コンディションに効果的な化粧水です。口コミでも、肌への吸収が良く、すぐにしっとりする保湿力や、新鮮なうちに使い切るのが好評の商品です。



    3位 ハリを与え法令線予防「トゥベール」


    ◆トゥヴェール クリスタルエッセンス
    21ml 3,755円(税込)
    http://www.tvert.jp/fs/tvert/259


    ハリのないお肌が気になる方におすすめの商品です。油溶性ビタミンC誘導体名のカプセル配合でお肌に長時間とどまり、高い浸透性が期待できます。


    法令線予防に効果が高いのでリピートしている方の口コミが多いです。デメリットとしては冷蔵庫保存が必要なので、旅行には向かないようです。



    4位 肝斑やソバカスにも「アンプルール」


    ◆アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ
    40ml 8,640円
    http://www.ampleur.jp/


    アンプルール独自の「アクティブホワイター」が24時間、シミ・くすみをおさえ込む薬用美白美容液です。日中から睡眠中まで絶え間なくメラニンをおさえ込みながら、白さと潤いに満ちた肌へと導きます。


    とても肌なじみが良く、美白効果が高いとの口コミが多いです。美白化粧品特有の乾燥に悩まされず、お肌のくすみや肌荒れも防止するようです。



    5位 コスパで選ぶなら「菊正宗」

    ◆菊正宗 日本酒の美容液
    150ml 1,944円(税込)
    http://kikumasamune-onlineshop.jp/kikumasa/9.3/50665/


    潤いを与えて肌の状態を整える日本酒(コメ発酵液・保湿成分)配合の美容液です。日本酒は菊正宗の純米吟醸酒を配合し、12種のアミノ酸(保湿成分)配合でしっとりとうるおいが持続します。


    美白成分であるプラセンタエキスとアルブチンを配合、さらにビタミンC誘導体も2種類加えました。セラミドも3種類配合し美容液としての保湿力は他に引けをとりません。弱酸性、無着色、無鉱物油です。


    大容量でコスパがよくゲル状で使い勝手が良いからか、リピーターが多いです。お酒が苦手な方でも香りはすぐ消えるので気にならないようです。



    6位 ニキビ跡の改善にも「チューンメーカーズ」


    ◆チューンメーカーズ 
    VC-3ビタミンC誘導体 10ml 1,620円(税込)、初心者向け
    VC-6ビタミンC誘導体 10ml 2,592円(税込)、高濃度
    VC-20ビタミンC誘導体 10ml 3,456円(税込)、最高濃度
    https://www.tunemakers.net/


    日によって変化するお肌に、常に最適なスキンケアができるように考えられた商品です。原液なのにさらっとしていて、ピリピリするような刺激もなく、コスパも良いようです。


    そのまま使ったり、化粧水や美容液に数滴入れて使用するなど、自由にカスタマイズできるところが人気です。