この記事が気に入ったらシェアしよう!

青汁に含まれる食物繊維の効果!便秘やデトックスに良い種類は?

青汁の食物繊維はどんなもの?その効果や摂取量は?


野菜に多く含まれている食物繊維ですが、大麦若葉やケールなどを原料とした青汁にも豊富な食物繊維が含まれています。



食物繊維といえばつら~い便秘を解消してくれるイメージがありますよね。またダイエットに用いられたりしますが、食物繊維といっても2つの種類に分かれているんです。


もし食物繊維を摂っているのに便秘が解消しない!ダイエットが成功しない!と悩んでいるなら、間違った食物繊維の摂り方をしている可能性があります。食物繊維は水溶性と不溶性をバランスよく摂取してこそ、その効果を発揮してくれるんです。


そのためバランスなんて関係なしに摂っているとその効果を得ることはもちろん、逆に便秘を悪化させたり下痢になる恐れがあるので注意が必要です!正しく摂取できるように、食物繊維のことを知っておきましょう!


不溶性食物繊維


不溶性食物繊維は水に溶けにくく、水を含むと膨らむ性質を持っています。主に野菜や穀物、豆類に多く含まれています。不溶性食物繊維は水と合わさると膨らんで便の量を増やしてくれます。


腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする役割があるので、便の量が足りずに出し切れないなどの悩みがあるなら不溶性食物繊維を含む食品を食べるようにしましょう。また水分と合わさることでかさ増しをし、食欲を抑制するのでダイエットにも効果的です。


他にも有毒であるダイオキシンを排出したり大腸がんを予防する効果もあるので、便秘解消だけの目的で摂取するのはもったいない食物繊維です。


水溶性食物繊維


水溶性食物繊維は水に溶けやすく、便を柔らかくする性質があります。主に昆布などの海藻類や果物、こんにゃくに多く含まれます。水溶性食物繊維はダイエットに効果的で、糖の吸収を緩やかにして血糖値が急激に上昇するのを防いでくれます。


またコレステロールなどの脂質を吸着して体外へ排出してくれる働きも持っています。善玉菌を増やしてくれるので、腸内環境を整えるためにも摂取したい食物繊維です。


不溶性と水溶性は1:2のバランスで


不溶性と水溶性の食物繊維はどちらか一方だけでは効果が現れにくいです。バランスよく摂取してこそ、食物繊維の効果を発揮してくれるので、不溶性1:水溶性2の割合で摂取するようにしましょう。


不溶性ばかり摂りすぎると便秘になり、水溶性ばかり摂りすぎると下痢を引き起こします。もし食物繊維を摂っていてもこういった症状が現れているならバランスが悪い表れなので、組み合わせを変えて食べてみましょう。


食物繊維は多くの人が不足しているといわれています。意識して野菜などから摂取する必要がありますが、1日の摂取量を野菜から補うのはとても大変です。青汁ならコップ一杯飲むだけで多くの食物繊維が補えるので、バランスを整えるためにも青汁を活用してみましょう!


1日20gが理想


食物繊維の摂取量は30歳~49歳の女性では1日20gが理想といわれています。たったこれだけなら簡単に摂取できると思えそうですが、実はこの数字を満たす人はごくわずかです。たった20gといっても食物繊維としてはとても多くの野菜を食べなければ補うことができません!


また不溶性と水溶性をバランス良く摂ろうとするとレシピを考えたりしないといけないため、最初は野菜で摂れていた人も次第に面倒くさくなって続かないというケースもあります。そのため青汁は食物繊維不足を補う手段としてとても効率的なんです!



青汁の水溶性食物繊維は乳酸菌のえさとなる!便秘に効果的!


青汁は食物繊維だけでなくビタミンやミネラルといった栄養素も豊富に含んでいる優れた飲み物です。



青汁に含まれている水溶性食物繊維は乳酸菌のえさとなり、善玉菌を増やしてくれます。腸内環境が荒れてしまうと胃痛や便秘、さまざまな病気を引き起こします。青汁は腸内環境を整える効果が期待できるので、食物繊維不足を感じているなら是非飲んでみましょう!


乳酸菌に不可欠な水溶性


食物繊維の中でも水溶性食物繊維は腸内で乳酸菌のえさになり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。しかし食物繊維をバランスよく摂取しなければ腸内環境を整えることができずに、便秘解消どころか悪化させる恐れもあります。


食物繊維を摂るときはどちらか片方に偏ることなく、摂りすぎないように注意しましょう。


摂りすぎると下痢になる


不溶性食物繊維は摂りすぎると便秘になりますが、水溶性は摂りすぎると下痢になる特徴がありましたよね。これは青汁も同じことで、青汁が体に良いからと飲みすぎると下痢を引き起こします。


また人によってはたったコップ一杯の青汁でもお腹が緩くなってしまうので、青汁は自分に合った量を飲むようにしましょう。青汁は1日に2杯程度を目安に飲むようにして、飲みすぎで下痢を引き起こさないようにしましょう。



青汁の食物繊維含有量を比較!ダントツは大麦若葉!


青汁にはさまざまな原料が使われていますが、その中でも食物繊維を多く含んでいるのはダントツで大麦若葉です。



他に、ケールや明日葉にも食物繊維は含まれていますが、比較するとその差は歴然です!もし食物繊維を重視して青汁を選ぶのであれば、大麦若葉を主原料としている青汁を選んでみましょう。青汁ならどれでも食物繊維がたっぷり含まれている!というわけではないのです。


確かに食物繊維は多くの青汁に含まれていますが、含まれている「量」に大きな差があるので、青汁を選ぶときは含まれている栄養素の量や数を比較してみましょう。


大麦若葉47.2g


青汁の原料の一つである大麦若葉には約47.2gの食物繊維が含まれています。大麦若葉には食物繊維の他にもクロロフィルが含まれていて、コレステロールを抑える働きもありデトックス作用にも優れています。


また脂肪分解酵素リパーゼを含んでいるので脂肪を燃焼しやすくしてくれます。食物繊維だけでなく、ダイエット効果にも優れている大麦若葉は青汁に欠かせない原料です。


ケール3.7g


青汁の原料ではケールが含んでいる食物繊維は3.7gと少なめです。しかしケールの良さはカルシウムが豊富でビタミンCも豊富に含まれているということ。美容目的として飲むのであればケールが主原料として使われているものを選ぶと良いでしょう。


しかし便秘解消効果を狙うなら、ケールは少し心もとないので、ケールだけでなく大麦若葉が含まれている青汁を選ぶようにしましょう。


明日葉5.6g


ケールよりも多い食物繊維を含んでいる明日葉ですが、大麦若葉に比べればやはり少ない量です。明日葉の良いところはカロテンが多く含まれ、カリウムも豊富だという点。むくみの解消にとても効果的です。


またポリフェノールの一種であるカルコンが含まれているので抗酸化作用に優れています。老化防止目的で飲むなら明日葉が良いでしょう。



えがおの青汁満菜がおすすめ!食物繊維たっぷりの九州産大麦若葉を使用!


大麦若葉が使われている青汁を探すなら、えがおの青汁満菜がおすすめです。



大麦若葉の中でも食物繊維をたっぷりと含む九州産のものを使用していて、農薬や化学肥料を使用していないので身体にも安全です。また大麦若葉のほかに「長命草」という沖縄で親しみのある草も使用し、より健康に良いように作られています。


10種類の有機原料


えがおの青汁満菜には厳選された10種類の有機原料が使われています。えがおの青汁満菜の秘密は18種類のグリーン素材で、健康素材として大麦若葉やケール、長命草、抹茶、緑茶などが使われています。


またお腹に優しいオリゴ糖やレッドクローバー、栄養豊富なハトムギ若葉、明日葉、ゴーヤなども含まれています。青汁に欠かせない原料である大麦若葉、ケール、明日葉が含まれているのでそれぞれの良さがギュッと濃縮されています。


飲みやすいように抹茶風味になっているので、青汁の青臭さや苦さが苦手な人でも飲みやすい味です。楽天の口コミ評価も高く、飲みやすい・続けやすいと人気があります。


九州産大麦若葉使用


えがおの青汁満菜に使われている大麦若葉は化学合成農薬や化学肥料を使っていないので、安心して飲むことができます。


寒暖差が激しい九州産の大麦若葉は通常の大麦若葉に比べると色が濃いのが特徴です。栄養がギュッと詰まった大麦若葉だからこその、甘さやうまみがあります。


ビタミンも豊富


えがおの青汁満菜には食物繊維だけでなく、女性に必要なビタミンや葉酸が含まれています。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも含まれているので、不足しがちな栄養素をまとめて補えます。


コクがあり、味が濃いのでそのままでも美味しく飲めますが、牛乳やヨーグルトと組み合わせるとさらに飲みやすくなります。


通常価格は3240円です。


商品詳細はこちら⇒http://www.241241.jp/products/aojiru/aojiru_mansai/



ファンケルの粉末青汁やカゴメ乳酸菌サプリもおすすめ!効果的に食物繊維を摂取しよう!


おすすめはえがおの青汁満菜だけではありません!



ファンケルの粉末青汁やカゴメの乳酸菌サプリも食物繊維を効果的に摂取できます!青汁やサプリは、味や栄養素だけでなく体質にも合うか確認しましょうね。


本絞り青汁(ファンケル)


国産のケールを100%使っているケールの青汁です。青汁独特の青臭さもなく、飲みやすい味に改良されているので小さい子どもから大人まで楽しめる青汁です。化学農薬を一切使わずに育てられているケールを使っているので安心して飲めます。


着色料・食塩・保存料・香料は不使用で、水溶性食物繊維とオリゴ糖が含まれているのでお腹に優しく、腸内環境を整えるのに効果的です。通常価格は4320円です。


商品詳細はこちら⇒http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=02&item_code=6589a


植物性乳酸菌ラブレタブレット(カゴメ)


植物性乳酸菌「ラブレ菌」に注目し、タブレット3粒あたりに約60億個のラブレ菌が含まれています。生きた乳酸菌を生きたままタブレットにしているので腸まで生きて届いて腸内環境を整えてくれます。食物繊維やオリゴ糖を含んでいるので善玉菌を増やすのにも効果的です。


ラブレ菌をフリーズドライ製法で凍らせ、体内の温度で溶けるように作ってあるため菌の力を殺さずにタブレットにしています。サプリといってもタブレットタイプなので、食べながら楽しめる乳酸菌サプリです。通常価格は3600円です。


商品詳細はこちら⇒http://shop.kagome.co.jp/lineup/labre-tablet/

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする