この記事が気に入ったらシェアしよう!

炭酸水洗顔に美肌効果はあるの?ニキビや美肌効果と作り方、副作用まで

「炭酸水洗顔」ってどんな洗顔?



炭酸水洗顔は、予洗いやすすぎに炭酸水を使う用した洗顔のことです。使うのは、ペットボトルの炭酸水や、重層とクエン酸を水に混ぜた手作り炭酸水です。いつもの水道水を炭酸水に変えて洗顔するだけなので、とても手軽に試すことができます。


ずばり!炭酸水洗顔に美肌効果はあるのか!?



エステサロンにも炭酸水洗顔があることから美肌効果があるようなイメージですが、実際は効果があるのでしょうか。さっそく効果があるという意見と、効果がないという意見それぞれを見ていきましょう。


実は賛否両論!!


実際は効果があったという人と、なかなか効果を実感できないと感じる人がいて炭酸水洗顔は賛否両論の意見があります。


効果があったという人はニキビが治った、肌の調子がよくなった、毛穴が気にならなくなった、など美肌効果を感じていますが、その一方で炭酸水で洗顔しても水の時と何も変わらなかった、逆に肌が痛くなった、など人によって意見がバラバラです。


もちろん全員が同じ炭酸や、同じ炭酸でも濃さの違い、炭酸洗顔をした時の肌の状態、などが違うので意見が分かれるのは当たり前ですが、炭酸水洗顔に関しては効果があるという意見の方が多いです。


炭酸水洗顔は洗っている時にシュワシュワするので、このシュワシュワで汚れが落ちているような気になります。ですが、これは二酸化炭素が抜ける時の気泡がシュワシュワしているのであって汚れを落としている証拠にはなっていません。


また、エステで採用されている炭酸水とはものが違い、一般的な炭酸水は炭酸が抜けやすく汚れを落とす効果に限界があるとの見方もあります。


炭酸水にはもともとタンパク質=汚れを吸着する作用があって肌表面の皮脂や角質を除去できるのですが、肌への刺激を考えて、敏感肌の人などは、通常の配合よりも炭酸を薄めて使う人もいますから、それが原因で落とすのに限度があるとも考えられています。


このようなことから、効果はあるけれどそれの証拠がないということと、市販の炭酸水では限度があって効かない人もいるということ、それぞれで炭酸の配合量が違うことなどが意見の分かれる原因となっています。


炭酸の濃度や肌に触れる時間の短さに疑問の声も…


例えば炭酸による血行促進効果を得たい場合、肌に触れる時間は数十秒または数分間必要ですが、飲料用炭酸水や手作り炭酸水は炭酸が抜けやすいので効果があるのかといわれると疑問が残りますし、大きな効果はえにくいです。


炭酸水は長くつけると肌に刺激が強すぎるので、数分間もつけておくことはできませんから、時間を伸ばせばいいという問題ではありません。


エステなどで血行促進として使用されている炭酸水は飲料用ではなくて溶解炭酸水と言って特殊な技術加工で炭酸が皮膚に残るように作られているので効果があるとはっきり言えます。


一方『効果あった!』の口コミも多数


効果があった口コミは、化粧ノリがよくなった、肌の調子が良くなった、ニキビが治った、肌がきれいになった、肌が白くなった、毛穴が気にならなくなった、くすみが減った、などの口コミが多数ありました。


ちゃんと効果を実感されている人もいるので、炭酸水は使い方次第で美肌効果がたくさんあることがわかりますね。



炭酸水洗顔で実際にどんな効果があったのか?



炭酸水洗顔には賛否両論あると書きましたが、効果があると答えた人は実際にどのような効果を実感しているのでしょうか。炭酸水洗顔の効果をいくつか取り上げ、その理由とともに詳しく見ていきましょう。


肌の血行が良くなった!


炭酸水洗顔には肌の血行促進効果があります。炭酸水が皮膚から吸収されると二酸化炭素の血中濃度が上がり、酸素の血中濃度が下がります。


酸素不足だと認識した脳が血液中に酸素を送り血管が拡張して血行がよくなります。血行がよくなることで、くすみが減り顔色がよくなる、肌のターンオーバーが正常化する、などのメリットもあります。


毛穴が開いて汚れが落ちやすくなった


炭酸水洗顔は皮脂や角質を落とす効果があります。毛穴に皮脂や角質が詰まるとニキビや黒い斑点のいちご鼻になります。炭酸は肌に刺激をあたえて、その刺激によって毛穴が柔らかく開きやすくなるので、毛穴に溜まった汚れをしっかり落とすことができます。


化粧水や乳液が浸透しやすくなった!


肌に皮脂・角質・汚れが残っていると化粧水が浸透しにくくなりますが、炭酸水洗顔で皮脂などをきれいに落とすことで化粧水が浸透しやすくなります。


手軽で安価…試す価値あり!?


いちご鼻対策や、ニキビケア、くすみ対策、などの為に高価な化粧品を使用したり、美容皮膚科で高いお金を払ってケアしたりしなくても、炭酸水でケアすることができますからとてもお財布に優しいです。


炭酸水は500mlペットボトルで100円前後で購入できますし、ネットでまとめ買いすれば1本あたりの値段はもっと下がります。そして、それよりも手作りすればもっと安いので経済的です。


そして、炭酸水洗顔のやり方も手軽なので、簡単に試すことができますから、気になっている人は一度試して効果を実感してみるのがいいのではないでしょうか。



取り入れ方はお好みで!炭酸水洗顔のやり方



炭酸水洗顔は基本的にはいつも水道水でやっていることを炭酸水でやればいいだけなのですが、洗顔の際には注意事項とポイントがありますので、炭酸水洗顔を試してみようと気になっている方は実際の方法を具体的に見ていきましょう。


一部取り入れでも効果あり!洗顔5step


まずは炭酸水洗顔の5つのステップを確認します。これは全部の行程ができれば一番いいですが、面倒だったり時間がない時などは一部取り入れるだけでも効果があるので、この5ステップをマスターするといいです。


  1. 炭酸水で素洗いする
  2. いつもの洗顔料を炭酸水で泡立てる
  3. 皮脂の多い部分から泡で撫でるように洗う
  4. 顔に泡を乗せ数分おく
  5. 綺麗な炭酸水で良くすすぐ


洗顔前か後に!スペシャルケア

洗面器に入れた炭酸水に顔をつけ、息継ぎをしながら合計3分浸す

洗面器に炭酸水を1~2ℓ入れて、顔を浸して3分待ちます。途中息継ぎしていいのですがなるべく息継ぎが多いのであれば、3分よりも少し多めに時間をとりましょう。汚れが浮いて落ちやすくなります。


浸している時は、顔を手でこすらないでください。こすると肌を痛めてしまうので、顔を浸すだけでOKです。



ニキビ・アトピー・肌荒れでも炭酸水って大丈夫??


ニキビやアトピー、肌荒れの人でも炭酸水洗顔は出来ます。


そして肌にニキビなどのお悩みを持っている人にこそ炭酸水洗顔は試していただきたいのです。


実は、炭酸水洗顔をすることでニキビ改善や肌荒れをなおしてくれる効果もあるのです。


炭酸水洗顔をするとどんな効果が期待できるのかを探っていきましょう。


実は弱酸性で肌に優しい


炭酸の化学式は「H₂CO₃」です。化学式からもわかるように水と二酸化炭素が含まれているということを表しています。水と二酸化炭素が混ざって二酸化炭素は水に溶けていきます。炭酸水は二酸化炭素が溶けたものなので「弱酸性」になります。ちなみに炭酸のシュワシュワは水に溶ける時に起こります。


肌は弱酸性に保たれいるので、炭酸水は同じ弱酸性なので肌に優しいのです。水道水は中性で肌に悪いわけではないのですが、炭酸水の方が肌と同じ弱酸性なので、効果的です。


また、炭酸水洗顔は弱酸性で肌に優しいだけではなくアトピー肌やニキビ肌にとって刺激になるものが含まれていないのでニキビ・アトピーにも効果的です。


お肌のターンオーバーを促してくれる


炭酸水は血行促進効果があり全身に栄養や酸素が行き届くようになるので、新陳代謝があがります。肌のターンオーバーが活発になってニキビ・シミ・くすみなど肌にまつわる様々なトラブルを改善し美白効果も期待できるのです。


例えばニキビ肌は毛穴に皮脂が詰まって毛穴が塞がった状態です。ニキビが出来ている箇所は肌表面が硬く厚くぷくっと膨らんでターンオーバーが上手くいっていません。


炭酸水で血行促進すればターンオーバーが正常に戻って細胞が新しく生まれ変わるのでニキビの角質を剥がして新しい皮膚が再生されます。これはシミの場合もターンオーバーが正常になることでシミが出来た細胞を剥がして新しい皮膚ができるのでシミ予防にもなるのです。


ターンオーバーが正常であれば、肌トラブルは起こりにくいので、炭酸水は美肌に有効だと言えます。


殺菌効果が期待できる


肌は一日中外気にさらされているので汚れや菌がつきやすいので、洗顔時に殺菌しないと肌トラブルを起こしてしまいます。ですが年を重ねるにつれて肌の新陳代謝も悪くなる人が多く殺菌作用が弱まってくるので肌トラブルが起こりやすくなります。


炭酸水は弱酸性なので、殺菌効果があります。肌表面の汚れや菌を炭酸が浮かせて剥がします。例えば、ニキビの原因であるアクネ菌も、炭酸水で洗顔することで菌を落として肌を清潔に保ちます。



炭酸水痛いんだけど…どうしたらいいの?



炭酸水はシュワシュワしたが弾けて気持ち良いのですが、敏感肌の人やトラブル肌の人で炭酸が痛いと感じる人もいます。痛いと感じる人は、どのような対策をしたらいいのか紹介していきます。


少し炭酸が抜けるのを待つ


炭酸水はクエン酸や重曹で手作りする場合と、市販の糖分の入っていない飲用炭酸水を使用する場合があります。


飲用炭酸水は炭酸がきついものが多いので、洗顔として使うと刺激が強すぎて痛いと感じます。市販の炭酸水を使う場合は一度開栓して気が抜けた状態で使用するのがおすすめです。


水やお湯で薄める


先ほど炭酸が抜けるのを待つと炭酸が弱まっていいと書きましたが、洗顔をしていて痛いと感じた時に炭酸が抜けるのを待っていたのでは洗顔に時間がかかってしまいます。


そのような場合は、炭酸を水やお湯で薄めることでも炭酸の強さが弱まるのでおすすめです。自分が痛くなく気持ちいいというくらいまで薄めて使用するといいですよ。


微炭酸の炭酸水を購入する


毎回、炭酸が抜けるのを待ったり水で薄めたりが面倒だという人は、炭酸の購入時に微炭酸の炭酸水を購入するといいです。飲用炭酸水は炭酸が強いものだと肌に負担がかかるのでそれよりも微炭酸のものを買った方が肌なじみがよくおすすめです。


あまり痛みがあるときは中止する


いろいろ対策をしてみたけれどやっぱり痛いという人や、炭酸をほとんど感じないくらいに薄めないと痛いという人は、炭酸が肌に合っていなかったり肌に傷があったりするのかもしれないので使用を中止して様子をみた方がいいです。


炭酸水洗顔をしたい人は肌の調子がよくなってきた時に時間をあけてもう一度試してみるといいでしょう。



炭酸水を購入する時の注意点



炭酸水洗顔を試してみたいという人は炭酸水が必要なので購入する必要がありますが、どんなどんな炭酸水を買ったらいいのかわからないという人もいるでしょう。


炭酸水洗顔用の炭酸水が売られているわけではありませんので市販されている普通の炭酸水を購入すればいいのですが、購入の際には炭酸水の選び方で注意しなければならないことがあるのでさっそく見ていきましょう。


原材料が「水・二酸化炭素」だけのものを!


基本的には普通の炭酸水を選べば問題ないですが、水と二酸化炭素だけの炭酸水を選ぶことが大事なポイントです。炭酸水の中には糖分・果汁の入っているものがありますが、それは顔がベタベタになったり、肌に刺激を与えて肌あれを起こす可能性があるのでやめましょう。


原材料が水と二酸化炭素だけしかないものを選んでくださいね。名称としては炭酸水やソーダなどとラベルに書かれています。


日本人の肌には「軟水」が合う


炭酸水は、カルシウムやマグネシウムの含有量で硬度がわかれています。「軟水」は硬度100mg未満、「硬水」は硬度100mg以上、です。


炭酸水洗顔に向いているのは軟水です。硬水を使用すると、硬水に含まれるカルシウムが肌の乾燥の原因となる可能性があります。軟水はミネラルが豊富で日本人の肌にもなじむので軟水を選ぶようにしましょう。


ちなみに日本で製造される炭酸水の多くは軟水なので、日本製の商品を選ぶと軟水の場合が多いので選ぶ時の参考にしてください。



実は炭酸水は作れる!コスト10円以下の作り方



炭酸水を毎回買うとコストがかかりますよね。そんな時は自分で作ってしまってもOKです。


炭酸水を自分で作れば、コストはなんと10円以下です。とても安いので続けやすいですね。炭酸水はどうやって作るのか、必要な材料は何か、学習しましょう。


材料は?水1ℓ・クエン酸小さじ2・重曹小さじ2


材料は水1ℓに対してクエン酸小さじ2杯と重曹小さじ2杯だけです。作り方は水に重曹を溶かしてクエン酸を加えるだけなのでとても簡単に作ることができます。



炭酸水を手作りする時に注意する事は?



炭酸水はとても簡単に作ることができることがわかりました。ですが、手作りする際には注意点もあります。注意点に気をつけてつくらないとうまく作れなかったり、効果が半減してしまったりします。


炭酸水を自分で作る際に注意してほしいポイントを紹介しますので、手作りしたい人は以下の注意点を読んでからつくってくださいね。


重曹は「医薬品」か「食品」を使う


まず注意してほしい点は、重曹の種類です。炭酸水洗顔には「医薬品」か「食品添加用」のものを使うようにしてください。

医薬品は、純度が高く金額も比較的高いので、食品用を買った方がやすく済みます。食品用は純度が医薬品ほど高くないです。ベーキングパウダーの代用品として、お菓子などを膨らます時に使用したことがある人もいるでしょう。


重曹には医薬品、食品のほかに、掃除用のものもあります。掃除用のものは精製されていないのでキメが荒く、クレンザーと言って研磨剤として使用する場合が多いです。掃除用のものを洗顔に使用すると肌を傷つけてしまうので絶対にやめてください。


水道水は沸かして冷ますとより良い


水は水道水でもミネラルウォーターでも浄水した方が菌が死ぬので、一度煮沸させて冷ましたものを使用します。


お湯で作るのはNG!


作り方はとても簡単なのですが、水ではなくお湯でやってしまうと泡だらけで大変な事になってしまうので注意しましょう。少しでも暖かいものがいいのでしたらぬるま湯くらいなら大丈夫です。


作り置きは効果減


作り置きしたものですと、二酸化炭素が抜けていくので炭酸水洗顔の効果が半減します。基本的には1回で使いきるのがおすすめです。



炭酸水洗顔は危険!?やらない方が良い人も



炭酸水の洗顔はどんな状態の肌にも使えるわけではありません。肌の状態が悪いのに炭酸水で洗顔したことによってさらに症状を悪化させてしまって危険な場合もあります。


炭酸水洗顔の効果を生かすのはやり方次第です。炭酸水洗顔をやらない方がいい場合もありますので、確認しておきましょう。


顔に傷や炎症がある場合


傷がある人は、そこに炭酸水で洗ってしまうとヒリヒリして強く痛みますし、傷が治るのが遅くなるのでやめた方がいいです。


炎症になっている場合もやめた方がよくて、ニキビの場合は使用可能と書きましたが、それは初期の白ニキビの場合で赤ニキビや膿になって炎症がある場合は刺激を与えない方がいいので炭酸水はNGです。


洗顔後赤みや痛みがひかない


洗顔後に赤みは多少でますが、血行促進効果によるもので、通常はしばらくするとおさまるのですが、おさまらない場合は使用をやめましょう。


ピリピリとした痛みはとくに肌が弱い人・肌荒れしている人の場合強く感じることがあるでしょうが通常は気持ちいい程度の痛みです。


炭酸の濃度にも関係してくるので、単純に炭酸が強くてピリピリする場合は薄めることで気持ちいい程度のシュワシュワ感になるのですが、薄めても痛い場合は使用しない方がいいです。


肌が痛いのは、肌の角質層が剥がれて肌のバリア機能がなくなり、ボロボロになってしまっている状態なので、危険です。


痒み等気になる症状が出たらすぐに中止しよう


炭酸水洗顔で皮脂が落ちすぎたことで肌が乾燥して痒みが出ることがあります。また、疲れていてストレスで肌の状態が弱っている時には炭酸の刺激が強く感じて皮膚にダメージがかかってしまう場合もあります。


少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止して痒みがひかないのであれば皮膚科など専門機関でみてもらってください。


毎日やるのは危険!週3回程度に


炭酸水洗顔は水で洗顔するよりも刺激が少し強いので毎日すると肌のバリア機能が低下してしまって、肌のターンオーバーが乱れてしまうので肌に負担がかかってしまって逆効果です。


一般的には週に2〜3回ぐらいがちょうどいいです。肌が弱い人は特に様子を見ながら頻度を調整してください。