この記事が気に入ったらシェアしよう!

セラミドの効果は敏感肌や乾燥肌にどのくらい?正しい選び方の解説!

セラミドって何?肌への効果と種類


セラミドは乾燥肌に効果がある成分として知られていますが、一体どんな効果があるのでしょうか。



肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできています。その一つ一つを接着するようにすきまをうめているのが細胞間脂質です。この細胞間脂質の主成分となるものがセラミドです。


もともと体内にある成分で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこみ、肌や髪の水分蒸発を防ぎ、うるおいを保ちます。


セラミドは水分を層の間にはさみ込んで保湿


セラミドは優れた保湿効果があり、ヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンと同じように肌にうるおいの効果をもたらしてくれます。


セラミドが肌にあることで水分をたっぷりと含んだみずみずしい肌が保たれます。このセラミドの保湿力は、水分を抱えこむタイプのヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンよりも強いといわれています。


逆に、セラミドなどの細胞間脂質が減少すると肌のバリア機能が低下して、肌内部からの水分維持ができにくくなり乾燥して水分が蒸散し、うるおいが失われてカサカサした肌になってしまうのです。


アトピー性皮膚炎・敏感肌にも安心な保湿成分


肌の老化やアトピー性皮膚炎によって起こる肌のカサつきなどの肌荒れは、セラミドが不足している状態です。


アトピー性皮膚炎の方や乾燥肌の方は、もともとセラミドが少ないという特徴があり、肌のバリア機能が低下して肌内部の水分が失われやすくなり、カサカサしたり抗原や化学物質が肌内部に入りやすくなります。


アトピー性皮膚炎の方や肌が乾燥傾向にある方は、保湿効果のあるセラミドを取り入れてみましょう。セラミドは皮膚に塗ってから2~24時間の保湿力があるといわれているので、毎日のお手入が効果的です。



こんにゃくからセラミドができる?植物性が効果的?


セラミドは米(米ぬか)、小麦(小麦胚芽)、大豆、こんにゃく芋、牛乳などに多く含まれ、特にこんにゃく芋には米や小麦より7~16倍多いセラミドが含まれるといわています。



このほか、黒豆・小豆・ゴボウ・ワカメ・ヒジキ・ソバ・コーヒー・紅茶・黒こしょうといった「黒色」の食品は、セラミド含有量が多い傾向にあります。


併せて、血行を促進させる白い色の食品と一緒に食べるとセラミドの吸収がよくなります。血液の流れがよくなるとセラミドが分解されてできるスフィンゴシンを、皮膚へとより効率的に運んでくれるからです。


特に、タマネギ、ジャガイモ、サトイモ、カリフラワー、ハクサイ、キャベツなどです。これらは血行をよくするはたらきがある食品です。また、スキンケア商品に配合されているセラミドにはいくつかの種類があり、肌にもたらす効果も種類ごとに違います。


化粧品に含まれるセラミドの種類
実際に化粧品に含まれているセラミドには種類があります。それぞれに異なる特性があって製造コストも違っていて商品によって使い分けがされているようです。
天然セラミド〜我々と同じ哺乳類由来のセラミドで浸透力が高いです。馬由来が有名。高価です。ビオセラミドやセレブロシド、ウマスフィンゴ脂質など
バイオセラミド〜酵母を利用して製造したものです。人のセラミドと同じ構造なので保湿力や浸透性に優れており刺激もありません。セラミド2やセラミド3など
植物性セラミド〜植物油由来です。イメージは人に優しそうですが、人のものとは構造が異なり効果は劣ります。コメヌカスフィンゴ糖資質など
合成セラミド〜石油を原料としてセラミドと似た成分を化学合成したものです。コストで大量に生産できますが効果は低いです。ヘキサデキロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミドなど

参照元:http://retrygogo.com/seramido/


肌に浸透しやすい天然セラミド


天然セラミドは、動物由来のため、人間の角質層の細胞間脂質と近く、保湿力が優れているのが特徴です。ビオセラミド・セレブロシドとも呼ばれ、馬などの動物の脳や脊髄などから抽出したセラミドです。


動物性のセラミドは、もともと牛由来のセラミドが主流でした。しかしBSE問題により、現在は天然セラミドの原料は馬が主流となっていて、化粧品成分としてはウマスフィンゴ脂質と記載されています。


特に敏感肌やアトピー性皮膚炎の人の保湿に適していて、壊れたバリア機能を改善する働きや、肌荒れを改善する働きがあります。


効果の面では大変優れていますが、化粧品原料としては高価なため、効果を感じるためには価格もそれなりに高くなってしまうのがデメリットといえます。


アレルゲンになりにくい植物性セラミド


天然由来の植物性セラミドは、動物性セラミドと同様に肌への浸透力が高いことがメリットです。原材料となる植物のほとんどが普段私たちが食べているものなので、他の種類のセラミドと比較しても身体に優しく刺激になりにくいのが特徴といえます。


ひどい敏感肌やアトピーの肌にも安心して使用できる成分として、低刺激なスキンケアシリーズに多く採用されていますし、動物性セラミドに比べて安価なものが多いというのも、植物性セラミドの大きなメリットです。


特にこんにゃく由来のものは、保湿力が高く、植物性セラミドの中でも肌馴染みが良いとされ、アレルゲンとなる可能性が低いので注目されている成分です。


天然セラミドの代表的な成分名

  • 加水分解コンニャク根…こんにゃく芋から抽出されたセラミド
  • グルコシルセラミド…米から抽出された水溶性のセラミド
  • トウモロコシ胚芽抽出物…トウモロコシの胚芽から抽出されたセラミド含有の植物油
  • コメヌカスフィンゴ糖脂質…米ぬかから抽出されたセラミド
  • セラミド糖脂質含有米エキス…お米から抽出されたセラミド
  • セラミド含有米抽出物…お米から抽出されたセラミド

しかし、低刺激で安全性が高い植物由来といっても、原材料によってはアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。特に米・麦・大豆はアレルゲンになりやすい原料なので、すでにアレルギーのある方は必ずチェックしましょう。


安価で安全なバイオセラミド


バイオセラミドは、人の肌にあるセラミドを真似て酵母から作ったセラミドです。


バイオセラミドの成分表示はセラミド1・セラミド2・セラミド3などがあり、ヒト型セラミドともいわれるように、肌にあるセラミドと全く同じ構造をしています。しかも天然セラミドに負けない保湿力と浸透力があり、しかも安価で安全なセラミドです。



セラミド配合のドリンク剤で中からキレイに


細胞間脂質の主成分であるセラミドは、年齢とともに減少していくため、それを補うことが必要になっていきます。



お肌本来の力を取り戻し保湿力を保つために、外側だけでなく内側からのケアも大切です。


お肌に潤いを補給するには、セラミドと併せてヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸(NMF)を補給するのが効果的です。これらが配合されたドリンク剤も手軽に購入できるのでおすすめです。




しわもセラミド効果で改善!商品いろいろ


肌は年齢を重ねるごとに乾燥しやすくなります。乾燥を放置してひどくなると、しわやたるみ、炎症、アトピー性皮膚炎などさまざまなトラブルの原因にもなります。



セラミドはお肌の老化と共に減少してしまいます。これが乾燥の原因ですので、普段のスキンケアでセラミドを補給して、しわやたるみを防ぎ、乾燥による刺激からお肌を守りましょう。


効果を高めたいならセラミド原液がおすすめ


もともと乾燥がひどい方、アトピー肌、加齢で乾燥を感じやすくなった方には、スキンケアとしてセラミド原液を使うのが効果的です。セラミド原液はシンプルな配合でつくられているので、余分な成分を避けたい方や自分好みの濃度で使用したい方におすすめです。


◆リマーユ プラセラ原液
国産サラブレッド馬から抽出できる希少な美容成分3種類を配合した濃厚なセラミド原液です。美白の「馬プラセンタ」、保湿の「馬セラミド」、肌サイクルを整える「馬サイタエキス」のトリプルパワーによって、ダメージを補修しながらお肌の乾燥を和らげます。製薬メーカーが作ったとろみのある濃いセラミドで必要なポイントにだけ集中的にケアできるので、美肌効果を得やすいと言えます。保湿ケアにもエイジングケアにも使えますから、お肌のかさつきやシワが気になりだした人におすすめです。
■内容量
5mL
■価格
・初回限定価格:1,080円(税込) 送料無料
・通常価格:2,700円(税込) 送料540円
■プラセラ原液の注目成分
・馬プラセンタエキス
・馬サイタエキス
・セレブロシド(馬セラミド)
■期待できる効果
・美白の促進
・乾燥肌の保湿
・乾燥からくる肌荒れの予防、改善
・エイジングケア

参照元:http://www.kireinari.com/biyoz/kanso/seramidogeneki/


◆トゥヴェール ヒト型セラミド原液リペアエッセンス
保湿力や浸透力に優れていることや、刺激が少ないことで有名なヒト型セラミドの原液です。人の細胞間脂質に限りなく近くなるように3種類のセラミドを高配合している濃厚な原液ですので、長時間に渡って保湿した状態を保持します。かさつきやかゆみに気を遣う重度の乾燥肌や刺激に弱いアトピー肌の強い味方になります。
■内容量
20mL
■価格
2,160円(税込)  送料550円
■ヒト型セラミド原液リペアエッセンスの注目成分
・セラミドNP(セラミド3)
・セラミドAP(セラミド6)
・セラミドEOP(セラミド1)
・フィトスフィンゴシン(植物由来のセラミド原料)
■期待できる効果
・乾燥肌の保湿
・かゆみの軽減
・アトピー肌の緩和

参照元:http://www.kireinari.com/biyoz/kanso/seramidogeneki/


◆ラメンテ ピュアセラミド100+
人の細胞間脂質に最も近い最高級天然セラミドを配合したセラミド原液です。年齢とともに減少してくる皮脂成分セラミドを補って、角質層の水分蒸発や肌荒れからお肌を守ります。ラメンテは日本でも数少ない、原料メーカーをバックグラウンドにもつブランドです。化粧品の命とも言える原料にこだわって、医薬品レベルのクオリティに仕上げるために自社工場で研究・開発を行っています。その分だけ価格に反映されていて、他のメーカーの製品よりも値が張りますが、安心感と効果への期待が大きいセラミド原液と言えるでしょう。
■内容量
50mL
■価格
・13,824円 (税込) 送料無料
■ピュアセラミド100+の注目成分
・ウマスフィンゴ脂質(馬セラミド)
■期待できる効果
・乾燥肌の保湿
・乾燥からくる肌荒れやかゆみの緩和
・頭皮の保湿、かゆみの緩和

参照元:http://www.kireinari.com/biyoz/kanso/seramidogeneki/


セラミド配合化粧品は乳液かクリーム状のものが良い


セラミドは水溶性ではなく脂溶性なので、乳液またはクリーム状のもの、ドロッとしたテクスチャーのものが多くなっています。化粧水のようにサラッとしている場合、配合量が極めて少なかったり、界面活性剤が多く使われている可能性があるので、選ぶ際は注意しましょう。





キュレルのセラミド効果は?


化粧品や日用品でおなじみのメーカーである花王のキュレルに配合されているセラミドはヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドといって、花王が独自開発した擬似合成セラミドです。



直接肌のセラミドになるわけではなく、肌表面で人のセラミドに近い働きをする保湿成分と考えると分かりやすいでしょう。


疑似セラミドというとなんだか悪そうなイメージがありますが、決してそんなことはありません。保湿力はもちろん、赤ちゃんの肌に使っても安心な低刺激なセラミドです。


https://twitter.com/AKArinRinGoooo/status/869011211005841408


ドラッグストアで手に入るのがポイント


キュレルは、天然セラミドやバイオ型セラミドに比べると保湿力は劣るものの、皮膚科の先生にセラミド配合の保湿クリームのおすすめを尋ねると、キュレルをすすめる人は多いのです。 理由は、低刺激であり、疑似セラミドとはいえ保湿力もあり価格もお手頃だからでしょう。


キュレルの特徴としては、フェイスケアやボディケア用にはもちろん、唇や頭皮の乾燥にも使えるアイテムが充実しているなど品揃えが豊富なところです。


購入も薬局、薬店、ドラッグストアでできますし、通販でも花王のオンラインショップやその他ネットショップから購入できて便利です。


また、キュレルがお肌に合っているかトライアルキットでお試しできるのもポイント。こちらは楽天やアマゾンなど、インターネットで購入できます。


また、花王のホームページでは毎月1000名に抽選で「はじめてのキュレル」基礎化粧品サンプルセットプレゼントキャンペーン中です。気になる方は応募してみて下さい。
http://www.kao.co.jp/curel/welcome/


1番人気は「潤浸保湿フェイスクリーム」


「潤浸保湿フェイスクリーム」は口コミでも評価が高い商品です。潤いを保ちサポートする成分(潤浸保湿セラミド機能成分、ユーカリエキス)がお肌の角質に浸透し、保護してくれます。


外部からの刺激や乾燥からお肌を守りながらターンオーバーを助け、お肌を健やかに保つ効果が期待できます。


40歳を過ぎたころから、肌の状態が変わりかなりな乾燥肌に。。。色々な高い化粧品を使いましたが、あまりよくなりませんでした。キュレルのクリームは価格はお手頃なのに手に取って肌につけたら、しっとりと保護してくれる感じです!クリーム自体はサラサラとしていて、べたっ!感じはないのに!次の朝、肌が柔らかくなったような気がします!ローコストなので、たっぷり使えて大満足です!娘も一緒に使ってますよ!

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/293354/review/506101899


富士フィルムのアスタリフトは独自開発したヒト型ナノセラミド


アンチエイジング化粧品として「アスタリフト」も評判が高い商品です。高い抗酸化作用のアスタキサンチンや美肌効果のあるリコピンを配合し、さらにヒト型ナノセラミドの浸透力でお肌にセラミドをしっかりと補給し潤いのある美肌を保ちます。


このヒト型ナノセラミドは酵母を利用して作られており、低刺激でありながら保湿力や浸透力に優れています。また、天然セラミドや合成セラミドと比較しても肌なじみが抜群に良いといわれています。


https://twitter.com/hiroe820/status/865552540712042499

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする