この記事が気に入ったらシェアしよう!

コンドロイチンの効果を詳しく解説!知って得する保水力♪

コンドロイチン・硫酸エステルナトリウムの効果解説!


関節の痛みなどに高い効果があるコンドロイチン。



正式名称をコンドロイチン硫酸エステルナトリウムといいます。軟骨や骨、角膜、皮膚など様々な器官にあり、快適な生活のためにとても大切な成分です。


コンドロイチンの最大の効果は軟骨の水分保持


骨と骨の間には軟骨があります。軟骨はもちもちとした弾力で、骨同士が刺激し合わないようクッションのような役割を果たしています。コンドロイチンはこの軟骨に多く含まれています。


コンドロイチンはもともと人の体に存在する成分です。しかし、年を取ると体内で作られる量が減ってしまいます。軟骨に含まれるコンドロイチンの量が減ると軟骨がすり減っていってしまい、骨同士がぶつかるようになるため関節に痛みが生じます。


カルシウムの代謝も良くしてくれる


コンドロイチンは軟骨にだけ作用するのではなく、骨にとっても大切な働きをします。骨の材料となっているカルシウムの代謝を助け、骨の成長を促します。そのため、コンドロイチンは骨粗しょう症の予防や改善にも効果的です。



グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果


コンドロイチンといえばグルコサミン。



セットで扱われることが多いこの2つの成分ですが、一緒に摂取することで関節の痛みに対してさらに高い効果を発揮します。


グルコサミンは軟骨を構成するプロテオグリカンという成分を作る


グルコサミンはプロテオグリカンと呼ばれる成分を作り出します。プロテオグリカンはタンパク質と糖が合体したもので、皮膚や軟骨に存在する成分です。プロテオグリカンの中にはコンドロイチンが含まれていて、軟骨のクッション性を高める働きをします。


つまり、グルコサミンはコンドロイチンを作り出すことができるということですね。


コンドロイチンがグルコサミンの軟骨再生機能をサポート


グルコサミンの働きはコンドロイチンを作り出すだけではありません。すり減ってしまった軟骨の修復や再生を促し、軟骨そのものを強くしてくれます。一方、コンドロイチンは保水力の高い成分で、軟骨に水分を与えて弾力を維持します。


つまり、軟骨自体を再生して強くするグルコサミンと軟骨の働きを正常化するコンドロイチンを一緒に摂取することでより強い軟骨を作り出せるのです。軟骨は正常な歩行に大切ですから、強く維持しておきたいですね。



コンドロイチンはお肌にも効果的!食品と医薬品


保水力があるとして美容面で有名なのがヒアルロン酸。



実はコンドロイチンはこのヒアルロン酸の3倍もの保水力をもちます。骨や関節の健康維持だけでなく、ハリのある若々しい肌を維持するためにも重要な働きをします。


ネバネバ食材はコンドロイチンの宝庫


コンドロイチンは納豆、山芋、オクラ、なめこ、海藻類などの食品に多く含まれています。これらの食品の共通点は触感がネバネバであることです。物と物をくっつけるために都合がよく、保水力を上げるためにネバついた触感になっていると言われています。


さらに効果を実感したいなら医薬品のコンドロイチンがおすすめ


コンドロイチンはサプリとしても医薬品としても販売されていますが、1日の必要量を摂取しようと思う場合は医薬品をお勧めします。コンドロイチンは1日あたり800mgの摂取が必要だといわれていますが、ほとんどのサプリではこの必要量の摂取がむずかしいです。


また、医薬品として扱われている商品は厚生労働省からの厳しいチェックをクリアしているので、安全性も非常に高いです。


また、病院ではコンドロイチン硫酸ナトリウムとして痛み止めの筋肉内注射に使用されています。薬を直接飲んだときに効果がない場合に行われる治療法で、症状が軽減したら再び薬を直接飲む治療法に切り替えていきます。



コンドロイチン配合医薬品、目薬の効果


コンドロイチンは骨や軟骨だけではなく、眼球や角膜にも存在します。



若いころは体内でたくさんつくられているのですが、年をとったり紫外線を浴びすぎると目の中のコンドロイチンが減ってしまい、視力の低下や病気につながります。


粘度の高いコンドロイチンはドライアイ目薬に最適


コンドロイチンは涙の成分にとても近い性質をもっています。そのため、ドライアイの予防や改善にとても有効だといわれています。ドライアイ用の目薬にコンドロイチンが配合されていることも多く、病院でも積極的に処方されています。


ドライアイを放っておくと角膜炎になることも


現代人はパソコンや携帯など液晶画面を見ていることが多いため、ドライアイの人がとても多いです。しかし、ドライアイをなめてはいけません。ドライアイを放置すると目の充血や痛みから始まり、最後には視力が低下してしまうこともあります。


ひどくなる前にコンドロイチン配合の医薬品で治療しましょう。



おすすめコンドロイチン・サプリとその効果とは?


コンドロイチンを手軽に摂るには医薬品か、サプリでの摂取がおすすめです。



医薬品に比べてサプリは、買いやすい値段という点が最大の魅力。コンドロイチンは毎日摂取しないと意味がないですから、無理なく続けられるサプリを選びましょう。


おすすめは大正グルコサミンパワープラス


180粒/¥2,800(税抜)

https://www.taisho-direct.jp/ad/hm/20400PR_long2a_4.html?utm_source=Google&utm_medium=1001&utm_content=Trial_TR1000TK1000&utm_campaign=GM


初回お試しキャンペーンを実施中!30日間分が約64%オフの1,000円で買うことができます!もちろん送料も無料。かかる金額は1,000円だけ!満足度93.6%の大人気商品をこの機会にお試しください。


純度99%の高品質グルコサミンが1,500mg配合!


大正製薬のグルコサミンパワープラスは純度99%のとても品質の高いグルコサミンを1500mgも配合しています。軟骨成分の分子量をとても小さく設計し、吸収性と溶けやすさにこだわりました。製薬会社製造だから安全性の高さも二重丸。


毎日続けやすい価格にもこだわりました!




大正グルコサミンを実際に飲んでいる人は年長者がほとんど。そのため、パソコンや携帯で投稿する口コミはあまり発見することができませんでした。しかし、公式サイトに寄せられている実際の利用者からの声やリピート率をみると確かな効果を実感できそうです。


アンチエイジング効果も高いので、シワやたるみの予防のためにも毎日の習慣にするとよいでしょう。