記事が気に入ったらシェア!

眠れない原因は脳の血行不良だった?!今すぐできる対処法

不眠で悩む人はストレスなどで自律神経が乱れていることが多いです。
自律神経の乱れの原因のひとつで、体内のGABA不足により脳の血行不良が考えられます。


不眠治療に通って睡眠薬を飲んでも、なかなか思うように熟睡ができないのは、GABAが足りないことが原因であることもあります。


普段の生活の中でできる対処法と、GABAの摂取で眠れない病気の原因を根本的に解消する方法を紹介します。



脳の血行不足が眠れない原因に



なぜ脳が血行不良になると眠れなくなってしまうのでしょうか?
脳の血行不良は体と心の不調の原因になります。


脳への血流障害により自律神経の働きが乱れ、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに出来なくなる事が不眠症の原因の大きな要因の一つになると考えられます。
自律神経は交感神経と副交感神経が状況や時間で自動的に切り替わっています。
副交感神経は本来身体がゆったりとリラックスしている時などに優位になる神経のはずですが、自律神経が脳の血流障害により本来の機能が働かなくなる事でスイッチが切り替わらないのです。

http://www.tepianseitai.com/jiritsu/shoujyou/fumin.html


脳が血行不足になると自律神経が乱れてしまう


血行不良が原因でいろいろな病気を引き起こすことがあります。
脳にも血行不良があります。


眠れないことの多くは、脳の血行不良です。
脳の血行不良で脳が働くので、必要な栄養分がきちんと行き渡らず脳疲労を起こします。
脳疲労を引き起こすと、脳の働きが悪くなり自律神経のバランスまで崩れてしまいます。


興奮状態が続きなかなか入眠できない


人はリラックス状態の時に入眠に入りますが、脳が興奮状態の時はなかなか眠れません。
体は疲れているのにな眠れないのはなぜでしょうか。


脳疲労などで自律神経が乱れると、入眠時に大切なリラックス状態をキープする副交感神経の機能がうまく働かず、緊張感や高揚感、イライラ状態を維持する交感神経が優位になります。


つまり興奮状態のままリラックスできない状態になって眠れなくなります。



GABAの摂取で血行を良くし、眠れない原因を改善


参照:https://www.instagram.com/p/BMg0WPalxv-/?tagged=%E5%86%B7%E3%81%88%E6%80%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96


GABAは血管を収縮させる原因になる物質を抑える効果があり、血管を広げ血液循環をよくしてくれます。


血液循環がスムーズになれば血行不良による冷えを改善して冷え性による不眠を解消し、入眠しやすい体を作ってくれます。


血管を広げ血流を良くしてくれる


GABAは血管を収縮させるノルアドレナリンの分泌を抑制してくれる効果があります。


ノルアドレナリンは適度な量なら行動力が出るなどよい作用がありますが、沢山分泌されると興奮状態になって体の筋肉が緊張ます。


ノルアドレナリンの分泌を抑えて、血管を広げ血流をよくすることが安眠の為にはとても大切です。


手足の冷えも改善し、眠りやすくなる


血行不良になると手足の先まで血液がいかなくなり冷え症などの症状がでます。
特に女性は冷えで悩んでいる人も多いですよね。


手足が冷たくてなかなか眠れない人は、まずGABAを摂って血行改善で血液の流れを良くして冷えを改善しましょう。
冷えの改善は良い睡眠をとるためにも大切なポイントになります。



眠れない原因の他にストレスや更年期にもGABAを


不眠症対策

GABAには精神を安定させる効果もあります。
自律神経を安定させ自律神経の乱れから起こる、更年期障害の改善にも効果が期待できます。


更年期障害は女性ホルモンのバランスの乱れと思われがちですが、自律神経の乱れによる神経障害の一種でGABAを摂ることで精神を安定させることが更年期障害の症状を緩和できることもあります。


精神を安定させる作用がある


GABAは脳神経の興奮を抑えてくれます。
GABAを摂ることで脳内の興奮を抑え、不安や緊張などを解消して精神を安定させます。


ストレス性の緊張もほぐしてくれる


GABAが不足すると精神的な緊張感を上手に取り除くことができず、イライラやストレスの原因になります。


足りなくなったGABAを補うことで、ストレスによる緊張を緩和しリラックスした状態に戻すこともできます。



眠れないことが原因でうつ病などの病気に



うつ病を発症してしまう人たちの多くは物事を考えすぎてしまう事にあります。


多くは就寝前電気を消して布団に入ると、今日あった色々なことを考えてしまいそれが不眠の原因になり上手に入眠できずに不安を抱くようになって脳疲労を起こしてしまいます。


そんな繰り返しの生活の中でストレスが溜まり、うつ病を発症してしまうこともあります。


うつ病により不眠を引き起こすことはよく聞きます。
眠れないことが原因でうつ病を発症してしまうこともあります。
精神状態を維持するためにはしっかりと睡眠をとることがが必要です。



眠れない原因の対策は薬よりGABAを


ピースナイト 口コミ

睡眠薬は薬の作用で強制的に脳を眠らせるものなので即効性はありますが、副作用や依存性がすごく高いです。


GABAは体の中から健康にして、リラックス効果により睡眠を促してより深い眠りに付くことができ、脳疲労の改善もできます。


安眠にはストレスの軽減とリラックス効果がとても大切になるので睡眠薬に頼らず是非GABAを試してみましょう。


睡眠薬より安全で身体にやさしい


睡眠薬は医者に処方してもらう薬なので安全だと思われがちですが、依存性が高く睡眠薬を飲み始めた人の多くは睡眠薬を手放せずにいます。
睡眠薬を飲む時にはメリット、デメリットをしっかり把握して飲まなければいけません。


GABAは通常体内で作られる物質なので、あまりに沢山の摂取をしない限り害はなく安全で体にやさしい成分です。


副作用の心配もしなくて良い


睡眠薬は即効性があり多くの人に頼られていますが、副作用も多く依存性や飲み合わせはもちろん、胃腸不良や情緒不安定と様々な問題もあります。
長く飲み続けると体に抗体がついてしまい効果が半減することもあります。


GABAは副作用の心配もないし体調を整えていく成分なので、抗体や依存などを気にせず健康な体を作れます。


薬は副作用というものが必ずついてくるものです。
できるのであれば安全なものでしっかりと睡眠をとりたいですね。



眠れない原因の様々な対処法


参照:https://www.instagram.com/p/BNHiWxcjg1q/?tagged=%E5%8D%8A%E8%BA%AB%E6%B5%B4


眠れない原因は様々ですが、血流改善や体温を温める事、刺激物を摂らない事が大切です。
自宅で簡単にできる対処法はどんなことがあるでしょうか。


半身浴で身体の芯から温まる


眠れない原因の一つは体の冷えです。
身体の冷えを改善する対処法は、半身浴でお風呂に1時間ゆっくり浸かり身体を温め、血流を促進することが大切です。


半身浴は体の深部体温を温め、日中の緊張した体から就寝前のリラックスした身体にします。
血流の促進とリラックス状態を作れる半身浴はとてもいいですね。


夕方以降のコーヒー、タバコ、酒は控える

 

継続的な安眠を手に入れるためには夕方以降のコーヒ、喫煙、飲酒を控えることが大切です。
コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用があり眠れない原因になります。


喫煙によるニコチン摂取は、離脱症状が起き睡眠の質が浅くなります。


お酒を飲むとよく眠れるという人も多いですが、依存性の高いアルコールはアルコールがなければ眠れないといった不眠の症状が出ることもあります。


今日眠れれば良いといった考えを持たずに、継続的に質の良い睡眠を心がけることが不眠症を改善のにはとても大切な事です。


眠る1時間前に適度な運動


不眠症になる原因の一つに運動不足も挙げられます。


脳疲労で体まで疲れているような感じになることがあります。
運動をしていない体は脳で抱いている感覚よりも疲れが少なく、眠れないといった症状が出る原因になります。


眠る1時間前にストレッチなど適度な運動を行うことで体を疲れさせるのも効果的です。
運動により血流もよくなり深い眠りにつくことができます。
自宅で簡単にできるストレッチも沢山あるので試してみてくださいね。