この記事が気に入ったらシェアしよう!

亀ゼリーって何?美容におすすめな食品「亀ゼリー」の効能・作り方や味とは?

亀ゼリーの解毒力!その正体は「土茯苓」


亀ゼリーとは古来から香港や中国で美容や健康に良いとして愛されてきた薬膳デザートです。



干して粉末状にした亀の腹甲と、土茯苓(どぶくりょう)ほか何十種の生薬を混ぜ合わせて完成します。亀の甲羅のコラーゲンと土茯苓(どぶくりょう)の優れた解毒作用、利尿作用で、様々な効能が期待できることから、日本でも注目を集めています。



亀ゼリーの効果や効能とは?


亀ゼリーとは亀の甲羅の裏にあるコラーゲンと土茯苓(どぶくりょう)と呼ばれる漢方薬をはじめとした数々の薬草を固めて作ったゼリーのことです。



中国の漢方に基づいて作られているため、健康にも良く美肌やダイエット効果もあるとされており女性に大変人気があります。


「排毒」「疲労」回復効果


亀ゼリーには高いデトックス効果があるといわれています。体内に蓄積した老廃物や毒素を排出することで、体内環境の改善が期待できます。


また、亀ゼリーが一般的に食されている香港では体調不良の時に食べるものとされているようです。解毒や解熱の効果があり、体調不良を解消するだけでなく免疫力を高める効果も期待できます。


お肌「ぷるぷる」効果!


亀ゼリーは亀の甲羅にたっぷりと含まれているコラーゲンを利用して固まります。そのことから分かるように、良質なタンパク質の塊なのです。このたっぷりのコラーゲン効果で、食べた翌日は驚くほど肌がぷるぷる♪


また、高い抗炎症作用によりニキビや吹き出物を解消する効果も期待できますし、デトックス効果で肌にツヤも生まれます。


アンチエイジング効果


亀ゼリーには体内の炎症を抑えたり、細胞の働きを活性化する効果があるとされています。細胞が活発に働くことで体内の老化を防ぐ効果が期待できます。



意外と簡単!「亀ゼリーの作り方」


亀ゼリーは市販されている亀ゼリーの粉を使用すれば、自分で作成することができます。作り方について紹介します。



手作り亀ゼリーの粉 10g×10袋
¥2,160(税込)

http://item.rakuten.co.jp/kojuken/1357201/


・作り方

  1. 亀ゼリーの粉をお皿に入れ、少量のお湯を加えてペースト状にします。

  2. 200mlのお湯を加え、よく混ぜて溶かします。

  3. 溶かした亀ゼリーの粉をお鍋にうつしかえ、中火にかけましょう。

  4. 感触が柔らかくなめらかになったら火を止めます。

  5. 固まらないうちに亀ゼリーをお皿に盛り付け、お好みの食べ方で頂きます。



ちょっと心配?亀ゼリーの「味」に「価格」に「副作用」


亀ゼリーに含まれている成分は日本人になじみのないものばかり。



少しとっつきにくいかもしれませんが、効能を考えると試してみる価値アリです。


亀ゼリーの味はほろ苦い?


亀ゼリーは基本的に無味ですが、後味に独特の苦みがあります。初めは食べにくいかもしれませんが、慣れてくるとこの苦みがクセになるという人も少なくありません。


といっても、万人に好まれる味ではありませんので香港の店舗で提供される際は上からはちみつやグラニュー糖などをかけて食べるのが一般的です。基本的に無味なので、何をかけても合いますから生クリームやエバミルクなど好みのトッピングで楽しむのも良いでしょう。


1缶250円~亀ゼリーは意外と安い!!


亀ゼリーはたっぷりの生薬と亀のエキスが凝縮されており、高い効果を示すデザートですので高そうなイメージがあるかもしれませんが、日本で市販されている亀ゼリーは250円からと、思っている以上にリーズナブルです。


しかし、この値段には濃度や効能も関係してきます。本場の香港では高いものだと1000円ほどする亀ゼリーもあるようで、そういったものは濃度も高く効果の実感もしやすいそうです。


冷え性には亀ゼリーは不向き


亀ゼリーには熱を逃がす効果があります。そのため、冷え性の方や生理中の女性は飲まない方が良いとされています。また、妊娠中の女性には禁忌といわれていますので絶対に服用しないようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする