この記事が気に入ったらシェアしよう!

レモンでダイエットは美容にも効果あり!成功する方法・注意点も

レモンというとビタミンCが豊富でお肌に良いことで知られていますがなんとダイエットにも効果的なんです。



気になる!レモンダイエットは効果があるの?



抗酸化作用のあるビタミンCを豊富に含んでいるレモン。レモンというとあの何とも言えない酸っぱさが特徴的です。酸っぱいレモンを利用したダイエットにはどのような効果が期待できるのでしょうか?


レモンのカロリーとは?


レモン100gのカロリーは約26kcal程度。レモン1個のサイズにもよりますが、約16~30kcalくらいしかありません。


レモン1個分果汁換算すると大さじ3程度、約45gで12kcal程度の低カロリー。これだけの低カロリーであれば、ダイエットに摂り入れるとしても安心感がありますね。


レモンダイエットの効果


別名クエンとも言われているレモン。酸っぱさのもとクエン酸は酸味成分で、柑橘系のフルーツや、梅干しなどにも含まれている成分として知られています。


この酸っぱい成分クエン酸が、蓄積された疲労の回復、そして脂肪代謝の促進に一役かってくれて、結果的に体の新陳代謝を促進しダイエット効果に繋がっています。



レモンダイエットの驚きの効能は?



クエン酸を多く含み、新陳代謝を促進する働きのあるレモンを利用したレモンダイエット。レモンには、疲労回復効果の他に、新陳代謝に関する3つの効能プラスαがありました。


デトックス効果


レモンには、腸の調子を整えてくれる作用と、肝臓の解毒を促進してくれる作用の大きな作用が2つあります。


■便秘解消効果


ダイエットの大敵とも言われている便秘。その便秘の解消で薬を使用しているという人もいますが、薬の代わりにレモンを使用してみましょう。食物繊維からできているペクチンと呼ばれる成分がレモンには含まれていて、そのペクチンが腸の調子を整えてくれます。


便秘で硬くなってしまった便をやわらかくして排泄しやすくし、また整腸作用効果によって下痢も解消してくれることでしょう。


■解毒作用促進


酵素が豊富に含まれているレモンは、柑橘系のフルーツの中でもトップクラス。肝臓はもともと解毒作用の働きをする機能をもつ臓器ですが、アルコールの大量摂取などにより、場合によってはその作用が弱まってしまうことがあります。そんなときにレモンを摂取してみましょう。


レモンにたっぷりと含まれている酵素効果によって、弱った肝臓の機能を改善し、解毒作用の働きを強化してくれます。お酒を飲み過ぎたときに、レモン果汁を含んだドリンクなどを飲んだら、翌日お酒が残らなかったなんていう経験をしたことはありませんか?


あれはまさに、レモンに含まれている酵素効果の現れなんです。デトックスビタミン、レモンの効果は侮れません。


血液が綺麗に


肝機能が低下してしまうと、もともと肝臓が持っている解毒作用の機能が上手く働かない状態となってしまいます。そんなときに、クエン酸を豊富に含んでいるレモンを摂取することで、肝臓の機能が活発化されます。


肝臓は体内で作られた有害物質などを無毒化する解毒作用がある器官です。その器官がレモンの摂取によって元気になることで、体内が浄化され血液の流れも滞りがなくなり、血液がサラサラになってきます。


これはレモンに含まれている苦み成分、ヘスペリジンと呼ばれるフラボノイドの一種の働き。レモンの摂取は、ドロドロ血が原因で起きてしまう動脈硬化や高血圧など、生活習慣病の予防にもなりますね。


免疫力アップ


■免疫力アップ:ビタミンC


レモンに含まれている豊富なビタミンCは、免疫物質「インターフェロン」を作り出す働きもあり、普段から意識して摂取することで、風邪などのウイルスから体を守り、免疫力アップにつながります。


■疲労回復:クエン酸


また、レモンにはクエン酸もたくさん含まれています。レモンのハチミツ漬けは、疲労回復効果が期待できることで知られていますね。


スポーツ選手の中には、疲労回復を促すためにレモンを丸かじりする人もいますが、それほどレモンのクエン酸は、体の中に溜まっている疲労を取り除いてくれる効果が期待されるんです。


リラックス効果


レモンに含まれているビタミンCには、自律神経の働きを正常に保つ効果があり、ダイエットによるストレスも解消してくれます。ストレスがなくなれば、自然とリラックスした状態を維持することができるようになりますね。


レモンを嗅ぐといい香りがしますよね。そのいい香りの正体は、リモネンと呼ばれる芳香成分。リモネンがわたしたちの交感神経を刺激して、脳内にα波を出してリラックス効果を高めます。そしてスッキリとした気分にもさせてくれるのが特徴です。



レモンダイエットの方法



レモンの効能を利用して、実際にレモンダイエットをしていってみましょう。レモンをどのようにダイエットに取り入れていけばいいのでしょうか?


料理にレモンをプラス!


レモンをお料理に使うのなら、から揚げにレモン、焼き魚にレモンなど、レモンが添えられているのを見たことがある人は多いでしょう。こんな感じにお料理にレモンを添えて、そのレモンを絞ってかけることで、レモンの効能を簡単に得られます。


また、レモンと一緒に食材を漬け込んで、漬け込んだレモンも一緒に調理に使用して食べるというお料理方法もあります。


ダイエットの注意点


レモンは体にとってメリットとなる反面、デメリットもあるので、レモンを摂取するタイミングには注意が必要です。レモンには、光を感じることで光を吸収しやすくしてしまう成分、ソラレンと呼ばれる成分も含まれています。


ソラレンは摂取してから2時間でピークを迎えるので、朝摂取して外出するとソラレンの光感受性作用を受けることとなり、体が紫外線によるダメージを受けてしまいます。ソラレンの代謝は8時間くらい。


その時間まで外出しないのであれば、昼間に摂取するのは構いませんが、そうでないなら夜の夕飯でレモンを摂取することをおすすめします。


レモン以外にもキウイフルーツ、イチジク、オレンジ、セロリ、しそ、グレープフルーツなどにもソラレンが含まれているので、摂取するタイミングに注意してくださいね。


お勧めレシピ


塩レモン


<材料>

レモン(無農薬のもの) 5個(約500g)
塩(天然塩がおすすめ) レモンの20%の量(塩の量はお好みで変えてください)


<作り方>
・入れる瓶を煮沸消毒しておきます。(アルコール噴霧でも◎)
・くし切りと輪切りの2種類に切ります。
・それぞれの形ごとに塩、レモン、塩、レモンの順に瓶に入れます。
・冷暗所に置いて3日ごとくらいに瓶をふったり、キレイなスプーンで混ぜたりします。
・1週間後から使えます。1ヶ月を過ぎると味がなじみます。


塩レモン漬けを作って常備しておけば、いつでも手軽にレモンをお料理に使うことができますね。塩レモンの塩の代わりに、ハチミツを使えば、ハチミツレモンも簡単にできます。こちらも作っておいて、紅茶やお菓子づくりに利用するのもおすすめです。


はちみつレモンの照り焼きジンジャーチキン


<材料4人分>

鶏もも肉(鶏むね肉) 2枚
薄力粉    適量
塩こしょう  適量
*しょうゆ   大さじ2
*はちみつ   大さじ2
*レモン汁   大さじ1
*みりん    大さじ2分の1
*チューブしょうが&チューブにんにく 各2㎝
あれば レモン半月スライス 4分の1個分


<作り方>
・一口大サイズに鶏肉を切り、塩こしょうをふります。
・薄力粉をまぶして、フライパンに油を熱し皮面から焼きます。
・皮面に焼き色がついたらひっくり返して、蓋をして5分くらい蒸し焼きにします。
・その間に材料の*印を全て合わせて用意し、焼きあがったらそれを入れてとろみがついたら完成
・器に盛り、お好みでレモンスライスをバランスよく飾ります。


レモンはただ添えるだけで、お料理にかけて食べるのが定番ですが、その他にもこんなふうに漬け込み料理に使うという手もあります。チャレンジしてみてはどうでしょうか?

レモン水でお手軽レモンダイエット



普段飲む水に、ほんの少しレモンをプラスして飲んでみましょう。レモン水を毎日飲むだけで簡単に体の中が浄化されダイエット効果が期待できます。


レモン水ダイエットとは?


レモンを水に入れて飲むだけ。手軽にできるレモン水ダイエットは、レモンの老廃物を排出してくれる効果や、血液をサラサラにしてくれる効果、そして腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。レモン水ダイエットの良いところはこれだけではありません。


レモンのリモネンと呼ばれる芳香成分によって、朝飲めばシャキッとしますし、また、ビタミンCの抗酸化作用によって美肌効果も期待でき、ニキビ対策にもなります。いいことばかりなんです。


レモン水の作り方


<材料>

水(ミネラルウォーターが◎)200ml
レモン、またはレモン汁 2分の1個分


<作り方>
・レモンは無農薬がベストですが、手に入らない場合には塩で皮についている農薬やワックスを充分に落としてから、野菜専用洗剤を付けてよく洗い落とします。
・レモンを絞り、水200mlに入れて完成。


レモン独特の酸味が気になるという人はハチミツをプラスしたり、お好みでショウガやミントの葉を入れたりして飲んでもいいですね。沸騰したお湯を使ってレモン水を作り、冷蔵保存すれば数日間は日持ちします。忙しいときにこの手を利用してみるのもありです。



レモンダイエットは美容にも効果的


ダイエット中コンビニのメニュー

レモンの効能はいくつもあり、ダイエットにも効果的だということがわかりました。ダイエットにも効果ありのレモンはあなたもご存知の通り、健康面だけでなく美容面でも大活躍です。


レモンにたっぷり含まれているビタミンCには抗酸化作用があり、老化防止に役立ち、コラーゲン生成のサポート、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を抑制してくれます。クエン酸効果も加わりお肌のターンオーバー促進、美肌効果も大いに期待できますね。



効果的にレモンダイエットを実践しよう!



レモンダイエットは、レモンのビタミンC、クエン酸、リモネンなどの成分効果をフルに生かして行うことができるお手軽ダイエットです。


レモンの摂取するタイミングには注意しつつ、毎日レモン水を飲んだり、お料理にレモンをとり入れてみたりして、レモンの効果を実感してみてはどうでしょうか?じわりじわりと体に変化が現れてくるでしょう。レモンでダイエット成功できるといいですね。