この記事が気に入ったらシェアしよう!

プラセンタでシミ・そばかすが消えるって本当?効果や改善方法まで解説

気になるシミ・そばかす改善にプラセンタ


ある朝いつものように鏡をみて、昨日までなかったシミ・そばかすに気づき、衝撃を受けたことはありませんか。シミ・そばかすは、ある日突然姿を現します。



気にすれば気にするほど目立って見えてしまうシミ・そばかす。もちろん予防が大切ですが、出来てしまってから消す方法はあるのでしょうか。そんなシミ・そばかすの悩みに、改善効果が期待されている成分が「プラセンタ」です。


プラセンタとは、赤ちゃんを育てる女性の胎盤のことなのですが、美容におけるプラセンタとは、その栄養素の宝庫とも言える胎盤から様々な成分を抽出した「プラセンタエキス」のことをいいます。


プラセンタエキスはもともとは更年期障害の治療などに使われていましたが、治療を受けていた多くの人の肌が白くなり、シミ・そばかすの改善にも効果があったことから、美容成分として開発が進み、化粧品に配合されるようになりました。


では、なぜプラセンタがシミ・そばかすの解消に効果が期待できるのでしょうか?それを探る前に、まずはシミ・そばかすができる原因から見ていきましょう。


シミ・そばかすの原因


一見同じように見えるシミ・そばかすですが、シミが肌ダメージや加齢が原因の、後天性のものであるのに対して、そばかすの多くは、親から受けついだ遺伝性のものという、大きな違いがあります。


シミの特徴と原因
シミはニキビ跡など炎症によって引き起こされたり、紫外線によるダメージの蓄積や加齢など、後天的なものが主な原因となります。老化現象のひとつである老人性色素斑やニキビ跡など皮膚の炎症が原因でできる炎症後色素沈着、ホルモンバランスの乱れによって発生する肝斑(かんぱん)などがシミにあたります。

参照元:http://www.skincare-univ.com/article/007957/


そばかすの特徴と原因
そばかすはシミと違い、多くは遺伝性のものです。そばかすは通称で、正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)といいます。斑点の大きさは通常のシミより小さく、鼻の周りや頬に出やすいのが特徴。顔以外の部位にも出現します。また、紫外線を浴びることで濃くなる性質があり、シミとは反対に加齢とともに薄くなることもあります。

参照元:http://www.skincare-univ.com/article/007957/


シミにはいくつかの種類があり、シミ・そばかすの原因や対処法もそれぞれなのですが、どちらも肌の中で色素沈着してしまった古いメラニン色素がその正体です。


紫外線を浴びると、私たちの体には活性酸素が生まれます。活性酸素には、強い酸化力で、体内に入り込んだ菌などから体を守る、大切な働きがあります。


しかし、紫外線の浴びすぎなどで、活性酸素が必要以上に増えすぎてしまうと、本来は体を守るための強い酸化力が、正常な体細胞にまでダメージを与えるようになり、肌や体にさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。


増えすぎるとやっかいな活性酸素を適量に保ち、活性酸素のダメージを和らげてくれる物質が、メラノサイトという細胞です。


私たちの皮膚は、役割の違う層がいくつも重なって出来ていて、いちばん外側の層、いわゆるお肌の層を表皮といいますが、メラノサイトはその表皮の中に点在する色素細胞です。


紫外線によって活性酸素が生まれると、その活性酸素を材料にして、メラノサイトはメラニン色素を作ります。作られたメラニン色素には、活性酸素から受ける細胞のダメージを減らしたり、紫外線が肌の奥まで入りこむのを防いでくれる働きがあります。


日焼けをすると肌が小麦色になるのは、紫外線の刺激を受けて、メラニン色素が作られ、肌が黒くなるからです。日焼けは、メラニン色素が紫外線から体を守ろうとしてくれた証とも言えますね。


そして、夏の間に小麦色に日焼けした肌は、季節が過ぎるにつれ、元の白い肌に戻ります。これは、肌を守り終えて古くなったメラニン色素が、肌のターンオーバーによって、外へはがれ落ちていくからです。


ターンオーバーとは、表皮の底で作られた新しい肌細胞が、古い肌細胞を外へ押し出しながら、肌が生まれ変わっていく代謝の仕組みのことで、肌の中にあるメラニン色素も、古くなった肌細胞と一緒にはがれ落ちていくことで、うまく排出されているんです。


しかし、紫外線を浴びすぎて、肌の中に活性酸素があふれ、あまりにも多いメラニン色素が作られていたり、ターンオーバーの周期※が乱れていると、この代謝機能がだんだんと追いつかなくなってきます。


古い肌細胞をうまく外へ押し出しきれなくなるので、古いメラニン色素も肌の中に長く残ってしまうことになり、だんだんと色素沈着を起こして、シミになったり、そばかすを濃くしていってしまうんです。


※個人差はありますが、肌のターンオーバー周期は、年齢によって約28日~56日かかります。


シミ・そばかすを消す一般的な方法


シミ・そばかすは、ケアを行なえばすぐに消えたり、薄くなったりするというものではありません。特にそばかすの多くは遺伝性のものなので、セルフケアでの改善が難しく、根本的なそばかす改善には、専門の治療が必要です。


しかし、毎日の習慣やスキンケアで、シミを消す方法やそばかすを今以上濃くしないようにする方法は、意外にたくさんあります。


メラニン色素の沈着を防ぎ、大切なメラニン色素の本来の働きを取りもどすには、肌にできるだけ刺激を与えないことと、ターンオーバーを乱さない生活習慣を保つことが大切です。


紫外線ダメージを防ぐ


紫外線を浴びれば浴びるほど、メラニン色素が活発に生成されます。紫外線をあまりにも浴び続けると、メラノサイトが暴走し、生成が止まらなくなることもあります。


増えすぎたメラニン色素の排出は、正常なターンオーバーでも難しく、ターンオーバーが乱れた状態ではなおさら、肌に残って色素沈着を起こしてしまいます。紫外線を浴びる量が少なくなれば、メラニン色素の生成もゆるやかになります。


摩擦ダメージを防ぐ


メラニン色素は、肌を守るために作り出されるものです。肌が過度な刺激を受けると、肌を守ろうとする働きが活発になり、メラニン色素を増やしてしまいます。


必要以上のメラニン色素を作らせないためにも、洗顔やスキンケアは優しく行い、肌に過度な刺激を与えないことが大切です。


ターンオーバーの正常化


ターンオーバーは日焼けや乾燥、ストレスや寝不足など、さまざまな原因で乱れてしまいます。ターンオーバーの周期は、遅すぎても早すぎても肌トラブルの原因になりますので、不規則や不摂生な生活習慣は見直して、ターンオーバーを正常に戻しましょう。


プラセンタとシミ・そばかすの関係


プラセンタは、母親の体内で赤ちゃんに栄養を送り成長を促す器官であるとともに、赤ちゃんを活性酸素から守るための抗酸化作用を持っています。そのため、古く紀元前から、美容や健康に役立てられてきました。


体内で発生した活性酸素を抑える作用が、メラノサイトがメラニン色素を作り出す活動を邪魔して、シミ・そばかすを出来にくくしてくれます。


さらに、プラセンタには新陳代謝を高め、肌のターンオーバーの周期を正常に近づける働きもあり、メラニン色素が体の外に排出されやすくするので、シミ・そばかすを薄くする効果も期待できます。



プラセンタでシミ・そばかすがすぐ消える訳ではない


現在、美容目的などに利用されているプラセンタには、人・豚・馬・羊のものがあります。


シミケア

このうち、人由来のプラセンタは病院の治療のみで使われ、市販品のサプリメントなどに用いられているプラセンタは、豚・馬・羊です。


病院で使う「人由来プラセンタ注射」は即効性があり、効果もとても高いのですが、市販のプラセンタサプリメントにはそこまでの効果はないのです。数回飲めば、シミ・そばかすがすぐ消えるというものではありません。


プラセンタサプリに即効性はない


プラセンタサプリを飲んですぐに現れる効果は、単純に肌のコンディションが良くなり、シミ改善の効果が出たように見えるということです。飲むのを止めると、すぐに元に戻ります。


プラセンタサプリの本当の実力は、約5000種類もの栄養成分に、新陳代謝を促す成長因子、たくさんの酵素類の働きにより、ダメージを受けた肌や体を修復し、ターンオーバーを正常化することです。


20代の若い人でも、正常なターンオーバーに戻るには1ヵ月ほどかかりますから、足りない部分を一時的に補うだけでなく、代謝によって細胞を新しく作り替え肌や体を正常な状態に戻すためには、どうしてもある程度の時間が必要です。


最低でもプラセンタサプリを1ヵ月は継続して飲み続けなければ、ゆっくり現れてくる効果を実感することは難しいでしょう。


ビタミンCだけでは駄目な理由


シミ・そばかす改善だけでなく、美しい肌づくりには、ビタミン類を積極的に摂るといいとされています。


特にビタミンCを安定化させ、肌に吸収しやすい形にしたビタミンC誘導体は、万能の美肌成分であり、毛穴を引き締め、傷んだ肌を修復したり、メラニン色素の沈着を防ぐ効果、抗酸化作用などを持っています。


わざわざプラセンタを取り入れなくても、ビタミンCだけでシミ・そばかすの悩みは改善できそうですよね。でも、ビタミンCは肌に浸透しにくく、少しでも空気にふれると酸化してしまったり、水溶性ですぐに排出されてしまうという性質を持っているのです。


プラセンタとビタミンC、ビタミンC誘導体は、どちらもシミ・そばかすに効果的ですが、プラセンタがシミなどを押し出し、ゆっくりと肌を再生する効果があるのに対して、ビタミンC誘導体には、メラニン色素の生成を抑え、シミなどを予防する即効性の美白効果があります。


ビタミンCやビタミンC誘導体は、プラセンタと併用することで、違う方向からシミ・そばかすに働きかけ、肌をきれいに見せると同時に、肌をきれいにする効果があるんですね。


体の中からシミ・そばかすを防ぐ


胎盤には、赤ちゃんを育てるために必要なものすべてが詰まっているため、プラセンタには私たち人間の全身をケアする力があります。


プラセンタを使い始めてから、その他のサプリや高価な化粧品が必要なくなった、という話をよく耳にするのは、プラセンタのおかげで、肌や体が本来持っている機能が正常に整えられたために、不要になったのです。


プラセンタの有効成分によって、体のさまざまな部分の状態が整えられると、ターンオーバーの働きも正常化します。メラニン色素の排出もスムーズになるので、シミ・そばかすの予防につながるんですね。



プラセンタにはなぜシミ・そばかすを消す効果があるの?


医薬部外品(薬用)のプラセンタは、厚生労働省も有効性を認めている、政府のお墨付きの美白成分です。そのため、プラセンタ製品には美白効果もあるといわれています。



シミ・そばかす改善だけでなく、美白を期待してプラセンタを取りいれている方も多く、実際にプラセンタサプリを飲まれている方が、肌が白くなったという感想を持つことも多いです。


プラセンタの美白効果メカニズム


確かにプラセンタには、メラニン色素の生成を抑える働きがあり、シミ・そばかすを防ぐ美白効果があります。


しかし、この美白効果を得るには、クリニックなどの医療機関で、表皮の奥でメラニン色素を生成している細胞まで、医薬部外品(薬用)のプラセンタエキスを浸透させてもらう施術を受けなければならないんです。


ですから、表皮の奥までプラセンタを届けることが出来ないサプリや化粧品に、メラニン色素の生成を抑える効果はありません。


それでも多くの人が、肌が白くなったと感じられるのは、プラセンタによってターンオーバーが改善され、出来てしまったメラニン色素の排出がスムーズになった結果だと考えられます。


また、表皮で出来たシミ・そばかすが悪化すると、メラニン色素が表皮の奥まで染み出してしまうことがあります。


そうなってしまうと、表皮のターンオーバーで外に押し出すことは出来なくなり、肌の老廃物として、リンパや血流にのせて流し出されるのをじっと待つしかありません。プラセンタによるターンオーバーの正常化は、こういった厄介なメラニン色素の排出にも役立ってくれます。


シミ・そばかす改善におすすめの摂取方法


即効性があり、もっとも効果が高いプラセンタの摂取方法は、やはりプラセンタ注射です。医療機関でしか扱えない、人由来のプラセンタを使用しており、肌の奥にダイレクトにプラセンタを打ちこむため、早い人では1~2回で症状の改善が見られます。


しかし、美容を目的としたプラセンタ注射には保険が適用されず、1回につき2000円程度のプラセンタ注射に通い続けるのは、経済的な負担も大きく、通院も面倒なので、現実的にはプラセンタサプリを選ぶ方が多いのです。


プラセンタサプリを飲む時は、継続して飲み続けることが大切で、一度にたくさんの量を飲んでも意味がありません。急にたくさんの量を飲むとニキビや吹き出物が出来たりすることもあるので、徐々に量を増やしていくようにしましょう。


プラセンタサプリを飲むタイミングですが、一番おすすめの時間は空腹時です。お腹が空いた状態では、体が栄養素を吸収しようとする作用が強まるため、プラセンタの成分も体に吸収されやすくなります。


また、シミ・そばかす改善には、夜寝る30分ほど前に飲むのもおすすめです。プラセンタの成分は、寝ている間に肌を作る働きをサポートしてくれるからです。


効果がなければ併用がおすすめ


もし、何ヵ月もプラセンタサプリを飲んでいるのに、あまり効果が実感できない、効果が物足りない、と感じている場合は、飲んでいるサプリの成分に問題があるのかもしれません。


サプリメントの内容成分表示に、プラセンタエキス純末の量が100mg以上含まれているかどうかを確認してください。


プラセンタエキス純末は、プラセンタエキスを凝縮させた粉末なのですが、純末100mgではなく、エキス100mgなどと書いてある製品には、プラセンタがほとんど入っていないことも多いんです。


良質なサプリなら、毎日しっかり継続していれば、十分な効果を得ることが出来ますが、より高い効果や、早い効果が欲しければ、サプリを継続しながら年に数回、無理のないペースで、プラセンタ注射の併用を考えてみても良いでしょう。


しかし、プラセンタ注射を選ぶ場合、副作用などのデメリットもしっかりと知っておく必要があります。


医療機関でプラセンタ注射を受けた場合は、感染症予防の観点から献血を行うことは一切できません。万が一、家族内で輸血を必要としていても、血液を分けるといったことはできませんので、このような緊急時のリスクをしっかりと把握してください。プラセンタ注射はホルモン分泌に作用するため、生理に影響があったり、一過性の拒絶反応や、別のサプリメントや薬との併用でアレルギー反応などが出ることもあります。

参照元:http://プラセンタとは.com/%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e9%81%b8%e3%81%b3%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88/



シミ・そばかすが消えた!プラセンタ実際の美白効果


プラセンタを実際に試してみた方の感想には、どんなものが多いのか、調べてみました。



プラセンタは多種多様な症状に効果を発揮する成分なので、利用者の感想もさまざまですが、早い人は飲みはじめ2日目から、何らかの効果を実感しています。


しかしその高い効果の反面、プラセンタで困った症状が出てしまったというケースもあります。メリットと同時にデメリットも把握しておきましょう。


嬉しい‼効果アリだった人の声


シミ・そばかすなどの肌の状態に関する感想では、黄色がかっていた肌が白くなり、透明感が出たなどの効果や、にきびや乾燥肌、毛穴の開きなどが改善し、クリームなどをあまりつけなくても、お肌が柔らかくスベスベしてしっとりしている、といったうるおい効果を実感したという声が多いです。


1ヶ月以上、長期で飲み続けているという方の中には、頬のたるみがなくなって小顔になった、シミが薄くなって薄化粧にたえられる肌になった、ほうれい線が薄くなり顔や首のシワが消えたなどの効果も出ているそうです。


また、健康面においても、血流が良くなって体の内側からポカポカするような感覚があったり、月経前症候群や生理痛・肩凝り・頭痛の改善がみられたり、よく眠れるようになり翌朝の体が軽く疲れにくくなった、髪がきれいになった等々、さまざまな嬉しい効果を実感しています。


残念‼効果ナシだった人の声


プラセンタの効果がなかった、というより、プラセンタによって嫌な効果が出て困ってしまったという感想もあります。多くの方が感じている「嫌な効果」が、汗や体臭、尿の臭いがきつくなった、ということです。


プラセンタは、プラセンタ純末が100mg以上で、配合量が多いほど効果が高まりますが、あまり配合量が多すぎても、自分で自分の体臭に気づくくらいの、ひどい獣臭に悩まされてしまうんですね。


配合量が多すぎるとニキビや吹き出物が出来たり、1日ずっと体が熱く、ボーっと眠くなったり生理周期の乱れや胸の張り、頭痛や胃痛などを引き起こしてしまうということもありますので、少量から始めて徐々に自分の摂取量の上限を見極めていくのがいいですね。



プラセンタに頼る前に出来るシミ・そばかす予防


プラセンタサプリは医薬品ではないので、薬嫌いの方でも抵抗なく試せますが、日常的に自分でシミ・そばかすが予防できるのなら、それにこしたことはありませんね。



プラセンタを飲む飲まないに関わらず、大切なのは正しいスキンケアをすること、しっかり睡眠をとること、ストレスを溜めないことです。規則正しい生活とバランスの取れた食事と、安定した精神状態は肌のターンオーバーを正常化してくれます。


結果、シミ・そばかすを予防してくれるのです。


紫外線はお肌の敵


紫外線を15分以上浴びると、メラニン色素を作る指令が出始めると言われています。驚くべきは、この15分というのが、一度に連続で15分ではない、ということです。


浴びた紫外線の量は足し算されていくため、ちょっとそこまで、たった5分のお出かけでも、3回続けば15分紫外線を浴びたことになるんです。


長時間の外出には紫外線対策に気をつけている人でも、朝の空気の入れ替えや、お洗濯にお買い物など、ちょっとだからとすっぴんで油断していると、あっという間に1~2時間の紫外線を浴びてしまいます。


また室内でも、窓越しの紫外線からいつの間にかダメージを受けてしまうこともあります。日焼け止めでしっかりと紫外線対策をして、必要以上の紫外線は浴びないようにしましょう。日焼け止めでかぶれてしまう人は、日傘や帽子、手袋も効果的です。


美白コスメでスキンケア


厚生労働省で認められている美白成分を配合した美白コスメには、肌の奥まで浸透してメラニンの生成を抑えたり、出来たシミなどを薄くする効果はないのですが、肌の表面で、肌に若々しさや透明感をもたらす働きをする成分もたくさん含まれています。


シミ・そばかす予防には、日頃のケアが大切です。コスメで消すのではなく、普段からお肌全体の健康を保つという意識で、なるべく浸透圧の高い美白コスメを使いていねいな保湿やスキンケアをしましょう。


出来てしまったシミ・そばかすには、定期的なピーリングがおすすめです。


マッサージで新陳代謝を促す


リンパや血液の流れが良くなり、新陳代謝が活発になると、ターンオーバーも良くなります。シミ・そばかすに効果的なリンパマッサージ顔ツボマッサージを毎日の習慣にして、たまったメラニン色素などを流してあげると肌の調子も整います。


また、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAなどを多く含む食事にも、新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを促進したり、活性酸素を除去し肌の老化を防ぐ効果があります。
マッサージによって代謝が良くなると、食事からの栄養も肌に届きやすくなります。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする