老眼の改善に効果がある視力回復トレーニングとは? |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

老眼の改善に効果がある視力回復トレーニングとは?

老眼は改善できる?回復方法はある?


老眼、老眼と聞くけれど、老眼のことをきちんと理解できていますか?



老眼とは「目のピント調節機能が低下していること」をいいます。簡単にいえば近くのものが見えづらいといった症状です。老眼と名がつく通り、加齢によって症状が表れ始めます。


老眼になるとなんだか恥ずかしいといった気持ちが湧きますよね。それを隠すのではなく、むしろ回復させるべくトレーニングを始めてみませんか?老眼は放っておくとさらに悪化します。放っておくよりもトレーニングして回復する方がいいですよね。


まずは老眼のことをよく知って、回復トレーニングをするための正しい知識をつけましょう!


早い人では30代半ばから起こり始める


老眼といえばおじいちゃんおばあちゃんというイメージが強いですが、早い人では30代半ばから40代にかけて起こり始める、誰にでもおこりうる目の老化現象です。眼の水晶体という部分が弾力を失い、調節機能が低下することで引き起こされます。


単に視力が悪くなるだけでなく、読書後に肩こりや疲れ目・頭痛といった症状がでる場合も老眼を発症している可能性が高いです。自分は若いからといって油断していると、知らない間に老眼になり、あっという間に視力が低下します。


デスクワークが多い、スマホをよく使う人などは特に老眼になるのが早い傾向にあるので注意が必要です。


一般的には老眼鏡をかけて視力を補正する


老眼になると、一般的には老眼鏡をかけて視力を補正し、近くのものを見えるようにします。しかし何の対策もしないでいると、眼精疲労の他にも肩こりや頭痛、吐き気などのさまざまな症状を引き起こします。


こんな症状は要注意!老眼の初期症状

  • 目がかすむ
  • 目の疲れ
  • (目を酷使したあとの)肩こりや頭痛、吐き気
  • 近くの小さい字が見えにくい
  • 近くのものにピントが合わない
  • 近くのものより遠くのものの方が良く見える

こうした症状があれば老眼を疑ってみましょう。また老眼だと発覚したなら回復トレーニングを行ったり、老眼鏡をつけてこれ以上悪化させないように気をつけましょう。


視力に関係ないスマホ老眼!改善できる?


スマホが普及したことによって、長時間のスマホ操作をする人が増えましたよね。特に若者は1日中スマホを手放さないという人もいるくらいで、スマホによる健康被害が喚起されることもあります。



さて、実はこの「スマホ」も老眼に関わっていると知っていますか?長時間にわたりスマホを使用していると、近くの画面にピントが合ったままになるので元に戻るのに時間がかかります。


スマホからふと顔を上げると、一瞬遠くがぼやけてみえたり、目がかすんで見えづらいと感じることはありませんか?こうした症状があるなら「スマホ老眼」の可能性があります。


スマホ老眼は視力の良し悪しに関係なく引き起こされるので、スマホを長時間見続けている人はとくに注意しましょう。


繰り返すうちに重篤化することも


スマホ老眼は長時間のスマホ操作によって目を酷使することで引き起ります。休みの日などについついスマホをいじり過ぎてしまい、夕方になると目が疲れたりピントが合わないといった症状が表れます。


殆どのものが一時的な症状ですが、これを繰り返していると老眼を早める危険性があります。スマホの見過ぎは視力の低下にもつながるので、目が疲れる前に休憩を挟んだり、遠くを見るようにして目を休めるようにしましょう。


パソコンよりスマホのほうが危険!


スマホと同じようなパソコンも危険が大きいのでは?と不安に思いますよね。


ですがパソコンに比べてスマホは画面も文字も小さいので、近い距離で凝視することで眼への負担を大きくしてしまいます。寝る前に暗い部屋でスマホをいじっている場合も、強い光により眼の虹彩筋に大きな負担をかけるので良くありません。


スマホはとても便利なものですが、使い方を誤ると眼への負担がとても大きいので長時間の操作や至近距離での凝視は避けるようにしましょう。



老眼改善のトレーニング方法


老眼改善のトレーニングについてはさまざまな研究がされています。明確に効果がある、と証明されているわけではありませんが、アメリカの大学で行われた実験からは「目をトレーニングすることで眼の症状を改善させる効果が期待できる」という結果がでています。



しかし効果を信じて行うのとやらないのとでは結果も違います。ここは老眼を改善させるべくトレーニングを繰り返してみましょう!


どこでもできる!眼球のエクササイズ


まずはどこでもできる眼球のエクササイズです。目を上下左右にゆっくりと5秒ほどかけて動かし、目をぐるりと一周回すようにします。一点を見つめていた眼をぐるりと回すことで運動させましょう。


ただし急に動かしたり、速度をつけすぎると逆に眼球に負担をかけます。そのためゆっくりと行うのがポイントで、目を回すときは時計回りでも半時計周りでもどちらでも構いません。


また目頭の骨の部分にあるツボを押すのも眼精疲労解消効果があるので、眼の疲れを感じたときにはいっしょにツボ押ししてみましょう。


毛様体筋のストレッチでピント機能を回復


次に毛様体筋のストレッチです。

  1. まず親指を立てて腕を伸ばします
  2. 親指にピントを合わせてしっかりと見つめる
  3. 次に遠くにあるものに視線を動かす
  4. 再度親指に視線を戻す
  5. 30回くらい繰り返す

これだけの動作で眼のピント機能を回復させる効果が期待できます。1日5分でも良いので、時間を見つけて行ってみましょう!



メガネのかけ方も大切!老眼改善


メガネをつけていると色々な噂を耳にしますよね。例えば「メガネをかけたり外したりするのは視力が悪くなる」などです。しかし、近くが裸眼で楽に見えているなら、近くを見る時にはメガネを外すなどした方が視力や老眼改善には良いといわれています。



つまりメガネをかけてものを見る時に、裸眼よりもつらいと感じるなら楽な方法を取った方が結局は目の為なんです。その時々に合った使い方をした方が、メガネによる眼精疲労も引き起こさないので、メガネのかけ方にも注意しておきましょう。


メガネを長時間つけていると眼精疲労や肩こりを引き起こすので、スマホ老眼同様に、適度に目を休ませるようにしましょう。



100均の老眼鏡で老眼改善?


眼をクルクル回す、遠くの景色を見てから近くの景色を見るなどのトレーニングをすると老眼を改善させる効果がありますが、100均で売られている老眼鏡を使うのも老眼改善には役立ちます。



100円だと効果がなさそう…と思ってしまうかもしれませんが、本が出ているほど効果があると人気の方法です。今では100均で手軽に老眼鏡を変えるようになっているので、老眼改善をしたいなら100均に寄ったついでに買ってきましょう!


「ピンホールメガネ」をかけてテレビを見るだけ


ピンホールメガネとは通常のメガネというよりも、アイマスクに似たような形をしています。


ピンホールメガネは真ん中に小さな穴が空いているメガネで、この小さな穴から見ることによって絞りの役割を持つ「紅彩筋」を鍛え、オートフォーカス機能を持っている「毛様体筋」を休めることができます。


またピンホールメガネは視力アップをしたいときにも活用できるアイテムです。小さな穴から見ることで脳にものを見たという刺激を与えるので脳内の視力アップにつながります。老眼を改善し視力もアップするピンホールメガネは優秀メガネです。見かけたら買ってみましょう!


度数2度の老眼鏡をかけて少し遠くを見るだけ


老眼鏡といっても、みんな同じ度数というわけではありません。一般的にものを見やすくするためには自分に合った度数を選びますが、老眼改善には度数+2の老眼鏡を使います。5分~10分くらい1~3m先を見るだけの簡単な方法で毛様体筋をリラックスさせることができます。


+2度もする老眼鏡をつけると、当然視界はぼんやりとします。しかしそのぼんやりとしたまま1~3m先を見るのがこの方法のポイントです。毎日続けると、次第にピント調節機能がアップしてきて老眼も改善します。


老眼を回復させたいときは+2度、普通に近くのものを見えやすくするには自分に合った老眼鏡を使い分け、老眼回復を目指しましょう!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする