この記事が気に入ったらシェアしよう!

女性の薄毛対策でいますぐできる方法!原因からみる薄毛予防や治るまでを解説

原因から知る女性の薄毛対策


年齢とともにトラブルを感じる髪の毛ですが、薄毛の原因は加齢だけではありません。



女性の薄毛の原因は年齢以外にもさまざまな要因によって引き起こされます。まずは自分の薄毛の原因についてしっかりと考えてみましょう。


ストレスや生活習慣、食生活の乱れ


ストレスや生活習慣、食生活の乱れは体だけではなく、髪の毛や頭皮にも悪影響を及ぼします。


ストレスで円形脱毛症になってしまう人がいるように、ストレスと髪の関係は深いのですがストレスを感じると血行不良となり髪の毛に栄養がいかないといったトラブルも起こってしまいます。


また、寝ている間に分泌される成長ホルモンは、髪の毛を修復したり成長させるためには不可欠です。質の悪い睡眠しか取れていないと抜け毛や白髪、枝毛などのトラブルを抱えてしまうこともあります。


美容や健康だけではなく、髪の健康にはバランスのとれた食事や、睡眠、心の健康を保つということはとても大切なんですね。


ホルモンバランスの乱れからのエストロゲンの減少


女性ホルモンのバランスが乱れても抜け毛や薄毛の原因になります。出産後の女性の髪の毛が薄くなるのも、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少しているためです。


女性ホルモンは肌や頭皮を若々しく保つといった機能もあるのですが、更年期障害やストレスによっても女性ホルモンが減少してしまいます。


間違ったヘアケアや牽引など原因はさまざま

 

ヘアカラーやパーマを繰り返していると頭皮や髪の毛に負担がかってしまい薄毛や抜け毛の原因となってしまうこともあります。また、洗髪方法が正しくなかったり、頭皮に合わないヘアケア剤を使用することは地肌への負担を強めてしまいます。



今すぐできる女性の薄毛対策


女性の薄毛の原因は加齢以外にもあるということが分かりましたが、日常生活でできる薄毛対策にはどのようなものがあるのでしょうか。



毎日の生活の中で取り入れたい薄毛予防法について紹介していきます。


バランスの良い食事や規則正しい生活


まずはやはりバランスのとれた食生活を心がけるということが大切です。髪の毛はケラチンというたんぱく質の一種により構成されているので、良質のたんぱく質をしっかりとり、髪の毛に良いといわれているミネラルやビタミンも積極的に摂取しましょう。


正しい頭皮ケアや日焼け対策


毎日している洗髪方法にもしっかりと気を配りましょう。頭皮を傷つけないように、指のお腹で優しく地肌を洗うようにしてください。しっかりとシャンプーを洗い流し、トリートメントは毛穴をつまらせてしまうため、頭皮につけないように注意しましょう。


顔や体の紫外線対策だけではなく、頭皮にも日焼け対策が必要です。髪の毛は黒く熱を集めてしまうために、太陽光によるトラブルを感じやすい場所です。帽子を被ったり、髪の毛の分け目には日焼け止めを塗るといった対策をしてみましょう。


女性ホルモンを補う


女性はライフステージによってホルモンのバランスが崩れやすいために、ホルモンバランスを整えるというのが大切です。規則正しい生活やストレスをためないといった方法から、大豆食品も積極的に活用しましょう。


地肌の状態を確認したり髪型を変える 


現在のシャンプーが頭皮に合っているのか、まずは確かめてみましょう。


白髪 生え際

お肌のトラブルよりも気がつきにくい頭皮の状態をしっかりとチェックして、フケやかゆみ、赤みがないのか確認してみましょう。また、同じ髪型をしていると分け目が目立つことがあります。


同じ分け目を続けていると、その部分に紫外線が当たりやすくなりますので定期的に分け目を変えるといった対策をしましょう。



女性の薄毛対策1:髪型を変える


美容院に行って髪を切る時には、前と違ったヘアスタイルにするのもおすすめです。



また、毎日のヘアセットでも、髪の負担を減らしてみたり薄毛をカバーしてみましょう。


分け目を変えたりカチューシャやヘアバンド使用


ヘアセットの時には分け目を変えて同じところに負担を掛けないようにしてみましょう。特に髪の長い女性は分け目に負担がかかりやすいため、注意しましょう。薄毛が気になる場合は、カチューシャやヘアバンドを使ってカバーするのもおすすめです。


薄毛をカバーするにはトップにボリュームのあるショートヘアがベスト


薄毛が気になる人におすすめの髪型はずばり、ショートヘアーです。ロングヘアーは髪の毛の重みでボリュームを出しにくいため、薄毛が気になる人はショートヘアにしてみてはいかがでしょうか。


  

女性の薄毛対策2:シャンプーで改善


シャンプーによっては育毛効果があるものや髪に優しい洗浄成分が含まれているものもあります。



髪を毎日洗う人が多いと思いますが、正しいシャンプー方法を実践し成分にもこだわってみましょう。


正しいシャンプー方法を知り、洗い過ぎない事


洗浄力が強いシャンプーを使っていると、必要な皮脂まで洗い流していることもあります。髪の毛の洗いすぎには注意し、洗髪後はドライヤーでしっかりと髪乾かすと寝ている間の摩擦から髪の毛を守ることができます。


アミノ酸系の成分表示が前に出ているものを選び、最低3か月試す


アミノ酸系シャンプーは肌への負担が少なく、優しい洗浄力であるためおすすめです。天然由来のアミノ酸系シャンプーは、地肌や髪の乾燥を防ぎ、頭皮環境を整えてくれます。シャンプーの効果を実感するには、新しいシャンプーにしてから約3か月ほどの時間が必要です。


頭皮にトラブルが起きないようなら最低3か月は試して、地肌や髪の様子を確認してみましょう。



女性の薄毛対策3:食べ物やサプリで改善


毎日の食事に髪に良いといわれる栄養素をたっぷり含んだメニューを取り入れてみましょう。


大豆イソフラボン

また外食が多い人は、サプリメントで栄養を補うのも良いでしょう。薄毛が気になる人はぜひ取り入れたい栄養素について紹介していきます。


女性ホルモンを補う大豆製品やイソフラボン


女性ホルモンを整えるためには、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取するのがおすすめです。大豆イソフラボンは1日に40〜50mgの摂取が推奨されていますが、納豆1パックや豆乳飲料125mlで簡単に摂ることができます。


美容だけではなく、骨粗しょう症にも良いといわれているため毎日取り入れてみましょう。


亜鉛を含む魚介類やナッツ類、海藻


髪に良いといわれている亜鉛は、魚介類やナッツ、海藻などに含まれています。ココアや豚レバーにも含まれているので、食事に取り入れてみましょう。大麦や玄米にも亜鉛が含まれているため、雑穀米を食べるのもおすすめです。


コラーゲンを含む手羽先やうなぎ


お肌に良いといわれているコラーゲンですが、髪の毛を作り出す毛母細胞や毛乳頭を刺激し太い髪を作ってくれるといわれています。コラーゲンが含まれている食材は、手羽先や、うなぎといった食材です。


たんぱく質が多い肉類や卵


髪の毛を構成しているケラチンを生成するにはたんぱく質が欠かせません。たんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、アミノ酸からケラチンを生成しています。まずはタンパク質が豊富に含まれている肉類や卵を積極的に摂るようにしましょう。


髪の毛の健康を考えるのなら、タンパク質を分解するために必要なビタミンBや、アミノ酸からケラチンを作るために必要な亜鉛も一緒に摂るのがおすすめです。


育毛サプリや成長因子のあるプラセンタサプリ


プロセンタには、男性ホルモンの分泌を抑えたりストレスを抑制する働きがあるために薄毛にも効果があるといわれています。保湿や血行促進といった作用もあり、頭皮の状態を良くするためサプリメントや注射といった方法が薄毛に用いられることもあります。



30代、40代、50代の女性の薄毛対策は進行前兆にも注意


年齢によっても薄毛の悩みや自覚症状には違いがあります。



年齢別に気をつけたい薄毛の前兆について紹介していきます。


髪のうねりや乾燥性のフケ


30代になると、徐々に年齢的な悩みが増えてきますが髪の質が変わったと感じる人が多いようです。頭皮も皮膚と同じようにたるむことがあるのですが、皮膚がたるむと毛穴の形が変わってしまい髪のうねりの原因になってしまいます


また、頭皮の皮脂量が減って髪の乾燥を感じるようになれば、注意が必要です。40代では、髪にボリュームがないといった自覚症状を持つ人が多く、50代になると、髪の毛が成長する期間が短くなり抜け毛が多くなったり、髪の毛のハリやコシも気になり始めます。


髪が痩せたり頭皮がひりひりする


髪の毛が痩せてしまったり、枝毛が増えるといった症状は頭皮にトラブルを抱えているからかもしれません。頭皮がひりひりすると感じる時は血行不良やアレルギーを引き起こしているといった可能性が考えられます


これらはすべて薄毛の原因となるので、毎日のヘアケアについても見直してみましょう。



薄毛対策で女性の髪と頭皮を健康に


第一印象を左右する髪については悩みも多いですが、毎日の生活を工夫することで薄毛対策や予防をすることが可能です。



バランスのとれた食事や規則正しい生活に加えて、シャンプーの成分を確認したり、洗髪方法や髪型を工夫するといった方法も試してみましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする