この記事が気に入ったらシェアしよう!

おすすめのビタミンC誘導体appsベスト7!美白やニキビに効く化粧水ランキング

ビタミンC誘導体の進化形apps(アプレシエ)とは?


ビタミンC誘導体には、水溶性や油溶性、その両方の性質を兼ね揃えたものなどいくつかの種類が存在します。



まずは、ビタミンC誘導体の進化形であるapps(アプレシエ)についてしっかりと紹介していきます。


旧式ビタミンC誘導体のデメリット


旧式のビタミンC誘導体は水溶性と油溶性の2種類です。水溶性はすぐに蒸発し乾燥しやすいといったデメリットがありました。また、油溶性のビタミンC誘導体は、浸透しにくくべたべたするといった使用感が気になる人も多いようです。


水溶性ビタミンC誘導体はその特徴から、化粧水に配合されていることが多く、油溶性ビタミンC誘導体はクリームによく配合されています。


ビタミンC導入体に+


進化形ビタミンC誘導体のappsは、水溶性ビタミンC誘導体にパルミチン酸を配合したもので、旧型ビタミンC誘導体のデメリットを改善した成分です。パルミチン酸とは飽和脂肪酸であり皮脂と馴染みやすいといった特徴があります。


早い・高い・高品質


appsはお肌への浸透力が旧型と比べると約100倍ほどと高く、化粧水やクリームといった多くの化粧品に配合することができ値段も割高です。


表示成分には、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと書かれているapps。高価な成分ではありますが、アンチエイジングの効果も期待できるためお肌にしっかりと美容成分を届けたい人におすすめです。



ビタミンC誘導体appsの注意点・乾燥やデメリット


進化形のビタミンC誘導体であるappsは、少し乾燥しやすいといった特徴があります。



成分が不安定なためすべての化粧品にいえることですが、直射日光の当たる高温多湿の場所に置くのはやめておいた方が良さそうです。



ビタミンC誘導体とapps効果の違いを比較


美白化粧品に配合されることが多い成分ですが、ビタミンC誘導体とapps効果の違いを比較していきます。



どちらともシミくすみを改善


ビタミンC誘導体にはどちらもシミやくすみを改善する効果があります。メラニン色素を還元したり、メラニン色素が生成されるのを抑える働きがあるため肌のトーンを明るくしてくれます。


appsはシワやたるみを改善し低刺激


appsにはシワやたるみを改善するといった効果が期待できるため、アンチエイジングにも役立ちます。


肌の奥に浸透するアプレシエ®は、真皮内で発生する活性酸素を除去し、シワの原因となるコラーゲンへのダメージに効果を発揮します。


参照元:http://www.sdk.co.jp/products/43/58/1147/detail.html


また刺激が少なく、敏感肌の人にも取り入れやすい成分です。



ビタミンC誘導体(apps)化粧水おすすめランキング


アンチエイジング効果や、浸透力の高さから人気が高いappsですが、おすすめの化粧水をランキング形式で紹介していきます。



1位 高濃度のapps配合「VCエッセンスローション」


ドクターシーラボのVCエッセンスローションは、同社の従来の商品と比べて、高濃度200%のappsを配合しています。富山湾の海のミネラル水が使用されており、よりお肌への浸透力が高められています。


また、年齢を感じる肌に嬉しいコラーゲンやヒアルロン酸といったうるおい成分もしっかりと配合。グレープフルーツとオレンジ由来の精油が配合されており、爽やかな使用感です。150mL 5076円(税込)


公式HP:http://www.ci-labo.com/shopping/product/00033744/


2位 エステ使用「VCエッセンシャルローション」


進化型ビタミンC誘導体APPSと脂溶性・水溶性ビタミンの3つのビタミンC誘導体が含まれているのがスキンプロのVCエッセンシャルローションです。エステでも使用されており、イオン導入液としても使用できます。150ml 4104円(税込み)


3位 乾燥肌の方へ浸透力◎「エッセスウォーター」


ティンタウニータのエッセンスウォーターは、appsのほかにも海藻や植物エキスといった天然由来の成分も配合されています。セージや、マリーゴールドが優しくお肌に潤いを与えます。トライアルサイズも用意されており、試しやすい商品です。150mL 6000円(税抜)


公式HP:http://www.tintaunita.jp/product/skincare/detail.php?id=10


4位 鮮度が命「エンリッチローション」


まるで美容液のようなしっかりとした潤いが期待できるのがナリスのエンリッチローションです。appsは安定しにくい成分ですが、二層式になっているために新鮮な状態でappsをお肌に届けることができます。80mL+パウダー(約1ヵ月分)価格:2800 円(税抜)


公式HP:http://www.cycleplus.jp/lineup/lotion.html


5位 ニキビ肌へ「シーバルコントロールVCローション」


appsと水溶性ビタミンC誘導体の2つの成分が入っているのが、プリモディーネのシーバルコントロールVCローションです。無添加にこだわっており、パラベンやフェノキシエタノールを使用していません。VCローション5ml×3本 1000円(税別)


公式HP:http://primoordine.secret.jp/


6位 敏感肌も優しく美白「マジメなシリーズ化粧水」


製薬会社である水橋保寿堂製薬株式会社が作っている化粧水が、マジメなシリーズ化粧水です。appsの他にもヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンといったお肌に潤いを与える成分もしっかりと配合されています。


肌のバリア機能を高めるポリグルタミンも配合されているため、敏感肌にも優しい商品です。200ml1700円(税別)


公式HP:http://shop.484364.com/products/cosmetics/majime/index.html


7位 an・anで紹介された「VC200」


appsよりさらに浸透力の高いVC200が配合された化粧水が、SIBODYのVC200です。ニキビ跡や毛穴のケアにもおすすめで、雑誌にも多く取り上げられています。ニキビに有効性のある植物由来の成分も配合されており、お肌に優しい設計です。


VCスターターセット(化粧水20ml 薬用美容液8ml 2g×7 )1800円(税別)


公式HP:https://www.sibody.co.jp/campaign/vc_starter.html

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする