この記事が気に入ったらシェアしよう!

やっぱりヤクルト? シロタ株乳酸菌の恐るべし効能の数々!

乳酸菌シロタ株とは


乳酸菌シロタ株とは、1930年(昭和5年)に微生物研究を手がけた代田稔医学博士によって発見されました。



胃液など酸性の消化液にも負けず、生きて腸まで届く乳酸菌の培養に成功し、人々の健康に役立つ、乳酸菌シロタ株(L・カゼイYIT9029)が誕生ました。


生きたまま腸に届く


乳酸菌のほとんどは、口から摂取されると胃酸や胆汁に負けて死んでしまいます。しかし乳酸菌シロタ株は酸に強く、生きたまま腸に届き、栄養分の消化吸収を担っている小腸で良いはたらきをします。


ビフィズス菌を増やし、大腸菌を減らす


乳酸菌シロタ株は、摂取するともともと腸内にいる善玉菌であるビフィズス菌を増やし、悪玉菌である大腸菌群を減少させます。



乳酸菌シロタ株の主な効果・効能


私たちの腸にはおよそ100種類、約100兆個もの腸内細菌がいます。その中で乳酸菌は体に良いはたらきをする善玉菌の代表です。



ヤクルトに含まれているので「ヤクルト菌」ともいわれる乳酸菌シロタ株ですが、私たちの体にどのように影響するのでしょうか。


腸内環境改善


シロタ株は、生きて腸まで届きます。腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑えて、腸のバランスを整えてくれます。腸内フローラの状態を改善するので、特に便秘の改善に効果的です。


また、便そのものの質も改善しますので、下痢で悩んでいる方にもおすすめの乳酸菌です。


免疫力強化


免疫細胞(NK細胞)は20代までは増加していきますが、その後は年を重ねるごとに減少してしまいます。免疫力が低下するとさまざまな病気にかかりやすくなります。シロタ株は、低下した免疫細胞の活動を活性化します。


乳酸菌シロタ株は花粉症などアレルギー症状を緩和する


私たちの体には外部から病原菌が侵入してきたときに攻撃できるように、免疫システムがあります。しかし腸内環境やストレス、不規則な生活などで免疫システムのバランスが崩れると、免疫の過剰反応が引き起こり、アレルギー症状が出ます。



花粉症・アトピー・気管支ぜんそく・食物アレルギーは免疫ブログリン(IgE)が原因で起こるアレルギーですが、乳酸菌シロタ株は、このアレルギー症状を軽減し、IgEの生産を抑えるという研究発表があります。


最近の研究からアレルギー疾患と腸内細菌との関連が示され、プロバイオティクスに対する期待が高まっています。

参照元:http://www.yakult.co.jp/institute/report/science_no5.html



乳酸菌シロタ株はインフルエンザ感染対策に効果あり


免疫システムの多くを腸が担っています。乳酸菌シロタ株を摂取して腸内環境が整うと、腸が免疫細胞を作り出し免疫力を高めます。また、NK細胞も活性化して侵入してきたウィルスを撃退するので、インフルエンザ予防効果が期待できます。



しかしシロタ株を摂取さえすればインフルエンザを予防できるわけではありません。乳酸菌シロタ株を毎日忘れずに摂取すると共に、乳酸菌がより活躍できるようバランスの良い食事や良い睡眠を取るなど生活習慣に気をつけるのも大切です。


インフルエンザ流行の季節は外出をなるべく控えるなどして予防を行っていきましょう。



乳酸菌シロタ株は大腸がんや乳がんにも作用する


乳酸菌シロタ株はがん予防にも有効とされています。これは乳酸菌シロタ株が腸内環境を整えて免疫力を向上させ、NK細胞を強化するはたらきがあるからです。



腸内の乳酸菌が発がん物質に吸着して体外に排出し、活性化したNK細胞ががん細胞を攻撃するので、シロタ株はがんを抑制する力があるのです。また、女性の発症率が高い乳がんについては下記のような研究データ報告があります。


乳がん予防と乳酸菌シロタ株・ヤクルトサイエンスレポート
http://www.yakult.co.jp/institute/report/pdf/science_No19.pdf


この報告では、乳がんにならなかった人は乳酸菌シロタ株を週に4回以上摂取していて、発症リスクが摂取していない人に比べて35%も低いことが分かりました。


さらに女性ホルモンと似たはたらきをする大豆イソフラボン(納豆など大豆食品)と同時に乳酸菌シロタ株を摂取すると、摂取してない人と比べて発症リスクが64%低いとの結果も出ています。


体の免疫は加齢だけでなく、ストレスや腸内環境の悪化によっても低下していきます。ストレスを溜めすぎない生活は大切です。過ごしやすい生活環境を整えつつ、乳酸菌シロタ株の摂取を取り入れてみて、がん発症のリスクを少しでも軽減する生活を心がけてみましょう。



乳酸菌シロタ株の効果的な摂取方法


乳酸菌シロタ株には、さまざまな効果や効能がありますが、どのようなタイミングで摂取するのが効果的なのか気になるのではないでしょうか。



一番健康効果が期待できるシロタ株の摂取方法をご紹介します。


食後に摂取する


乳酸菌シロタ株は胃酸や胆汁に負けない乳酸菌ですが、さらに腸へ到達する確率を高めるためには食事で胃液が薄まった「食後」のタイミングに摂取するのがおすすめです。


毎日こつこつ摂取する


乳酸菌はずっと腸内にとどまることができません。シロタ株は生きて腸まで到達しますが、便と共に排出されてしまうので、腸内を善玉菌優勢な環境に保つためにはシロタ株を毎日摂取しましょう。



乳酸菌シロタ株を一番多く含むのはヤクルト


乳酸菌シロタ株といえばヤクルトに含まれています。この乳酸菌シロタ株というのは、ヤクルトの代田博士が開発したので、ヤクルト独自の乳酸菌です。



ヤクルトはスーパーやコンビニなどで販売されているものや、ヤクルトレディーの宅配によって購入できるものがあります。


◆シロタ株がおよそ100~200億個の商品

  • Newヤクルト・・・特定保健用食品
  • Newヤクルトカロリーハーフ・・・Newヤクルトに比べ糖質・カロリー50%カット
  • ヤクルト ゴールド・・・グルコサミン・ローヤルゼリー・カルシウム・ビタミンC、D配合で酸味と甘味を控えたマイルドな風味


◆シロタ株が300億個の商品

  • ヤクルト Ace(エース)・・・特定保健用食品・ビタミンC、D・ガラクトオリゴ糖2.5g配合
  • セブンイレブン限定販売 毎日飲むヤクルト・・・甘さ控えめ脂肪ゼロのヤクルト
  • ヤクルト ソイ α(アルファ)・・・シロタ株と大豆イソフラボンが配合されたヨーグルト風味の飲料・脂肪ゼロでカロリーを気にする方に


◆シロタ株が400億個の商品(特定保健用食品)

  • ヤクルト400・・・宅配専用商品
  • ヤクルト400LT・・・ヤクルト400よりもカロリーが30%オフ・宅配専用商品



乳酸菌シロタ株を多く含むヨーグルト


乳酸菌シロタ株を含む商品はヤクルトだけでなく、ヨーグルトもあります。



◆シロタ株がおよそ10億個の商品

  • ソフール元気ヨーグルト・・・シロタ株6億個以上
  • ジョア(食べるタイプ)・・・シロタ株9億個以上
  • ソフール・・・シロタ株10億個以上
  • ジョア・・・シロタ株12.5億個以上

シロタ株は毎日摂取する必要がありますが、健康に良いと分かっていても飽きてしまう場合もあるでしょう。楽しく続けるためにシロタ株を含む商品をいくつかご紹介します。


ソフール元気ヨーグルト


貧血が気になる方に、鉄分を強化したシロタ株のヨーグルトです。


◆ソフール元気ヨーグルト・・・シロタ株6億個以上・低脂肪でさっぱりとしたミルク風味の滑らかなヨーグルト・鉄分、カルシウム配合



ジョア


ジョアには飲むヨーグルトタイプと食べるタイプがあります。いろいろな味があるので、毎日飽きずに続けられるでしょう。


◆ジョアプレーン(飲むヨーグルト)・・・シロタ株12.5億個以上
特定保健用食品・乳酸菌シロタ株以外にもビタミンDとカルシウムも配合。


◆ジョアストロベリー(飲むヨーグルト)・・・シロタ株配合・ジョアの中でも人気が高いストロベリー味。ビタミンDとカルシウムを配合


◆ジョアブルーベリー(飲むヨーグルト)・・・シロタ株配合・ビタミンDとカルシウムを配合


◆ジョアマスカット(飲むヨーグルト)・・・シロタ株配合・栄養機能食品・プレーンよりカロリー45%カット・ビタミンDとカルシウムを配合


◆ジョアアロエ(食べるタイプ)・・・シロタ株9億個以上・なめらかなソフトヨーグルト


◆ジョアブルーベリー(食べるタイプ)・・・シロタ株9億個以上・なめらかなソフトヨーグルト



ヤクルトの乳酸菌シロタ株にはたくさんの効果・効能がある


ここまで乳酸菌シロタ株のたくさんの効果と効能ご紹介してきました。



シロタ株の含まれた商品は「特定保健用食品」として消費者庁認可のものもあり、風味や舌触りなども自分好みのものが選べます。年代を問わず健康的な生活を送るために、ぜひ乳酸菌シロタ株を取り入れた食生活を試してみてください。


◆乳酸菌シロタ株のはたらき

  • 腸内環境を整え、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす作用
  • 腸内フローラの活動を活発にして、便の質の改善・便秘予防や改善する作用
  • 免疫細胞(NK細胞)を活性化し、アレルギー予防、改善
  • 免疫力を高め抵抗力を強め、感染症予防・インフルエンザ対策・乳がん、大腸がん予防

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする