この記事が気に入ったらシェアしよう!

【30代女性】白髪が増えたと思ったら。白髪の原因とこれからできる対策・髪型まとめ

30代で白髪が増えた?原因はある?

40代女性 白髪

平均的に30代半ばから増え始める白髪。女性の場合平均35歳から出始め、50代では髪の毛の半分が白髪になると言われています。老化によってメラニンを作り出す細胞の働きが衰えることが主な原因ですが、年齢が若いうちから白髪が増えたという方には老化以外の原因が考えられます。


遺伝で増えている


白髪と遺伝の関連性において、医学的に証明されているわけではありません。しかし、色素に関しては遺伝すると言われています。肌や髪の色は親に似ますよね。また、シミやそばかすなども色素細胞によるものですがこれも遺伝性が強いです。同じように色素細胞の働きによって発生する白髪も遺伝的要素が強いのではないかと考えられています。


ストレスが多い


髪の毛のトラブルはストレスが原因の場合も多いです。円形脱毛症などもそうですよね。白髪に関しても例外ではなく、髪の毛を黒くしてくれているメラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞は大変ストレスに弱い性質をもっています。ストレスがかかると正常な働きが出来なくなり、30代前半であっても白髪が出てきてしまうことがあります。


過度のダイエット


過度なダイエットにより髪の毛に必要な栄養素が不足すると白髪が増えてしまいます。年齢の割に白髪が多いと感じている方は生活習慣を改めましょう。健康な髪の毛を保つためにはミネラルやアミノ酸、ビタミンをしっかりと摂ることが大切です。


妊娠と出産


妊娠中や産後に白髪が増えたという女性は多いです。これは、妊娠・出産により大幅に崩れたホルモンバランスの影響でメラノサイトが衰えてしまうことが原因です。また、妊娠中の女性は胎児に栄養をとられますし、産後の女性は授乳で栄養を分け与えますので、髪の毛が栄養不足になりやすいのです。



年齢のせい?30代の白髪は生活習慣から


白髪が増えたと悩む30代女性は多いですが、日々の生活習慣が白髪を増やすことに繋がっている場合も多いです。白髪を増やさない対策として、規則正しい生活を送ることはとても大切です。また、女性の白髪の場合ホルモンバランスの影響も受けやすいです。


喫煙習慣


髪の毛を黒くするメラノサイトが活発に働くためには栄養が必要です。この栄養を運んでくれるのが血液ですが、タバコには血管を縮める作用があり血行不良を起こしやすいです。そのため、タバコを吸っている人は髪の毛にまで栄養が届きにくくメラノサイトが正常に働けなくなってしまうため、白髪が出来やすいのです。


紫外線を浴びている


白髪の原因はメラニンが作られるメラノサイトの老化がですが、紫外線は細胞の老化を促進します。30代でシミや白髪が多いという人は紫外線対策を怠っている場合が多いです。特に頭皮は常に太陽の方にありますので、体の中でも一番紫外線のダメージを受けやすい部分なのです。


外食が多い


外食ってとってもおいしいですよね。でも、おいしいものには油がたっぷり含まれています。油を過剰に摂り過ぎると頭皮のにおいやテカリが気になるようになり、それが気になって髪の毛をしっかり洗うことにつながりますが、これも白髪を増やす原因です。汚れをしっかり落とせるシャンプーには化学成分が多く含まれていますので、頭皮にダメージを与えてしまいます。



30代女性の白髪対策!

ビオチン

白髪が増えた気がするけれど、まだ染めたくない・・・30代の女性では、白髪染めに抵抗のある人は多いでしょう。そんな方にカラーリング以外の対処法をメリット・デメリットと共に紹介します。


根元からカットする→すぐ生えてくる


白髪の量が多くなければ1本ずつ根元から切ってしまう方法もあります。毛根や髪にダメージを与えないので白髪の量が少ない30代にはおすすめの方法ですが、カットした白髪が1~2cmも伸びてくると髪の毛の間からピョコンと飛び出してしまうので逆に目立つようになってしまいます。髪の毛は1か月に1㎝伸びると言われていますのでマメなチェックが必要になりそうです。


白髪染めトリートメント→長持ちしない


使っていくうちに徐々に染まっていくヘアカラートリートメントは髪の表面をコーティングする形で白髪を染め上げるので髪の毛が痛む心配がありません。それどころかキューティクルを保護してくれる役割があり、艶のある綺麗な髪の毛になります。しかし、表面をコーティングしているだけですので使用をやめるとすぐに色落ちしてしまいます。


食べ物で改善→時間がかかる


30代とまだ若いうちの白髪であれば、白髪に効果的と言われるミネラル類や銅を含んだ食べ物を意識的に摂ることで白髪が改善されることがあります。しかし、効果が出るまで時間がかかりますし、人によっては全く効果が見られないこともあります。


ビオチンや亜鉛のサプリも評判良い


白髪を減らすためには髪に有効な栄養素を摂りいれることが大切です。たんぱく質を髪の毛に変えてくれる亜鉛や色素細胞の活性化を促し、健康的な髪の毛を維持するために必要なビオチンなどを含むサプリで、白髪が減ったという声も多いです。



30代で白髪カラー?染めたくない方へ

美容院の白髪染め

白髪を目立たなくするのに最もポピュラーなのが白髪染めですが、染めたくないという方も多いですよね。メリットももちろんあるのですが、デメリットも大きいです。


白髪染めは有害?


白髪染めに使われている成分の中には発がん性があると言われるオキシドールの30倍もの濃度の成分である過酸化水素アレルギーの原因といわれるジアミン系の成分が使われています。白髪染めは分子が小さいので毛穴の隙間から経皮毒として吸収されてしまいます。


費用と時間がかかる


人間の髪は月に1㎝は伸びると言われています。せっかく染めても1~2cmも伸びてくるとかなり目立ちますよね。そのため2~3か月に1回は染め直す必要が出てきますが、その分お金もかかります。また、カラーリングには最低30分はかかりますので時間をとられるのもデメリットです。

髪が痛みやすい


白髪を染め上げ、しっかりと定着させるために白髪染めは普通のカラー剤に比べるとかなり強い薬剤を使用しています。そのため、白髪染めを繰り返すと髪の毛の水分が失われ、艶がなくなりパサパサとした髪の毛になってしまいます。また、健康的な髪の毛にもダメージを与えますので白髪染めを行って一気に白髪が増えてしまうこともあります。



30代におすすめの白髪が目立たない髪型


白髪の量があまり多くないうちは髪型によってカバーすることもできます。白髪が重点的に生えている部位に分けて、おすすめの髪型を紹介します。


フロント・分け目に白髪が多いならショートカット!


フロントや分け目、生え際に白髪が多い人やボリューム不足に悩む方におすすめなのがショートカットです。前髪を後頭部の方から持ってきて厚めにして斜めに分けることで分け目に生えている白髪が目立ちにくいです。また、トップをふんわりと立たせることで生え際の白髪も目立ちにくくなります。


こめかみ周辺に白髪が多いならボブ!


こめかみ周辺に白髪が多い場合はこめかみが目立つようなショートスタイルはNG。顔周りをふんわりと包んでくれるボブヘアにすると表面の髪の毛でこめかみの白髪を隠すことができます。内側にくるんと巻くことで小顔効果も期待できますよ。ボブにぴったりの編み込みアレンジは内側に隠した白髪が表に出てきてしまい悪目だちしますので、やめておいた方がいいでしょう。


表面に白髪が多いならロングヘア!


表面の白髪が目立つ場合はミディアムかロングのパーマスタイルがおすすめ。パーマをかけることでセットもしやすくなりますし、ふんわりとボリュームアップさせることで白髪が目立ちにくくなります。また、白髪は光の反射の加減で目立ちにくくなるので下表面の白髪をパーマで散らすことによって光が乱反射し目立ちにくくなります。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする