この記事が気に入ったらシェアしよう!

【40代女性】白髪が多いけどどうすれば良い?おすすめの髪型・ヘアカラーと原因から考える対策まとめ

40代女性、白髪が多い原因は?


「老けて見える」大きな要因のひとつである白髪。表面的にはあまり目立たないけれど、ヘアアレンジをして髪の毛をかき上げると真っ白!という方も多いかと思います。


白髪

なぜ年々白髪が増えてしまうのでしょうか。そのメカニズムから対策まで、ご紹介していきます。


ホルモンバランスの崩れ


白髪の原因については、まだまだ解明されていない部分が多いのですが、原因のひとつとされているのがホルモンバランスの乱れ


40代は女性ホルモンのひとつ、エストロゲンが減少することにより、毛根で黒い色素を生成する細胞が衰えてしまうと言われています。


喫煙などの生活習慣


「喫煙」「乱れた食生活」も白髪を増やす原因のひとつです。特定の成分が直接白髪に影響する訳ではなく、一番影響すると言われているのが頭皮の血行不良です。


喫煙や脂っこい食事は毛細血管を収縮させるので、頭皮に栄養が十分に行き渡らなくなってしまいます。結果的に毛根の働きが鈍り、黒い色素の生成が行われなかったり、髪の毛自体が生えてこなくなったりすることも!


ストレスの影響


体内の細胞のうち、毛根で黒い色素(メラニン)を生成しているメラノサイト特にストレスに弱いと言われています。強い精神的ショックで一晩にして髪の毛が真っ白になってしまった、という現象は耳にしたことがあると思います。


また、ストレスは前述のホルモンバランスの乱れ頭皮の血行不良を招きますので、間接的にも白髪に影響を与えてしまうと言えるでしょう。


遺伝・加齢


とは言え、乱れた食生活や喫煙していても、白髪が少ない人も多いですよね。そん人は遺伝的に白髪になりにくい体質だと考えられます。科学的には解明されていませんが、メラノサイトの働き自体が遺伝しているとの事。


また、加齢によりメラノサイトはどうしても減少していってしまいます。現象スピードにはかなり個人差があるのですが、私たち40代は白髪が増えてしまう世代だと言えるでしょう。



40代で真っ白?メラニン色素が白髪の原因?


メラニン色素は皮膚のホクロやシミの原因としてもお馴染みで、髪の毛の黒さの原料となります。このメラニンを作っているメラノサイトが減少し、白髪が増えてしまうのです。


自律神経

メラニン、メラノサイトと白髪の関係、メカニズムについて、もう少し詳しく追っていきましょう。


「メラノサイト」が消失!?


白髪のメカニズムには2種類あり、メラノサイトがメラニンを作るのを一時休止するパターン。もう1つは完全にメラニンが作られなくなってしまったパターンです。


加齢により白髪が増えている場合は残念ながら毛根のメラノサイトが消失してしまい、メラニンが作られなくなっている事がほとんどです。メラノサイトが消失してしまうと、現在の医療では元に戻すことができません


白髪の8割が黒髪に戻らない


急激なストレスが加わった等、一時的な体調の変化だとメラノサイトが「休止」している可能性が高いですが、徐々に増えてきた白髪に関しては、毛穴がメラニンを生成できなくなっている場合がほとんどです。


一説では、白髪が生える毛穴の8割はもう黒い髪の毛が生えてこないと言われています。


睡眠不足にも注意


まれに髪の毛の一部だけ白くて、根元は黒い髪の毛がありますね。この髪の毛が生えている毛穴はメラノサイトが「休止」している可能性が高いです。これ以上メラノサイトを消失させないために、生活習慣を見直しましょう。


激務やイベントで疲れが溜まっていたり、日常的にストレスを感じていたりする場合はまず睡眠を見直して。忙しくても、ストレスが溜まっていても、ぐっすり眠るだけで劇的に改善する可能性があります。



白髪対策!40代女性お勧めの髪型


一度白髪になってしまうと、色素は元に戻らない確立の方が高いんですね。そろそろ白髪が気になり始めた方も、もう既に白髪染めが手放せない方も、私たち40代女性が取るべき白髪対策についてご紹介します。


ショートヘアがNO1!


ロングヘアで長い白髪が一すじ二すじ見えていると、一気に清潔感が無くなったり、老けて見える原因となります。まだまだ白髪の本数が少ない方や、白髪染めをしていて生え際が気になる方はショートヘアにしてしまうのがベスト!


多少の白髪があっても老けて見えることはなく、毛先に動きがある事で白髪をカモフラージュしてくれる効果があります。


ボブは厚めバングスがポイント


レイヤーを入れず毛先まで長さを揃えているボブは、ショートヘアに比べて毛先の動きが少なく、特に額の生え際の白髪が目立ちやすくなります。後頭部の白髪がまだまだ気にならない方は思い切って、バングスを厚めに作ってみましょう。


白髪を目立たなくするだけでなく、顔周りのシルエットもカバーできて、より若々しい印象になりますよ。


パーマもおすすめ


毛先に動きをもたせて白髪をカバーする、という観点から言うと、パーマをかけるのもおすすめです。パーマを当てると、髪の毛1本1本に多方面から光が当たります。白髪が多少あったとしても光の乱反射で目立たなくなりますよ。


ヘアカラーはブリーチなしを選ぼう


ブリーチとは、一度髪の毛の色素を抜いてしまう事。脱色すると髪の毛は非常に痛み、健康な黒髪の毛穴まで大ダメージを受けることになります。


白髪は元々髪の毛の色素がない状態から染めることになるのでブリーチは必要ありませんね。元の髪の毛と程遠い色に染めるのでなければ、ブリーチなしの白髪染めを選ぶようにしましょう。



40代に多い白髪の悩みはヘナカラーで解決


白髪染めを使用し始めると、伸びた白髪が気になってどうしても頻度が増えてしまいますね。こまめに白髪染めをし続けると、髪の毛が痛んでパサパサになったり、白髪染めの色素が抜けるのが早まってしまいます。


そんな時にオススメなのが天然由来のヘアカラー、ヘナです。最近私たち40代女性に人気が高まっているヘナカラーについて、詳しく追っていきましょう。


ヘナは熱帯の植物


ヘナは熱帯地方の植物で、葉を乾燥させ水で溶いた染料は古代よりボディーペイントや化粧に使われてきました。ヘアカラーも同様に、ヘナの葉の粉末を水で溶いて、髪の毛に塗ってしばらく時間を置くだけで自然に白髪染めができてしまうんです!


天然成分で優しい


ヘナカラーは100%天然由来。化学成分によって無理にキューティクルを開かないので、髪の毛や頭皮にダメージを与えずに髪の毛を染めることができます。


髪が健康になる


ヘナカラーは髪の毛の表面を色素がコーティングしてくれるタイプの染料です。髪の毛を日常のダメージ(乾燥や紫外線)から守ってくれるので、髪の毛が健康的に育ってくれます。


またヘナの色素には髪の毛のケラチンと結合して、痛んだ髪の毛を修復してくれる役割もあります。染めれば染めるほどダメージケアができるなんて魅力的ですよね。


デメリットは時間がかかる


ヘナはキューティクルを開かないため、染めるのに時間がかかってしまいます。髪の毛にヘナを乗せて30分~1時間が目安となるので、自宅でゆっくり染める時間があまりない方は美容院でヘナカラーをすることをオススメします。


独特の草の匂い


またヘナの葉は独特の草っぽい匂いがします。染めている時はもちろん、染めた後もふとした瞬間に気になる方が多いよう。対策としてはヘアオイルでカモフラージュしたり、濯ぐときに緑茶を使うという裏技もあるようです。



40代で染めたくない方へ、白髪の悩み対策


まだまだ白髪が少なかったり、髪の毛のダメージが気になる方は、染めたくないという気持ちが強いのではないでしょうか。そんなあなたに、白髪の根本的な対策法をご紹介します。


チロシン、ビタミンB12を摂取


チロシンはメラニンの元となる物質でかつおぶしや豆腐、チーズ等のたんぱく質に多く含まれます。また、メラニンを生成するメラノサイトを活性化する為にビタミンB12も積極的に摂りましょう。

ビタミンB12は魚介類や肉類、特に豚肉に多く含まれます。メラノサイトを活性化させるだけでなく、たんぱく質が髪の毛自体のもととなり、健康的な髪の毛を保つことができますよ。


【口コミ付き】白髪を予防・改善するサプリメントランキング!
サプリメントで白髪予防や改善は効果ある? 白髪予防? 「老けて見える」原因のひとつ、白髪に悩んでいませんか?特に40代を迎えてからは...

抗酸化作用のある食べ物を食べる


疲れやお肌の衰えの原因となる活性酸素ですが、実は白髪の原因にもなってしまいます。活性酸素がメラノサイトを攻撃することによって、メラニンが作られなくなってしまうのです。


増えすぎた活性酸素を除去するために、ビタミンアミノ酸を多く含む食品をバランスよく摂りましょう。カボチャ、ニンジン等の緑黄色野菜やアボカド、バナナ等の果物がおすすめです。


貧血も白髪の原因


「貧血になってから白髪が増えた」という声は良く聞かれます。鉄分不足等で血中のヘモグロビンが減少してしまう事によって、毛根に酸素が運ばれなくなり、髪の毛に元気が無くなってしまうのです。


白髪が増えてしまうだけでなく、髪の毛自体が細くなったり、パサついたりして髪の毛全体の印象が悪くなってしまいます。鉄分やビタミンCを多く含む食品を積極的に摂りましょう。


良質な睡眠を


いくら食生活に気を遣っていても、体の疲れは栄養分の代謝効率を悪くしてしまいます。日中摂取した栄養分を髪の毛だけでなく全身に行き渡らせるためにも、良く眠るようにしましょう。


メラノサイト消失の原因、ストレスの解消にもつながるので、生き生きとした髪の毛を取り戻すことができますよ。