この記事が気に入ったらシェアしよう!

バランスボールの効果と口コミ!ダイエットに効果的なトレーニング方法

バランスボールでダイエット!腹筋への効果は?


バランスボールといえば、大きなボールの上に乗って身体を鍛えるイメージがありますが、実はもともとケガをした人やリハビリ用として作られたボールなんです。バランスボールと場所さえあればいつでもエクササイズやトレーニングができます。



バランスボールは身体の体幹や腹筋などの筋肉を効果的に鍛えることができるので、たるんだお腹などのダイエットにも用いられます。バランスボールはただ座っているだけでも効果を得やすいので、身体の歪みが気になるときにでも座ってテレビを見てはどうでしょうか?


代謝が上がりダイエット効果が


バランスボールはインナーマッスルを効果的に鍛えることができます。インナーマッスルが鍛えられると自然に代謝があがるようになるので、脂肪を燃焼しやすい身体へと変化していきます。


代謝が上がればダイエットにも繋がるので、気軽に家でダイエットを始めたいときにバランスボールは最適です。


体のゆがみや腰痛を解消する


バランスボールの使い方は座るだけではありません。寝た状態でバランスボールに足を乗せれば腹筋や体幹を鍛えるエクササイズができます。


バランスボールの上でバランスを取るだけでなく、寝た状態でも使えるので本を読みながら、スマホを操作しながらでも身体を鍛えることができます。バランスボールは無理な体勢や長時間筋肉に負担を掛け続けるわけではないので、疲れにくいというメリットもあります。


姿勢の矯正などダイエット以外の目的でも使用できるので猫背などの姿勢の悪さに悩んでいるならバランスボールで体幹を鍛えると良いでしょう。


バランス良く筋肉を鍛える


バランスボールは身体の筋肉をバランスよく鍛えることができます。腹筋運動やスクワットでは限られた筋肉しか鍛えることができませんが、バランスボールはこれらの運動よりも身体全体を鍛えるのに適しています。


また手軽に行えるので愛用する人も多いです。座ってテレビを見ても良し、座って読書をしても良し、寝たまま脚を乗せてスマホをいじっても良しと、これで鍛えられるの?と疑うくらい手軽に筋肉を鍛えることができます。



バランスボールで有酸素運動!基礎代謝を上げる効果的な運動


バランスボールは使い方次第では有酸素運動も可能なアイテムです。バランスボールがダイエットに効果があるといわれているのは、身体の外側ではなく内側にある鍛えにくいインナーマッスルを鍛えることができるからです。



インナーマッスルを鍛えれば基礎代謝を上げることができるので、脂肪を燃やしやすくなったり身体の活動量を上げる効果が期待できます。脂肪が燃焼しやすくなれば痩せやすい身体を目指せます。


座るだけでインナーマッスルの強化に


バランスボールに座るだけでインナーマッスルを鍛えることが可能です。インナーマッスルは普段あまり意識して使うことがない筋肉です。しかしインナーマッスルは身体の中でさまざまな役割を持っています。


インナーマッスルは姿勢や関節の調整をするだけでなく、動さの補助をしてくれます。このインナーマッスルが衰えると姿勢が悪くなるだけでなく、関節の位置がずれてしまうなどの現象が起こり身体のバランスが崩れてしまいます。


インナーマッスルは身体のバランスを保つために必要な筋肉です。普段は意識しないから要らない筋肉というわけではなく、陰から身体を支えている縁の下の力持ちとしてインナーマッスルが存在しています。


バランスボールはこの身体のバランスを良くするためにも、インナーマッスルの強化にうってつけなのです。


座ってはね続けるだけで有酸素運動


バランスボールを使って有酸素運動をするにはただ座って跳ね続けるだけです。こんな簡単な動作でも有酸素運動をすることが可能です。有酸素運動は体内の脂肪を燃焼させるやすくするだけでなく、血液の循環も良くしてくれます。


座って跳ね続けるだけならテレビを見ながらでもできるので、バランスボールは簡単に有酸素運動ができます。



骨盤・腰痛にも!バランスボールの効果


バランスボールは体幹を整えるのにも効果的です。インナーマッスルを鍛えると各部位の歪みが良くなるので、骨盤の歪みや腰痛改善にも役立ちます。



イス変わりに使うこともできるので、ながら運動もできます。骨盤の歪みが正されれば腰痛や体型の歪みも改善されるので、見た目が若く見える、痩せて見えるなどの嬉しい効果が得られます。


最初は正しい座り方をするだけで大変!


バランスボールは慣れるまでが大変です。案外簡単な動作に見えても、最初は正しい座り方をするだけで大変です。だからこそインナーマッスルや腹筋も鍛えられるのですが、慣れるまでは身体中が筋肉痛に襲われてしまう可能性もあります。


背筋を正して腰の角度を90°に保つのが正しい座り方です。普通のイスでこの体勢を保つのも大変ですが、バランスボールになるとなおさら難しく感じます。ですが慣れれば楽しくなりますし、身体のバランスも良くなっているのでバランスボールの効果を実感できるでしょう。


1日20~60分程度を目安に


ダイエット効果がある、正しい姿勢になれるからといって長時間やり続けることはおすすめしません。



最初は普段使っていない筋肉を使うので筋肉痛にもなりやすいです。そのためバランスボールを使うのは1日20分程度から始めて、慣れ始めたら1時間程度に時間を伸ばしてみましょう。


あまり長時間やってしまうと身体に大きな負担を掛けてしまう可能性もあるので、1時間を目途にバランスボールを使用するようにしましょう。


効果的なバランスボールでのトレーニング法


バランスボールは手や脚を乗せることでバランスが崩れやすく、正しい姿勢を保とうとするとバランスを崩さないようにと体幹部の姿勢保持筋が働きます。このときに体幹部が鍛えられるので、ダイエットや筋肉トレーニングが行えます。



「骨盤のゆがみを正すストレッチ」で下半身太り解消


骨盤の歪みを解消すれば、下半身についてしまった余分なお肉の解消効果が期待できます。骨盤の歪みを正すストレッチはバランスボールに座り、前後左右に腰を揺らすだけです。簡単じゃんと思われるかもしれませんが、慣れないと前後左右に揺らすだけでも大変な動作です。


バランスボールに座るときは周りになるべくものを置かないようにしましょう。バランスボールは慣れないとバランスを崩しやすいので、周りにものがあるとケガに繋がります。




「ぽっこりお腹解消エクササイズ」で腹筋を鍛える


ぽっこりと出てしまったお腹の解消には腹筋を鍛えるエクササイズをしましょう。バランスボールに座った状態から上半身を後ろに倒します。


その後、両手を床について身体を支え、膝を90°に曲げたまま頭を持ち上げて腹筋を鍛えるようにします。バランスボールに座ったまま腹筋運動を行うイメージです。


身体が固いと後ろに倒れるだけでも大変ですから、普段から身体を柔らかくするストレッチも合わせて行うようにした方が良いでしょう。




「お尻と太ももエクササイズ」で足を細く


お尻や太ももの筋肉を鍛えて足を細くしたい場合はバランスボールを両足の間に挟んで立ってみましょう。この時にバランスボールが落ちてしまわないようにしっかりと挟むように立つようにします。


立つ床が不安定だとケガをしやすいので、バランスボール付近には何も置かないようにしましょう。また使うバランスボールは小さめのものを使用しましょう。大きすぎると脚に挟めません。




バランスボール・ダイエットの効果と口コミ


バランスボールは体重減量はすぐに効果が現れるわけではありませんが、見た目の変化は比較的早く現れやすいといわれています。バランスボールダイエットについての口コミをみてみましょう。



バランスボールをパソコンの椅子かわりにしてたら1週間もしないうちに1キロやせた!!何してもやせなかったのに・・・・ちょっとびっくり。

引用元:https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/0408200053/kuchikomi/


夜寝る前と、テレビを見ながらやっていました。そしたら、体重がしっかり減る、ということはないんですが、体がひきしまりましたね。楽だし、いいと思う方法です。

引用元:http://club.panasonic.jp/blogs/diet-way/sports/eo045.html


姿勢を正すのにも良くて、跳ね回ったり、ヨガをするだけで少しずつ腹筋・肺筋になり結構見た目よりはきつかったけどTVをみながらでも出来るのがいいですね。私は運動前と運動後で0.5kgぐらいの差がでました。

引用元:https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/0408200053/kuchikomi/


体重の変化はあまり出ませんが、やはりながら運動ができる、手軽に行えることが人気の理由のようです。バランスボールを使う時は自分の身長に合わせて選ぶようにしましょう。


150㎝以下なら45㎝以下のバランスボール、170㎝以下なら55㎝以下、185㎝以下なら65㎝以下が目安です。サイズが合っていないとケガをしたり効果的にトレーニングをすることができません。


バランスボールダイエットは使い方を間違えるとケガをしてしまうので、使うときには気をつけて、安全にダイエットトレーニングを行いましょう。