ヨガのデトックス効果で簡単ダイエット!老廃物もスッキリ |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ヨガのデトックス効果で簡単ダイエット!老廃物もスッキリ

ヨガでデトックス!老廃物をリンパに流す


ちょっと歩いただけでも息切れする…。階段を上るのが辛い…。と日常的に運動不足を感じていませんか?



運動不足は体の老廃物を溜め込んでしまう傾向があり、そのまま放っておくと肌の老化や体調不良などを引き起こす恐れがあります。老廃物を外に排出する「デトックス」は運動不足の女性にとって大きな課題です。


でも激しい運動なんて無理…と今から始めるのはちょっと気が引けますよね。そんな時はヨガをしてみませんか?ヨガにはさまざまなポーズや種類がありますが、どれも体を芯から温められます。


新陳代謝を盛んにして、たっぷりと汗をかくことで余分な老廃物を外に出すことができるんです!


ヨガは内臓を活発にすることができる


ヨガにはさまざまなポーズがありますが、体をいろんな形に動かすことで体を芯から温める効果があります。体を動かすといろいろなところが刺激されますが、内臓も例外ではありません。


ヨガで体をよく動かし、胃腸などの内臓を刺激すると、内蔵機能を活発化させ、デトックスする力を高めてくれます。胃腸や肝臓、腎臓などを刺激するポーズを取ると、疲れや消化不良が回復へと向かい、胃もたれや二日酔いをケアできます。


汗をかいて老廃物をリンパに流し美容にも効果的


ヨガは激しい運動と違ってじっくり、ゆっくりと汗をかいていきます。汗をかくことによって老廃物がリンパへと流れだし、むくみや肌荒れを解消してくれるので、美容にも効果的なんです。


ヨガは深い呼吸を繰り返して行いますが、この酸素を多く吸い込む行為は細胞の活性化につながります。細胞が活性化すると新陳代謝が上がるため、さらに汗をかきやすく、デトックスもしやすくなります。


ヨガでかく汗は少し臭うのが特徴ですが、これは体内の毒素であるアンモニアや脂肪、タンパク質などが流れ出ているためです。ヨガで臭くなると女性にとっては少し嫌な気もしますが、実はこの臭いこそデトックスが成功している証なんです!


ヨガでメンタルのデトックスも


ヨガでデトックスできるのは体の老廃物だけではありません!メンタルの嫌~な気持ちまでデトックスしてくれるんです!これはヨガで体を動かすと、脳に働きかける作用が強いので、リラックスやリフレッシュといった効果が期待できるからです。


ゆっくりと汗をかくとじわじわと体も温まり、体内の毒素を排出します。自立精神の乱れも正常化してくれるので、精神的にリフレッシュしたいときにもヨガは活躍してくれます。


ヨガは集中力アップ効果もあり、乱れた自律神経に働きかけ、心からリラックスすることで集中力がより高まります。汗と共に嫌な気持ちまで洗い流すように、ヨガで体内の毒素をデトックスしてみましょう!



女性に嬉しい効果が?ヨガでデトックス


ヨガには数多くの種類とポーズがありますが、そのヨガから得られる効果もたくさんあり、女性にとって嬉しいものばかりです。



その多くは美容に関係しているんです!ヨガは元々はインドで行われていた宗教的な行いでしたが、近年ではその美容効果の高さが注目されて今では世界中で行われています。


ヨガをするだけでもたくさんの効果が得られるので、運動不足はもちろん、最近体調が悪いと感じているならヨガをして体内の老廃物を排出しましょう!


ホルモンバランスを整え体質改善


ヨガをするとリンパの流れが良くなり老廃物が排出しやすくなりますが、実はリンパの流れをよくするとホルモンの分泌を促すことができます。また自律神経を正常化して、ホルモンバランスも整うので、体質や月経不順などの改善にもつながります。


特に女性は女性ホルモンのバランスが崩れると体調面でも精神面でも不調が続きます。ヨガを取り入れ、ホルモンバランスが整うと体調や精神が安定して健康的な体が作れます。


腰痛・肩こりの解消効果


デスクワークやパソコン・スマホを使う時間が長いと姿勢が悪くなり、腰痛や肩こりといったトラブルが起きますよね。それは体のゆがみが原因ですが、ヨガでその歪みを矯正することで今まで悩まされてきた腰痛や肩こりといったトラブルが緩和されます。


ヨガを続けると次第に歪みが正され、腰痛や肩こりの痛みが解消されていくので、ヨガはこうした痛みを改善する効果もあります。



その症状ヨガで改善するかも?デトックス効果


アレルギーを抱えていたり、花粉症を持っているとただ過ごすだけでも大変ですよね。実はヨガはこれらの症状にも有効だといわれています。



またヨガにはさまざまな種類がありますが、その中でもホットヨガがおすすめです。約39度前後の室温でヨガをするので、筋繊維を無理なく伸ばすことができます。体が温まりやすいのでヨガ中に筋肉を傷める可能性を減らす効果もあります。


アレルギー体質や花粉症の改善にも有効


ヨガは腹式呼吸で行いますが、口呼吸で息を吸うよりも、鼻呼吸で行う方がアレルギー物質が入ってきづらくなり、症状を緩和させることができます。口よりも鼻で息を吸った方が吸い込む量が限られるからです。


また鼻呼吸の方が免疫力もアップするといわれているので、口よりも鼻呼吸を意識してヨガを行ってみましょう。口呼吸は口腔内の乾燥にも繋がり、息も臭くなってしまうので口呼吸よりも鼻呼吸の方が女性にとってメリットは大きいですよ。


身体のゆがみ解消・柔軟性向上


ヨガは基本的にどこでも行えますが、その中でもホットヨガはヨガの本来の効果に加えて柔軟性の向上効果が得られます。高温・高湿の環境で行うので筋温の上昇が柔軟性を高めて自然と体がほぐれるようにしてくれます。


通常のヨガでは体がかたくてポーズが厳しいという人も、ホットヨガに変えれば柔軟性が高まるのでよりポーズがとりやすいと感じられますよ。



ヨガ呼吸法とデトックスにおすすめポーズ


ヨガで大切なのはまず「呼吸法」です。多くの場合は腹式呼吸が用いられ、息をゆっくりと吐き出しお腹をペタンコに凹ませます。これ以上吐けない!と感じるくらい吐いたら、お腹の力をゆっくりと緩めて鼻からゆっくりと息を吸いこんでいきます。



この呼吸法とヨガのポーズを合わせることで自立神経の副交感神経を活発にし、深くリラックスできます。デトックス効果のあるポーズと呼吸法をいっしょに行って体内の毒素を排出してみましょう!


「ねじりポーズ」で腸から毒素を取り除く


体をねじるようなポーズを取ることで腸から毒素を取り除けます。


やり方

  1. 足を伸ばして座り、背筋は伸ばします。肩はリラックスし、首は伸ばして頭の上から糸で吊るされているイメージで座ります。
  2. 次に右ひざを立て、左足の外側へ置きます。左足は曲げてお尻の下付近に置きます。
  3. 左腕で右ひざを支えて、右手は伸ばして目線は指先に向け、真っすぐ見据えます。
  4. 腹式呼吸でゆっくりと息を吸いながら、ウエストをねじりながら伸ばした腕を後ろに持っていきます。
  5. 後ろに回した腕を床に移動させ、最後にもう一度背中を伸ばして左腕を右足にかけ、合掌のポーズを取って終わりです。

このポーズはアルダマツィエンドラアーサナというポーズで、ヨガの代表的なポーズです。ポーズを取るときは体が丸まっていないか、背筋がきちんと伸びているかを確認しながら行ってみましょう。


「上半身伸ばしポーズ」で全身に新鮮な酸素を流そう


上半身を思いっきり伸ばすようなポーズで全身に新鮮な酸素を取り入れ、リンパの流れを良くし、細胞を活性化します。


やり方

  1. マットの上に山のポーズといわれる「タダーサナ」で立ちます。
  2. 右足のつま先は正面に、左足のつま先は90度左へと向けます。
  3. 右ひざを曲げて深く腰を下ろし、右ひじを右ひざにつけます。
  4. 左手を天井に向けて伸ばし、右と左の体を両側へ伸ばす様にキープしましょう。
  5. 息を吐き出しながら左腕を耳の横につけ、ななめに伸ばします。左わき腹を伸ばすイメージで5呼吸そのままキープします。
  6. 左側も同様に行って終わりです。

このポーズはウッティタ・パールシュヴァコナーサと呼ばれるポーズで、全身の疲れを取ったり冷え性を改善するのにも効果的です。首や腕、背中など体全体を伸ばすので、痛むところがあるときは無理のない範囲で行いましょう。



デトックス効果大のおすすめヨガdvd


ヨガのポーズを正しく取るためにも、DVDや動画を見ながら行った方が分かりやすいです。



数あるDVDの中でもおすすめは「90分DVD付き はじめての楽しいヨガ4週間プログラム」です。

この本の良い点は、初心者や体がかたい人のために「初心者ポーズ」の写真がついていること。またついやってしまいがちな「NGポーズ」の写真や余裕がある人向けに「チャレンジポーズ」の写真も載っていて、初心者から経験者まで楽しめる内容です。


値段は1400円弱で、自分の経験に合わせたヨガポーズが分かりやすく載っています。


商品詳細はこちら⇒http://books.rakuten.co.jp/rb/12427762/